本文へジャンプします。


現在位置:> > 貯金するよりも断然おトク? コツコツ積み立てて、堅実に贅沢を満喫する方法

マネートピックス 気になるマネーニュースを解説

コツコツ積み立てで賢くお買い物

貯金するよりも断然おトク? コツコツ積み立てて、堅実に贅沢を満喫する方法

貯金するよりも断然おトク? コツコツ積み立てて、堅実に贅沢を満喫する方法

毎月1万円で1年後には13万円! 百貨店「友の会」

このところ会員数が急増し、注目を集めているのが大手百貨店の「友の会」。一般に毎月1万円の積み立てで、1年後には1カ月分がボーナスとして上乗せされた13万円分の商品券が戻ってくるサービスです。なかには5,000円からの少額、6カ月の短期間で設定できるものも。「エムアイ友の会」は三越・伊勢丹グループの積み立てサービス。三越、伊勢丹どちらでも商品券が利用できるのが大きな利点です。女性専用という珍しいサービスでは、小田急百貨店の「レディスクラブ」なども。満期時のボーナス以外にも、レストラン・サービスのほか、ホテルなどの提携施設や会員限定イベントなどの優待特典もあるので、各店の詳細をしっかりチェックしましょう。

年利3%の商品もある旅行積み立て

旅行会社の積み立てサービスも好調です。JTB「たびたびバンク定期積立プラン」は、毎月5,000円以上の設定額、12〜60回払いで年利1.75%。毎月決まった額はもちろん、ちょっと余った生活費やお小遣いを自由にいつでも貯められる「フリープラン」年利1.50%も登場しています。いずれもJTBのパッケージツアーや手配旅行、国際航空券の購入が可能です。

また、航空会社でも積み立てサービスを展開しています。「JAL旅行積立」は毎月5,000円以上で12〜60回、年利は最初1年間がサービス額率の3%(2013年3月末までの申し込み)。「ANA旅行積立プラン」は3000円の小口から設定が可能で、こちらも最大年利3%(1年間積み立ての場合)。両社とも、国内線・国際線航空券、各種ツアー商品、ホテルや買い物などに利用できます。定期的に旅行へ出かけている!という人には見逃せないサービスとなっています。

注意点はココ! 堅実に貯めて、贅沢を満喫しよう

百貨店の場合、商品券は店舗限定があったり、旅行会社の場合は国内線航空券の購入に使えなかったりなど、使い道の制限は各社によって異なるのであらかじめチェックしておくことも重要です。また、破綻のリスクも念頭に置いておきましょう。万一、その会社が倒産してしまった場合、一定額は保証されますが、満額戻ってこない可能性があることも。

それでも、普通預金の利率に比べれば、はるかにおトク感がある積み立てサービス。消費税アップや円安による値上げに備えて、堅実な消費スタイルとしてますます定着しそうです。あなたもコツコツ賢く貯めて、1年に1度の贅沢を満喫してみませんか?


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック