本文へジャンプします。


現在位置:> > 理想の体温は36.5度 「温活」でキレイをキープしよう

マネートピックス 気になるマネーニュースを解説

温活で若々しさをキープしよう

理想の体温は36.5度 「温活」でキレイをキープしよう

理想の体温は36.5度 「温活」でキレイをキープしよう

平熱が36.5度以下は要注意!くすみや老け顔の原因に

これからますます寒くなる季節。カラダの冷えを感じる女性は多いのではないでしょうか。近年、運動不足やストレスのために、低体温の女性が増えていると言われています。理想的な平熱は36.5〜37度ですが、35度代という人も少なくありません。平熱が低いと免疫力が低下して風邪や病気にかかりやすくなってしまいますし、体温が1度下がるごとに20%も代謝が下がってしまうことも。さらに、体温が低いということは血行不良なので、顔がくすみやすくなります。なんだか実年齢よりも老け顔に見える気がする……なんて人は、カラダの冷えが原因かもしれません。

「温活」で冷え知らずに!足もとや首を温めることから始めよう

冷えとさよならして、温かいカラダをキープするためには「温活」がオススメ。温活と聞くと、運動しなきゃいけないのかな……と、難しく感じてしまう人もいるかもしれませんね。もちろん、温かいカラダを保つには、血の巡りをよくするために筋肉をつけるのが一番。でも、カンタンに始められて効果が出やすい温活もたくさんあります。できる限り組み合わせて、冷え知らずのカラダを手に入れてくださいね。

温活にまず真っ先に取り入れたいのは足もとや首まわりを温めること。女性としての美しさをキープするには、足もとが冷えやすいピンヒールなどは冬には不向き。どうしても薄めのストッキングが必要な場合は、防寒や発熱機能のあるものを選びましょう。1枚400円程度から購入できます。また、太い動脈が流れている首をマフラーで温めるだけでもカラダ全体がほかほかしてきますよ。お風呂で湯船につかるのも大切ですが、熱いお湯ではすぐにのぼせてしまい、表面しか温まりません。カラダの芯から温めるために、ぬるめのお湯に長くつかりましょう。しょうがや唐辛子を使ったカラダを温めてくれる物を食べるのもオススメです。今年の冬こそ「温活」で冷えや病気、老け知らずのカラダを目指しましょう。

【注目トピックス】

  • 銀行預金と貯蓄型保険、どっちがおトク?

    銀行預金と貯蓄型保険、どっちがおトク?

    消費税も上がり「今年こそお金を貯めたい!」と決意を新たにしたが、まだ手を付けられていない……そんな方に貯蓄体質になるための強力な味方「銀行預金」と「貯蓄型保険」をご紹介します。


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック