本文へジャンプします。


現在位置:> > 葬儀、墓石……死後にかかるお金はどのくらい? 遺族に負担をかけない方法とは

マネートピックス 気になるマネーニュースを解説

死後の必要経費はどう用意する?

葬儀、墓石……死後にかかるお金はどのくらい? 遺族に負担をかけない方法とは

葬儀、墓石……死後にかかるお金はどのくらい? 遺族に負担をかけない方法とは

死後にかかる経費はどのくらい?

自分の死後にかかるお金はどのくらいか―。あまりにも先のことのような気がしますが、いつか必ずやってくるその日のために、しっかり準備をしておきたいもの。死後にかかる主な費用は、葬儀代と墓代。ほかに、相続税がかかるような資産があれば、納税資金が必要になり、事前の対策が必要です。クレジットやローンの精算、家や土地の売却にかかる各種手数料なども、必要経費として考えられます。

葬儀の平均費用は地方によっても異なりますが、200万円程度の場合が多いようです。墓代は、200万〜300万円程度。入るお墓があるならば良いのですが、無い場合は、葬儀と併せて400万円強の出費に。これだけの費用がかかるとなると、やはり事前の準備が必要です。葬儀を内輪だけの家族葬にすれば、100万円以下で収めることも可能ですし、葬儀を行わず火葬だけを行う直葬ならば、20〜30万円程度になります。まず、自分の死後どんな風に弔って欲しいのかを明確にし、それにかかる費用を算出しましょう。そして、エンディングノートに詳細を綴っておけば、遺された家族が戸惑うこともないはずです。

ミニ保険で現金を用意!

肝心の費用をどう捻出するかですが、保険で備えることもできます。預金口座などに入れておいて、通帳や口座番号を明示できるようにしておけばよさそうなものですが、相続手続きが終了するまで、被相続人の預金口座は凍結されます。すぐに現金が用意できるようにしておくなら、ミニ保険(少額短期保険)を利用しましょう。死亡保障に特化した保険があり、80歳代でも加入できる、加入時の審査が緩い、などの特徴があります。商品によって異なりますが、死亡時の保険金支払いも早く、保険金請求書を受け付けた日の翌々営業日に支払われるものも。保険金で死後費用の全額を賄えなくても、現金が早めに用意できれば、遺族の負担を軽減できます。エンディングノートに、保険金受け取りに必要な書類、手続きについても明記しておけば、最期の時をスマートに迎える準備はバッチリといえそうですね。


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック