本文へジャンプします。


現在位置:> > > 違いを知って賢く汗対策!制汗剤とデオドラント剤の効果

ライフスタイル

 

違いを知って賢く汗対策!制汗剤とデオドラント剤の効果

どんどん蒸し暑くなり、脇汗が悩ましくなる季節。ドラッグストアなどではたくさんの制汗剤やデオドラント剤を目にしますが、それぞれの効果の違いを知って選んでいますか?目的によってどちらかを選んだり、使い分けたり、賢く汗対策するための効果の違いをご紹介します。

制汗剤とデオドラント剤について

違いを知って賢く汗対策!制汗剤とデオドラント剤の効果

制汗剤とはその名のとおり、汗を抑制する働きをもつもの。皮膚に直接付けると毛細血管が収縮して、汗の分泌が抑えられます。主な成分は、塩化アルミニウムやミョウバンなどの収れん剤と、酸化チタンなどの吸収剤。制汗スプレーのサラサラした使用感は、この吸収剤の働きのおかげです。

一方のデオドラント剤は、汗そのものではなく、汗が発する臭いを抑えるのが目的の商品です。汗の臭いは、臭いの素となる成分が皮膚の常在菌に分解されることで発生します。そこで多くのデオドラント剤には、殺菌作用のある銀イオンや緑茶エキス、消臭作用のある重曹などの成分が含まれています。

目的別に商品を選ぼう

違いを知って賢く汗対策!制汗剤とデオドラント剤の効果

このように制汗剤とデオドラント剤では、そもそもの目的が違っています。見た目や価格で何気なく商品を選んでいる方が多いかもしれませんが、自分が汗対策で何を目的とするかを考えて選ばないと、期待はずれになってしまう恐れがあります。

たとえば、衣服の脇の汗ジミが気になるときには、殺菌・消臭がメインのデオドラント剤ではあまり意味がないので、汗そのものを抑制する制汗剤を使うのがよいでしょう。逆に汗の量よりも臭いが気になるときには、肌への負担が大きい制汗剤を使う必要はなく、デオドラント剤で十分対策ができると思います。

また制汗+デオドラントという、両方の働きを併せ持つ商品もたくさん販売されています。両方の効果を狙いたい人は、このタイプを選ぶとよいでしょう。

どうやって見極める?

違いを知って賢く汗対策!制汗剤とデオドラント剤の効果

ドラッグストアやスーパーでは、明確に分けられることもなく、大量に並んでいる制汗剤やデオドラント剤。無香料のものからさまざまな香り付きのもの、定番のスプレータイプ、持ち歩きに便利なロールオンやスティックタイプ……とたくさんの種類があって目移りしてしまいますが、やはり機能を見極めるにはパッケージやキャッチコピーを比較するのが大事です。

たとえば、制汗作用の強いものには「汗、かく前にブロック!」、デオドラント作用の強いものは「たくさん汗をかいても1日中におわない!」などその商品の得意なことが前面に打ち出されているので、参考にするのがよいと思います。

ひとことに制汗剤やデオドラント剤といっても、市販の商品はさまざま。自分が汗対策に何を求めるか、求める効果が期待できるかどうかを確認した上で、今年の汗対策には、ライフスタイルや体質に合った商品を選んでみてください!

<ライタープロフィール>
フリーランスライター
竹川ともえ
所属:comorieサポーター

北海道に住むフリーランスのライター。読書や旅行が趣味で、季節を感じながらのんびりペースで暮らしています。