本文へジャンプします。


現在位置:> > パートの厚生年金加入枠拡大で、トータル収支は増える?減る? 老後まで見通した賢い働き方とは

マネートピックス 気になるマネーニュースを解説

パートで厚生年金加入は損か得か

パートの厚生年金加入枠拡大で、トータル収支は増える?減る? 老後まで見通した賢い働き方とは

パートの厚生年金加入枠拡大で、トータル収支は増える?減る? 老後まで見通した賢い働き方とは

新たに「106万円の壁」が登場

会社員や公務員の妻がパートなどで働いていても、その収入が130万円以内ならば、健康保険、年金などの社会保険料が免除され、103万円を超えなければ所得税も発生しないというのが、現在の制度です。そのため「103万円の壁、130万円の壁」と言われ、年収がこのラインを超えないように意識して働くケースも多いようです。

ところが、2016年10月からパートタイマーの厚生年金適用基準が拡大され、新たに「106万円の壁」ができました。パート社員はそれまで、正社員の労働時間の4分の3を満たすように就労しなければ、厚生年金に加入できませんでした。この条件が変わり、週20時間以上の就労で月額賃金8.8万円以上(年収106万円以上)という条件を満たせば、厚生年金に加入できることになりました。当初は被保険者数501人以上の大企業が対象ですが、いずれ対象枠が拡大される見通しです(*1)。

夫が会社員か、自営業かで変わる収支

厚生年金に加入すれば、将来受け取る年金額は増えます。けれど、全ての人にとってメリットがあるとは言えません。夫が自営業の場合は、夫・妻共に第一号被保険者なので、妻も月額1万5000円程の年金保険料を負担しています。妻がパートで厚生年金に加入すると、年金保険料は月額7500円程になり(同額を勤め先企業が負担するため)、負担が半減します。さらに将来受け取る年金は、老齢基礎年金+厚生年金となり増額されるので、加入した方が得になります。一方、夫が会社員の場合、約7500円の厚生年金保険料と約5000円の健康保険料で、月額12500円以上の負担が新たに発生します。40歳から60歳までパートで働いた場合、保険料負担は計300万円以上。年金を88歳まで受け取っても、厚生年金加入で増額される分は260万円程なので、将来受け取る額より、保険料負担の額が上回ってしまう計算です。

加入期間20年で試算すると、夫が自営業の場合、厚生年金加入はプラスになり、会社員ならマイナスの収支になってしまいます。働くことで家計を助けようとパートをはじめても、逆に負担増になってしまうのは避けたいところ。目先の収入だけでなく、老後も視野に入れたライフプランを考えた上で、賢く働き方を選びたいですね。


■引用元
(*1)http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/2810tekiyoukakudai/


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック