本文へジャンプします。


現在位置:> > 人気のウォーターサーバー、維持費はどのくらい?

マネートピックス 気になるマネーニュースを解説

ウォーターサーバー固定費を調査

人気のウォーターサーバー、維持費はどのくらい?

人気のウォーターサーバー、維持費はどのくらい?

冷水も温水も使えて、安全。災害対策にも使えるウォーターサーバーの魅力

冷水だけでなく、すぐに温水も使えるウォーターサーバー。その気軽さから需要は高まる一方です。とくに、赤ちゃんを持つママには大人気。ミルク作りに適した80度以上の熱湯が出るため、大幅に手間が省けます。また、水を配達してくれるので、赤ちゃんを抱いたまま買い物に行かなくても大丈夫。子どもがいない家庭でも、ペットボトルの水を毎回運ぶのは大変ですよね。安全な水を長期保存できるところも人気のポイントです。業者によって水源は違いますが、採水したら直接ボトルに入れるのでキレイな水を飲むことがきます。保存期間は未開封で3カ月〜1年。災害対策としても重宝されています。

固定費は2,000円代から!費用やメンテナンス内容でメーカーを選ぼう

ウォーターサーバーを設置してかかる費用は、サーバーのレンタル料、水代、水の宅配料、電気代、メンテナンス料。それぞれの相場を見てみましょう。サーバーレンタルにかかるお金は1カ月、0〜1,000円が平均的。レンタル無料のメーカーでは、水代が割高ということもあるので要チェックです。水代は1本1,000〜2,000円で、12リットル入りのボトルを使用しているところが多いです。また、配送料はほとんどのメーカーで無料。電気代は月々1,000円程度と考えておきましょう。メンテナンスは、無料のメーカーから5,000円以上かかるメーカーまでさまざま。メンテナンス不要という業者もありますが、衛生面を考えるとメンテナンスをしてもらえると安心ですよね。メンテナンス料はかからなくても、利用者側の過失による故障があれば有料という場合もあります。固定費としては、月々2,000〜10,000円といったところでしょうか。

安さで選ぶもよし、保証で選ぶもよし。軟水や天然水など、水の種類で選ぶこともできます。安心で便利なお水の新常識、ウォーターサーバー。これを機にぜひ導入を検討してみてください。


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック