本文へジャンプします。


現在位置:> > 年金いくらもらえる?!「ねんきんネット」でワンクリック試算

マネートピックス 気になるマネーニュースを解説

年金いくらもらえる?!「ねんきんネット」でワンクリック試算

年金いくらもらえる?!「ねんきんネット」でワンクリック試算

年金いくらもらえる?!「ねんきんネット」でワンクリック試算

「ねんきんネット」の登録は簡単!ワンクリックでかんたん試算

「ねんきんネット」は自宅や外出先で年金記録が確認できる、日本年金機構のサービスです。年に一度、誕生月に送られてくる「ねんきん定期便」とは違い、最新データへ365日24時間、いつでもパソコンやスマートフォンからアクセスできます。

「ねんきんネット」を利用するにはまず登録が必要ですが、これはインターネットから簡単に行うことができます。「ねんきん定期便」に記載されている「アクセスキー」があれば、その日のうちに利用可能(アクセスキーの有効期限は、ねんきん定期便の到着から約3カ月)。「アクセスキー」がなくても、ユーザID発行の申込みをネットから行えば、アクセス情報が5日ほどで自宅に郵送されてきます。

利用準備が整ったら早速ログインして使ってみましょう。ぜひ、試していただきたいのが「かんたん試算」機能。「かんたん試算」では、現在の年金状況を60歳まで自動的に延長して年金見込額を試算してくれます。将来受け取れる年金額がワンクリックでわかるのです。もちろん、今後収入が変わったり、受給の繰り上げ・繰り下げを行った場合などを想定した、詳細なシミュレーションもできますよ。

「年金見込額」がわかれば、本当に必要なお金も見えてくる!

さて、「年金見込額」がわかれば、老後に備えるべき資金額が見えてきます。60歳で定年の人は、受給開始となる65歳までの生活費が必要ですし、受給開始後も生活費が足りない場合には、年金とは別の備えを考えておかなければいけません。いずれにせよ、「年金見込額」という軸となる金額が明確になることで、将来設計も立てやすくなります。

また、万が一のことがあったときの「傷病手当金」「障害年金」「遺族年金」の見込額も自分でおおまかに試算することができるようになります。そうして算出した数字を元に、保険・個人年金を検討するのか、貯金額や投資額を増やすのかなど、戦略的に計画を練ることができるのです。「ねんきんネット」で年金記録をチェックする習慣をつけ、平時・非常時の両方を視野にいれた将来設計に活かしてください。

【注目トピックス】

  • 銀行預金と貯蓄型保険、どっちがおトク?

    銀行預金と貯蓄型保険、どっちがおトク?

    消費税も上がり「今年こそお金を貯めたい!」と決意を新たにしたが、まだ手を付けられていない……そんな方に貯蓄体質になるための強力な味方「銀行預金」と「貯蓄型保険」をご紹介します。


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック