本文へジャンプします。


現在位置:> > > 時短につながるアクセサリー収納法

整理・収納

 

時短につながるアクセサリー収納法

薄着の春・夏は、オシャレも楽しい季節です。毎日の洋服選びに、アクセサリーを加えることも多いのではないでしょうか。そこで、忙しい朝にも迷うことない、アクセサリー選びのための収納方法をご紹介します。

アクセサリー収納はアクセサリーショップに学ぶ

時短につながるアクセサリー収納法

アクセサリーの収納には、さまざまな方法があります。

それは、持っている数や種類が違うこともありますが、アクセサリーをつける場所、はずすタイミング、自分にあう選びやすさや戻しやすさなど、気にするところがそれぞれ違うことも関係しています。
そのため、自分に合った収納の仕方をいろいろ試してみて、無理のない方法を探しましょう。

そうはいっても、一体どうしたらいいかと思う場合は、アクセサリーショップを思い浮かべてください。
アクセサリーショップでは、どのアクセサリーを買おうか、見て選べるようにディスプレイされています。この「見て選ぶ」とういうのは、毎日のアクセサリー選びでも同じことですよね。

しまってあるアクセサリーを思い浮かべて、今日はどれをしていこうかと考えることもありだと思いますが、鏡の前で、その日のアクセサリーをあれこれあわせてみながら選ぶのは、楽しい時間ですもの。

ひと目で選べるアクセサリー収納(ネックレスやペンダント)

時短につながるアクセサリー収納法

ネックレスやペンダントを、アクセサリーショップのように壁に吊るすのはいかがでしょうか。

これなら、どれにしようか全体を見て選べ、すぐ手に取ってあわせられるし、戻すことも簡単です。なにより、ひとつひとつが独立しているため、からまったりしないこともおすすめポイント。

朝の忙しい時に、お気に入りのネックレスをつけようとしたら、からまっていて使えなかった、なんていう経験、どなたにでもあるのではないでしょうか。そんな面倒を解消してくれます。

ブレスレットも、ネックレスなどと一緒に吊るしておくといいですね。

この部屋では、壁に直接画びょうを打っていますが、コルクボードなどを用意して、そこに吊るしておくのもいいと思います。フックなどを利用するのもいいですね。

設置する場所も、ウォークインクローゼットの中や、クローゼットの扉の裏、洗面所の鏡の中など、ご自身がアクセサリーをつけるタイミングを考えて、収納場所を確保しましょう。

そして、アクセサリーの近くには、自分の姿を映せる鏡を置いてください。
できれば、全身が映る鏡があれば、その日のファッションとアクセサリーの雰囲気を確認することができて、オシャレ度もますますアップすることでしょう。

ひと目で選べるアクセサリー(イヤリング・ピアス・リング)

時短につながるアクセサリー収納法

イヤリングやピアスなどは、ひとつずつ独立したスペースに入れることをおすすめします。

たくさんの中から、左右のイヤリングを探すのは、けっこう手間がかかるものです。
区切られたひとつのスペースに、あらかじめ左右のイヤリングをまとめて入れておけば、ひと目でわかるし、なにより探す手間がかかりませんよね。

ジュエリーボックスを買わなくても、無印良品や100円ショップなどにある、細かく分かれた仕切りケースを利用するといいでしょう。

ピアスを吊るして収納する方法もありますが、吊るすためにひっかけたり、穴に入れてキャッチをつけるなどしなくてはならず、それが面倒だと感じる方には、ポイッと入れられるケース収納のほうがおすすめです。

どちらにしても、いつの間にか片方がなくなってしまった、なんてことがないように、ちゃんと左右一緒に収納しましょう。

さらに小さなピアスは、そのまま置いてしまうとどんなデザインかがわかりません。
ジュエリーボックスの指輪を置く場所にキャッチをつけたままさしておけば、ピアスの頭が上を向いてデザインを確認することができます。

また、スポンジなどを使って、そこにさせるように工夫するのもお手軽でおすすめです。

アクセサリーを気軽に使うための「一時置場」

時短につながるアクセサリー収納法

きちんとアクセサリーの収納場所を確保して、見て選べるようにするのは、朝の忙しい時間での身支度にも大切です。けれど、毎日、きちんとそこに戻すのが面倒になるくらい、お疲れのときだってありますよね。

そんなときのために、アクセサリーの一時置場をつくっておくことをおすすめします。

「とりあえず顔を洗うときに、はずして置ける場所があるといいな」とか、「まずは食事のしたくをしなくてはいけないから、キッチンに一時置場があったら便利」など、ご自身の毎日の行動を考えて、アクセサリーをはずしたいタイミングの場所に、一時置き場をつくってください。

お気に入りのお皿やケースを見つけて、そこを一時置場にします。
ちょっと入れて置ける場所があれば、その辺にポイッと置いてしまって、アクセサリーをなくす確率が格段に減りますよ。

もちろん、ずっとそのままにしておかないで、落ち着いたらアクセサリー収納の場所に戻してくださいね。

オシャレが楽しい季節、毎日のアクセサリー選びが楽しくなりますように。

<ライタープロフィール>
ライフオーガナイザー/メンタルオーガナイザー
藤原浩子
所属:一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会

「お家まるごと片づけサポート」をメインとし、リバウンドしにくい片付けの仕組みづくりや、片づけ講座、個人セッションなどを、神奈川県、東京都を中心に活動中。バイク雑誌で旅のエッセイも書いています。