本文へジャンプします。


現在位置:> > 5年以上働けばパートでも正社員に! 改正労働契約法とは?

マネートピックス 気になるマネーニュースを解説

法改正で安定は得られるか

5年以上働けばパートでも正社員に! 改正労働契約法とは?

5年以上働けばパートでも正社員に! 改正労働契約法とは?

最短で2018年5月から無期限契約に変更可能

今年度から施行された改正労働契約法。今まで月や年ごとに契約の更新を繰り返してきたパートやアルバイト、契約社員、嘱託社員などの有期契約労働者が、同じ会社での労働が通算5年を超える場合に、労働者本人が申し込めば無期労働契約へ切り替えることができるという内容です。通算というのは、一度、辞めても半年以内に戻れば、合算して労働期間を計算できるため。

また、この新しい制度が適用されるのは、施行された2013年4月以降の契約分から。それまで契約を更新続けてきた人も計算できるのは、2013年4月分からになるので、実際に有期労働契約から無期労働契約に切り替わるのは、最短でも2018年4月ということになります。それまで契約を更新され続けるのかという不安は残りますが、正社員としての就職は叶わなくとも少しでも安心して働き続けたい人にとっては希望の光になるはず。高い金額じゃなくても安定した収入が得られることが、毎月のやりくり家族の将来設計にとって大きな支えになります。

正社員になれるわけではないなどの注意点も

間違えてはいけないのが、無期労働契約になるからといって正社員になれるわけではないということ。給与などの労働条件は、契約が切り替わる前と変わらないと考えておいたほうがよいでしょう。ただし、今まで権利があったもののうやむやにされてきた非正規雇用の育休や産休の取得、有給休暇の取得、社会保険(健康保険・厚生年金保険)や雇用保険の加入などについては、もう少し改善される可能性も高いと思われます。

ただし、無期労働契約の労働者を抱えたくないために、本来なら働き続けられた人も契約が更新されない可能性がないともいえません。もともと短期のつもりだった人はよいですが、契約社員としてでも長期働くつもりだった人も2018年までに契約更新されなくなることを危惧しながら働き続けることになります。

また、今回の制度では、5年経過後に無期転換しないことを条件に契約更新することは無効とされています。5年後の自分の状況をイメージしながら、きちんと権利を確認して毎回の更新に臨みたいですね。


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック