本文へジャンプします。


現在位置:> > 家計簿なんてつけてられない!そんな人向け、家計管理の2つのポイント

マネートピックス 気になるマネーニュースを解説

ものぐさでもできる家計管理術

家計簿なんてつけてられない!そんな人向け、家計管理の2つのポイント

家計簿なんてつけてられない!そんな人向け、家計管理の2つのポイント

家計簿が苦手でもできる、レシート家計管理

家計管理と言えば、何と言っても家計簿。毎月の収支を把握することはとても大切なことです。「わかってはいるけどなかなか続かない」という人は、レシート保管による家計管理を試してみては? まず、一カ月、一週間の予算を決めます。買い物をしたら、レシートを週ごとに分けて保管しておきます(現金、クレジットカード問わず)。一週間ごとにレシートの総額を出します。ここで予算内に納まっていればクリア。納まっていなければ、レシートを見直して何が悪かったのか、無駄な買い物はなかったのかをチェックします。予算オーバーの原因がわかれば翌週からの支出軽減に生かすことができます。これを習慣化するうちに自然に予算内で生活できるようになっていきます。ただし、毎週赤字が続くようなときは、最初に決めた予算が低すぎる可能性があるので、もう一度検討してみましょう。

固定費の見直しを

家計節約のために、食費、日用品費、光熱費などを切り詰めようと考える人は多いと思います。ですが、節約しようとするあまり我慢してストレスをためたり、食生活が乱れて体調を崩してしまったりしては意味がありません。

こういった毎月の状況によって額が変わる変動費を無理に減らそうとするよりも、固定費を見直した方がより効果的な節約が期待できます。固定費とは毎月支払う一定の費用のことで、家賃や保険、携帯電話、インターネットプロバイダ、習い事、新聞や雑誌の定期購読などがこれにあたります。メーカーやプランの変更、割引サービスの有無などを調べることはもちろん、本当に必要なのかどうかも含めてあらためて検討しましょう。また、使っていないサービスに支払いを続けていないか、銀行口座などもチェックしておきましょう。

固定費の削減には手続きが必要なことがほとんどで、面倒に思えるかもしれませんが、一度減らすことができればその後の支出が確実に減るため、ものぐさな人こそ固定費の見直しをしてみることをオススメします。


【関連トピックス】

【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック