本文へジャンプします。


現在位置:> > 初心者でもできる! 株主優待を狙っておトクで楽しい株式投資デビューをしよう

マネートピックス 気になるマネーニュースを解説

株主優待でトクする買い方は?

初心者でもできる! 株主優待を狙っておトクで楽しい株式投資デビューをしよう

初心者でもできる! 株主優待を狙っておトクで楽しい株式投資デビューをしよう

優待目的での株式投資が人気

株主優待とは、企業の株を一定数保有している株主に対し、商品や優待券などが配られる制度のこと。上場企業の約3割、約1,000社が実施しており、食品メーカーや生活雑貨などを取り扱う企業は、自社製品の詰め合わせ、飛行機や鉄道などの企業では、優待乗車券などが配られています。

この優待目的で株を購入する投資家も多く、企業も、優待の内容に趣向を凝らしたり、長期保有してもらうための工夫をしたりしています。ビックカメラは、1株の保有で1,000円分の買物券がもらえますが、1年以上保有すると1枚、2年以上保有で2枚追加に。キューピーは、2015年11月期から、3年以上継続保有した株主を優待の対象にする予定です。

購入のタイミングも重要なポイント

これらの優待を受けるには、株式購入のタイミングも重要。銘柄ごとに「権利付き売買最終日」というのが決められており、この日までに、決められた株数以上を保有している必要があります。気になる優待銘柄があったら、この権利付き最終日がいつなのかを確認してみましょう。ただし株価は、権利付き最終日へ向けて優待狙いで購入する人が増えるため、値上がりしていく傾向があります。あまり高く買わないためにも、過去の値動きなども参考に、購入のタイミングを見極めましょう。

また、優待ばかりに気を取られて、日々の株価に無頓着になってしまうのも危険です。せっかく優待目的で買っても、株を高く買って安く売ることになってしまったら、損をしてしまいます。気になる優待銘柄を見つけたら、どのタイミングで購入し、いつまで持つのかをよく考えてみましょう。株価が値下がり始めたらどうするのか(いくらで手放す、下がっても1年は保有するなど)など、ある程度の見通しを立てておきたいものです。

優待銘柄を探すのには、野村証券の「野村ネット&コール」や、株式情報の「ストックウェザー」などのサイトが役立ちます。しっかり情報収集し、株主優待と株の値上がり益の両方を手に入れられたらうれしいですね。


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック