本文へジャンプします。


現在位置:> 「年金」による検索結果

年金」による検索結果

68件中 1 〜 7件を表示

お金を貯める

定期預金をiDeCoへシフト!節税効果で手取り収入アップ

2018.02.27

定期預金をiDeCoへシフト!節税効果で手取り収入アップ

年金の支給額は縮小傾向にあり、将来に向けての貯蓄や資産運用が注目されている昨今、 その中の選択肢のひとつとして節税効果の高いiDeCo(個人型確定拠出年金)に注目が集まっています。

お金を貯める

老後に安心をもたらすiDeCo(イデコ)とは?

2018.01.12

早いほど節税効果大!老後に安心をもたらすiDeCo(イデコ)とは?

iDeCoは、簡単に言うと、私的な年金制度です。 老後用の年金をお得に貯めて、お得に受給できます。 仕組みは積立運用で、自分で掛け金を設定し、自分に合った運用方法を選び、掛け金と運用益の合計額をもとに60歳以降*で給付を受けることができるものです。 [*加入年齢により異なる場合があります]

お金を貯める

少額でローリスクのロボットアドバイザーがおすすめ

2018.01.10

女性に優しい資産運用!少額でローリスクのロボットアドバイザーがおすすめ

貯金額もだいぶ落ち着いてくると、資産運用を検討する方も多いと思います。 今や貯金を銀行に預けているだけでは、利息も雀の涙程度。 さらに年金の支給額も縮小傾向が濃厚な今、老後に必要な資産形成を早めに始める必要があります。

資産運用

何歳までにiDeCoをはじめるべきか

2017.09.15

50代でもiDeCoに加入!知っておきたいメリット・デメリット

iDeCoをはじめる時期は早いほうがよいといわれていますが、50代からはじめても、損をするわけではありません。iDeCo は将来の年金額を増やすだけでなく、税制面でもメリットが多いからです。50代からiDeCoをはじめる場合でも受けられるメリットや、注意点について解説します。

資産運用

iDeCo(イデコ)をおすすめする理由

2017.08.21

専業主婦もiDeCoで国民年金以外の自分の年金を増やそう

2017年1月からiDeCo(個人型確定拠出年金)の対象者が、専業主婦(主夫)、公務員、会社員を含むほとんどの人々に拡大されました。今回はiDeCoをおすすめする理由と、お金を掛け続けた場合、受け取り可能年齢の60歳になったときにどのくらいの金額になるかなどについてご説明します。

資産運用

iDeCoの月々の掛け金、いくらくらいにするのがよい?

2017.08.07

iDeCo(イデコ)の掛け金は月いくらにするのがベスト?

2017年1月から個人型確定拠出年金iDeCoの対象者が、60歳未満の専業主婦(主夫)、公務員や一部の会社員などにも広がりました。特に、今までは国民年金しかなかった専業主婦(主夫)が加入できるようになった意義は大きいといえるでしょう。ここではiDeCoの掛け金の金額について考えてみましょう。

老後資金

年金受給資格期間が短縮されるとどうなる?

2017.07.17

年金受給資格期間が2017年8月1日から25年から10年に短縮!その影響は?

2017年8月1日から、老齢基礎年金の受給資格期間が25年から10年へと短縮されます。この変更により、これまで公的年金をかけていたにも関わらず、資格期間が足らなかった人でも公的年金を受給できる可能性が高まりました。期間短縮によりどのような変化があるのか、制度施行にともなう影響について解説します。

前の7件へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10次の7件へ


What’s New 最新マネートピックス

保険アドバイザー 無料で申し込めます

ピックアップ 編集部のオススメ