本文へジャンプします。


現在位置:> > シーズン到来! する人もしない人も知っておきたい確定申告のポイント

マネートピックス 気になるマネーニュースを解説

知らないと損する確定申告

シーズン到来! する人もしない人も知っておきたい確定申告のポイント

シーズン到来! する人もしない人も知っておきたい確定申告のポイント

「関係ない」という先入観はNG!

毎年、この時期になると「確定申告はお早めに!」といった標語をあちこちで見かけるようになります。所得税の確定申告の提出期間は2月16日から3月15日まで。提出期間が終わりに近づくにつれ、税務署も混み合いますので、申告をする予定の人は早めに書類を提出するようにしましょう。

確定申告というと、「会社員の私には関係がない」「勤め先で年末調整をしたから大丈夫」と思っている人もいるのでは? でも実は、会社員の人であっても、そして年末調整をした人であっても、確定申告を行うことでおトクになる場合があるのです。

例えば、医療費がたくさんかかった場合にすでに納めた所得税が還付される「医療費控除」という制度があります。この控除は年末調整では受けることができないので、もし還付を受けたければ確定申告が必要になります。所得にもよりますが、目安としては1月1日から12月31日の1年間に自分で負担した医療費が10万円を超えていると、恩恵にあずかれる可能性があります。また、派遣社員やパートタイマーなどの人で、2カ所以上で働いたという人も、確定申告をすると税金が還付される可能性があります。特に、年末調整を受けていない人、年末調整の際に複数の勤務先のお給料をまとめて計算してもらっていない人は、一度税務署に相談するのがおすすめ。お給料から差し引かれる源泉徴収は少し多めに見積もられているのが一般的なので、こちらも確定申告を受けることで正しい税額に調整され、納め過ぎていた税金が還付されるかもしれません。

資産運用で損失が出た人も申告をしておきたい

最近では、株式投資や投資信託などの資産運用にチャレンジしている人も増えてきているようですが、もし思うような結果にならずに損失が出てしまったら、とりあえず確定申告をしておくのがおすすめです。なぜなら、こうした損失を確定申告しておくと、その後、3年間「損失分」として繰り越すことができるからです。これを「譲渡損失の繰越控除」と言います。損失を確定申告によって繰り越しておくと、翌年以降に利益が出た場合に、損失分を相殺したうえで税金を計算することができます。結果的に、新たに出た利益にかかるはずだった税金を減らすことができるのです。また、複数の金融機関で売買を行い、一方では利益、他方では損失が出たという場合にも、確定申告で「損益通算」という手続きを行うことで税金が還付される可能性がありますよ。

ちなみに、こうした還付申告は、2月16日から3月15日以外であっても、一年中、受付をしてくれます。さらに、過去5年間にさかのぼって申告することも可能。税金の納め過ぎで損をしないためにも、思い当たる人はぜひ、確定申告にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。


【関連クイズ】

What’s New 最新マネートピックス

人気ランキング いま注目のマネートピック