本文へジャンプします。


現在位置:> > 年金を増やすテクニック!「付加年金」制度を利用して賢く増やそう

マネートピックス 気になるマネーニュースを解説

月々400円で受給額が増やせる

年金を増やすテクニック!「付加年金」制度を利用して賢く増やそう

年金を増やすテクニック!「付加年金」制度を利用して賢く増やそう

年間にもらえる額は200円×支払った月数という優れた費用対効果

国民年金の保険料を納付する際に、月額400円の付加保険料を追加して払い込むと、65歳以降、基礎年金に加えて付加年金という上乗せ年金を受け取れる「付加年金制度」。支払われるのは、200円×付加保険料を納付した月数分を毎年受け取ることができます。例えば、付加保険料を20年支払い続けたとすると、200円×240ヵ月=48,000円が毎年の受給額です。20年間支払った額が、400×240ヵ月=96,000円なので、48,000円を2年受け取れば元を取ることができ、長生きすればするほどおトクが増していくということになります。老後の生活がグンと豊かになるような大金が手に入るわけではないですが、毎年もらえる額が少しでも多くなるということは、心の励みになるはずです。

利用できるのは国民年金を直接納めている人だけ

内容を知れば誰もが利用したくなる付加年金ですが、難点が、利用できる人が限られることです。フリーランスや自営業者など、国民年金を直接払い込んでいる人だけなので、会社員や公務員、国民年金を支払う必要のないサラリーマンの妻など第3号被保険者は、付加年金は利用できません。また、国民年金基金に加入している場合も利用できなかったり、年金のみの収入が80万円を超える場合は、優遇措置が受けられなくなる場合もあるということも覚えておきましょう。今後、物価や納税額が上がっても年金の受給額が上がることは、まず考えられません。手軽な掛け金を支払って、少しでも安心した老後を過ごせる手立てをうっておきたいものですね。


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック