本文へジャンプします。


現在位置:> > 私立に通うと、公立の2.5倍以上の資金が必要! 子どもの教育資金はどう貯める?

マネートピックス 気になるマネーニュースを解説

私立、公立?教育資金はどうする?

私立に通うと、公立の2.5倍以上の資金が必要! 子どもの教育資金はどう貯める?

私立に通うと、公立の2.5倍以上の資金が必要! 子どもの教育資金はどう貯める?

分かれ道は公立、私立の選択。費用差は2.5倍以上

子育て世帯の大きな負担となるのが、子どもの教育資金。これから結婚、出産を考えている人も、念頭に入れておきたいものです。子どもが中学生くらいまでは、生活費をやりくりして費用を捻出する家庭が多いようですが、私立へ進学したり、塾、習い事などが本格化してくると、毎月まとまった金額が必要になります。

分かれ道は、公立へ行くか私立へ行くかの選択。2012年度「子どもの学習費調査」によると、私立中の生徒1人あたりの学習費総額は129万5000円で、過去最高となりました。これは、公立中学に通う世帯の2.9倍。公立高校、私立高校間の費用差も2.5倍で私立が多く、中高いずれも大きな開きがあります。私立では、少人数教育の充実、IT機器の導入などを背景に、授業料が前回比2万円増となり、学習塾費も増加しています。一方公立では、学習費総額が約45万円で前回比約9000円減少。私立大学(文系)を卒業する4年間に必要な額が、1人約300万円が目安なので、中学校から私立へ通うなら、さらにゆとりを持った準備が必要ということです。

教育資金の貯め時は12歳まで

今は中学生になると、私立へ行かなくても塾や習い事などで、教育費が増えてきます。12歳までがお金の貯め時!と心得て、貯蓄に励みましょう。おススメは、子ども名義の口座を作り、積み立てで貯める方法。給与口座から自動振り替えの設定をすると手間いらずです。必ず必要になる資金なので、株式など大きく目減りする可能性のある方法で資金を作るのは、向きません。学資保険は、昔に比べて予定利率が低く、医療特約などを付けると、支払い総額より受け取り額が少なくなるケースもあるので、よく確認した上で検討を。専業主婦なら、子どもが学校へ行っている間はパートに出て、毎月の給与を一気に教育資金として貯めていくのも手です。

できるだけ早く教育プランを立てて必要な資金を準備しておきたいものですが、子どもの学力や希望により、思わぬ出費となる場合もあります。「中学校までは公立」など、大まかな方針を元に資金を貯めつつ、将来の方向転換にもある程度対応できるよう、余裕を持った準備をしたいですね。


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック