本文へジャンプします。


現在位置:> > > 赤ちゃんからお年寄り、ワンちゃんまで、安心して使えるクレイ歯磨きペーストの作りかた

ライフスタイル

 

赤ちゃんからお年寄り、ワンちゃんまで、安心して使えるクレイ歯磨きペーストの作りかた

歯は全身の健康の原点。年をとっても、自分の歯でいたいというのは誰でも願うことです。
しかし、今や成人の80%が歯周病にかかっているといわれています。歯周病は、糖尿病や心臓病と同じ、生活習慣病にも位置づけられる病といえます。いつまでも自分の歯でいたいからこそ、安心して使えるクレイ歯磨きペーストを使いたいですね。大地のエネルギー、クレイの作用を活かしたクレイ歯磨きペーストの作りかたをご紹介します。

歯を失う最大の要因は歯周病

歯周病のセルフチェックをしてみましょう!

1、朝起きたとき、口の中がネバネバする。
2、ブラッシング時に出血する。
3、口臭が気になる。
4、歯肉がむずがゆい、痛い。
5、歯肉が赤く腫れている(健康的な歯肉はピンク色で引き締まっています)。
6、かたい物が噛みにくい。
7、歯が長くなったような気がする。
8、前歯が前に出たと感じたり、歯と歯の間に隙間がでてきたと感じる。

これらの項目にひとつでも当てはまったら歯周病の恐れがあります。歯科医院での検診を行うとともに、日々のセルフケアをしっかり行いましょう。

毎日の歯磨きで歯周病予防

赤ちゃんからお年寄り、ワンちゃんまで、安心して使えるクレイ歯磨きペーストの作りかた

どうせ磨くのであれば、クレイを使った安心安全な歯磨きクレイペーストを手作りしませんか?

用意するもの
・ホワイトクレイ 大さじ2杯
 ※クレイは国際クレイセラピー公式オンラインショップにて購入することができます。
・水分 大さじ1杯
 (精製水、水道水、どちらでもOK)
 ※ハーブウォーターを使うと、精油を抽出後の成分を利用できます。
・ペーストを作る容器
・スパチュラ
 (100均のお菓子作り用ラバーへら)
・ペーストを保存する容器
 (金属製でないもの)

その他、オプションとして下記のものを加えてもOK。
・植物性のグリセリン(甘みを感じます)
・ペパーミントの精油1滴
・オレンジスイートの精油1滴
・クローブ、シナモン、カルダモン各耳かき2杯程度

クレイ歯磨きペーストの簡単作り方

赤ちゃんからお年寄り、ワンちゃんまで、安心して使えるクレイ歯磨きペーストの作りかた

上記のものは、ひとつだけ選んで加えてもいいですし、自分で味を確認しながらブレンドしてもいいです。味が気に入れば全部加えてもOK。贅沢な大人歯磨きペーストになりますよ。

●小さなお子様、お年寄りにおすすめなのは、グリセリンとオレンジスイートを加えた歯磨きクレイペースト。

●市販の歯磨きペーストとほぼ同じ味がよい場合は、グリセリンとペパーミント、オレンジスイートを加えます。

●甘さがほしくない場合はスパイス類がおすすめ。1種類だけでも、3種類すべてを加えても大丈夫です。スパイスのピリッとした刺激が口腔内を爽やかにしてくれます。
クレイには研磨作用はないのですが、スパイスパウダーが多少の研磨作用に期待できるかもしれません。

作りかた
1、クレイを器に入れて、トントンとして平らにする。
2、水分をまんべんなくクレイにかける。
3、クレイが水分を吸収するのを待つ。
4、半分ぐらいクレイが湿ってきたら、スパチュラで混ぜる。オプションを加える場合は、ここで入れ、よく混ぜ合わせる。

赤ちゃんからお年寄り、ワンちゃんまで、安心して使えるクレイ歯磨きペーストの作りかた

クレイのおもな作用とは?

赤ちゃんからお年寄り、ワンちゃんまで、安心して使えるクレイ歯磨きペーストの作りかた

クレイは土壌に含まれる粘土質のことです。その作用は以下の通り。
1、余剰物の吸収、吸着、排出(デトックス)、
2、浸透圧作用、
3、ミネラル交換作用
4、アミノ酸結合促進作用

クレイで歯を磨くことにより汚れ、吸着物を排出して、歯茎の健康を維持してくれます。歯磨きクレイペーストで歯を磨いて、元気なお口の中を目指しましょう。

<ライタープロフィール>
アロマ・クレイ資格&ピアノ教室 フォルテシモ 
梶田聖枝
所属:国際クレイセラピー協会

クレイセラピーの知恵袋。いくつになっても健康で綺麗でいたい!をクレイ活用で実践しています。