本文へジャンプします。


現在位置:> > > ドライマーク衣類洗濯は「エコロジードライせっけん」がおすすめ

掃除・洗濯

 

ドライマーク衣類洗濯は「エコロジードライせっけん」がおすすめ

セーターやおしゃれ着など、ドライマークが付いた衣料品は多いもの。でも、すべてクリーニングに出すと、かなり費用がかかってしまいますよね。今回、ご紹介するのは、ドライマーク衣料品が洗える洗濯用石けん。洗濯機でつけ置くだけで、汚れがスッキリ落ちて、縮みの心配もほとんどありません。

衣類はどこまでクリーニングに出す?

ドライマーク衣類洗濯は「エコロジードライせっけん」がおすすめ

衣替えでは、きちんと汚れを落としてしまうのがポイント。特に冬物衣類は、洗濯表示にドライマークが付いたものが多いですが、私は「普段着にしている」「購入価格が安かった」などのドライマーク付き衣類は、家で洗うことが多いです。

その際に使用しているのが、ドライマーク衣料品が洗える洗濯用石けんの「エコロジードライせっけん」。洗濯機で常温の水道水を使い、つけ置くだけと簡単です!

冬物衣料の代表であるウールのセーターを実際に洗った様子をご紹介しましょう。

「エコロジードライせっけん」とは

ドライマーク衣類洗濯は「エコロジードライせっけん」がおすすめ

エコロジードライせっけんの成分は、純石けん分と安定化剤、溶剤です。オレンジオイルとヤシ油が配合され、液はほんのりとオレンジの香りがします。また、柔軟成分も配合されているので、ふっくらと仕上がります。

私は加入している生協でこの商品を知って購入しました。Amazonやヨドバシ.comなどの通販サイトでも手軽に入手できます。

パッケージ内には、エコロジードライせっけん本体(正味量500ミリリットル)、計量カップ、「お洗濯ガイドブック」(説明書)が入っています。

ドライマーク衣類洗濯は「エコロジードライせっけん」がおすすめ

パッケージ表面に記載されているとおりに組み立てた状態が以下です。注ぎ口のキャップが箱の外側に出て、キャップをひねってはずして傾ければエコロジードライせっけんを注げます。

ドライマーク衣類洗濯は「エコロジードライせっけん」がおすすめ

家で洗えるもの、洗えないもの

ドライマーク衣類洗濯は「エコロジードライせっけん」がおすすめ

エコロジードライせっけんで洗えるものは、ドライクリーニング可能の表示があるウール、カシミヤ、アンゴラのセーターやカーディガン、ブラウスやワンピース、スラックスやスカート、毛布やシーツと幅広いです。

ただ、ドライマーク付きでも、水洗い不可の衣類は洗わないでくださいと「お洗濯ガイドブック」には注意書きがあります。また、絹やレーヨンなど、縮みや色落ち、型くずれの恐れがあるものも洗えないとあります。
「お洗濯ガイドブック」で、何が洗えて、何が洗えないのかを、事前によく確認してください。

もっとも、私は水洗い不可の表示がある衣類も、もう何年も前に買ったものや、完全に部屋着にしているようなものは、多少の縮みや風合いの劣化は覚悟で洗ってしまっています。
でも、これは衣類に変化が起こるのも想定した上で、自己責任で行っていることです。

ウールのセーターを洗濯機につけ置きで洗う

ドライマーク衣類洗濯は「エコロジードライせっけん」がおすすめ

今回はやや厚手のセーターを1枚洗ってみた経過をご報告します。
アルパカ混のウールのセーターです。洗濯表示は、手洗い可能、ドライクリーニング可能となっています。

(1)付属の計量カップで、エコロジードライせっけん15ミリリットルを量ります。

ドライマーク衣類洗濯は「エコロジードライせっけん」がおすすめ

(2)洗濯機に水30リットルを入れ、(1)で量ったエコロジードライせっけんを入れて、手で軽くかき混ぜます。
洗濯に使うのは常温(10〜25度)の水道水です。なお、お風呂の残り湯を使うことはNGと説明書に記載があります。

ドライマーク衣類洗濯は「エコロジードライせっけん」がおすすめ

(3)セーターをたたんだ状態で、(2)の洗濯液に約20分つけ置きます。
このとき、セーターを押したりもんだりすると傷んでしまいます。洗濯機も回しません。

ドライマーク衣類洗濯は「エコロジードライせっけん」がおすすめ

(4)つけ置き後、約30秒脱水します。
私はいったんセーターを取り出してから排水し、再びセーターを入れて脱水機能を使いました。
脱水の時間は長すぎないように気を付けます。本回転になってから約30秒で止めます。

ドライマーク衣類洗濯は「エコロジードライせっけん」がおすすめ

(5)再びセーターを取り出し、洗濯機にすすぎ用の水をためます。衣類の間に水がいきわたる量の水を入れます。
水がたまったらセーターを水の中につけ、1分ほどそのまま置きます。洗濯機は回しません。

ドライマーク衣類洗濯は「エコロジードライせっけん」がおすすめ

(6)約30秒脱水します。(4)のときと同じく、いったんセーターを取り出してから排水し、再びセーターを入れて脱水しました。

下の写真は、2回目の脱水後、セーターを広げてみた状態です。

ドライマーク衣類洗濯は「エコロジードライせっけん」がおすすめ

(7)陰干しします。私はセーターを広げて干せる室内用の物干しグッズを使っています。

ドライマーク衣類洗濯は「エコロジードライせっけん」がおすすめ

以下は洗濯後のセーターです。
洗濯前の状態と比べて特に縮みや型くずれは見られませんでした。

ドライマーク衣類洗濯は「エコロジードライせっけん」がおすすめ

網目も変化ないようです。

ドライマーク衣類洗濯は「エコロジードライせっけん」がおすすめ

エコロジードライせっけん1回分は、水30リットルに対して使用量15ミリリットル。セーターなら約3枚、ブラウスやシャツなら約10枚洗えるので、その分のクリーニング料金を考えるとかなりお得ですね。

衣類によって、「これはクリーニング」「これはエコロジードライせっけんでの家庭洗い」と使い分けると節約にもなると思います。


エコロジードライせっけん ドライマークの衣類用 つけ置き洗剤 液体 500ml

<ライタープロフィール>
ライター/エディター/2級FP技能士
鈴木ユキ
所属:comorieサポーター

都内在住のフリーライター/エディター/2級FP技能士。手間がかからず実践できる、暮らしのちょっとしたヒントを日々チェック中です。