本文へジャンプします。


現在位置:> > 夫のお小遣いどうしてる?金額アップが実は家計に効果アリ?

マネートピックス 気になるマネーニュースを解説

夫のお小遣い増額で貯蓄もアップ

夫のお小遣いどうしてる?金額アップが実は家計に効果アリ?

夫のお小遣いどうしてる?金額アップが実は家計に効果アリ?

平均30,000円!夫のお小遣いは、足りていない!?

マイホームの購入や、子どもの成長に合わせて出費はどんどんかさみます。そこで、貯蓄を増やすため、夫は「お小遣い制」という家庭が多いようです。それなのにお金が貯まらないという声も。オリックス銀行が2014年末に行った「家計管理の調査」によれば、お小遣い制の夫は55.0%で、平均額は約30,000円。しかし、「足りない」と感じている人が過半数でした。30,000円でのやりくりは、かなり厳しいようです。さらに、「足りない場合は妻を頼る」という人が多く、お小遣い制なのに貯蓄が増えない原因は、ここにありそうですね。

とある家庭では、お小遣いが足りないがゆえに夫が勝手にクレジットカードを使用して、結果的に家計を圧迫しているなんてことも。妻が家計から補填して赤字が続けば、貯金どころではありません。夫と話し合っても「仕事に必要だから」、「息抜きも大切だから」と言い訳が返ってくるだけ…という意見も。そこでオススメなのが、お小遣いを増額し、欲しいものはそこからお金を貯めて買ってもらうというスタイル。5,000〜8,000円ほど増額して、カード払いや妻に頼ることを禁止することで、結果的に貯蓄体質な家計を作ることができるかもしれません。

お金が貯まる家庭は、夫婦が共同で家計を考える

5,000円以上となるとカンタンに捻出できる額ではないかもしれませんが、お小遣いアップで前向きな気持ちになってもらった上で、家族のお金について考えてもらうことがポイントです。家計の事情を知ってもらい、食費や光熱費を節約する方法を一緒に考えるようにしましょう。その結果、夫も積極的に節約の工夫をしたり、お小遣いから家計を助けてくれるようになり、全体的に大幅な黒字になったという例があります。

協力して家計を考えることこそが、最も大切な「お金が貯まる家庭」の秘訣。どう考えてもお小遣いアップは無理…という人も、あらためて夫婦でお金についてじっくり話し合う機会を設けてみませんか?


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック