本文へジャンプします。


現在位置:> > > 排水口の汚れはネットで予防!お風呂場排水口の掃除方法とおすすめの掃除道具

掃除・洗濯

 

排水口の汚れはネットで予防!お風呂場排水口の掃除方法とおすすめの掃除道具

お風呂の排水口は汚れが溜まると異臭や詰まりの原因にもなるので定期的に汚れを取り除く必要があります。また、様々な形状のパーツもセットされているのでスポンジでは掃除しずらくストレスです。そこで排水口掃除に便利なブラシや汚れが溜まらない工夫などをご紹介します。

排水口の汚れの特徴は?

排水口の汚れはネットで予防!お風呂場排水口の掃除方法とおすすめの掃除道具

こんにちは!三度の飯より掃除が好き、おそうじペコです。今回のテーマはお風呂場の「排水口汚れ」です。排水口には浴槽やお風呂場内の汚れのすべてが流れてくるので様々な汚れが溜まってきます。毛髪・石けんカス※1・ヌメリ※2・カビ等です。一見気持ちの悪い汚れですが、こびりついた汚れと違いブラシで擦り落とすだけで意外とあっさりと綺麗になります。

※1 石けんや皮脂の脂肪分と水に含まれるカルシウム等が反応してできるもの。白い粉のような汚れ。
※2 皮脂などを栄養に繁殖した細菌のかたまり。ピンク色に見えるものもあります。

排水口掃除におすすめの掃除道具

排水口の汚れはネットで予防!お風呂場排水口の掃除方法とおすすめの掃除道具

1)粉石けん または浴室掃除用中性洗剤
様々な汚れが混在するので、石けんの界面活性作用※と泡の力で汚れを落とします。
石けんがない場合は、浴室用の中性洗剤でもOKです。

※異なる性質のものを混ざり合わせて汚れを落としやすくする作用。

排水口の汚れはネットで予防!お風呂場排水口の掃除方法とおすすめの掃除道具

2)酸素系漂白剤 
殺菌漂白効果があります。ブラシでは届かない排水管の奥に働きかけます。

排水口の汚れはネットで予防!お風呂場排水口の掃除方法とおすすめの掃除道具

3)両面ブラシ、スクリューブラシ
固めや柔らかめがある両面ブラシや360度方向に届くスクリュー型ブラシは
様々な形状の排水口パーツや、ヘアキャッチャーの掃除に便利です。

排水口の汚れはネットで予防!お風呂場排水口の掃除方法とおすすめの掃除道具

4)排水口ネット
毛髪や汚れをためないために排水口ネットを利用して汚れの予防をします。

排水口掃除の5ステップ

排水口の汚れはネットで予防!お風呂場排水口の掃除方法とおすすめの掃除道具

▼ステップ1
ぬるま湯1Lに粉石けん大さじ1〜2杯を入れ、手で撹拌します。モコモコの泡立て石けんを作ります。

排水口の汚れはネットで予防!お風呂場排水口の掃除方法とおすすめの掃除道具

▼ステップ2
ヘアキャッチャーや排水口パーツにこびりついている髪の毛やゴミを取り除きます。あらかじめヘアキャッチャーにネットをかぶせておけば、ネットを取り外すだけなので便利です。

排水口の汚れはネットで予防!お風呂場排水口の掃除方法とおすすめの掃除道具

▼ステップ3
排水口のパーツを外し、泡をまんべんなく塗り両面ブラシを使ってこすり洗いします。
スポンジでは届きにくいパーツの細かい溝や凹凸も、両面ブラシを利用すれば奥まで届いてしっかり洗うことができます。重たい蓋は雑巾を敷いた上に置いて擦ると、滑り止めにもなり床も傷つけません。

排水口の汚れはネットで予防!お風呂場排水口の掃除方法とおすすめの掃除道具

ヘアキャッチャーなどの網目部分は、メイクブラシや急須用ブラシなどのスクリュー型ブラシを使用すると細かい部分までしっかり掃除できます。

排水口の汚れはネットで予防!お風呂場排水口の掃除方法とおすすめの掃除道具

▼ステップ4
仕上げは少し熱めのお湯で流します。泡切れもよく、さっぱりとした洗い上がりになります

排水口の汚れはネットで予防!お風呂場排水口の掃除方法とおすすめの掃除道具

▼ステップ5
ステップ4までやっても、排水口の奥のヌメリや異臭が気になる場合は酸素系漂白剤を使用します。排水口の入口に大さじ2〜3杯を振り入れてから、カップ1のお湯(40度前後)を回しいれて一晩放置します。
※60度以上の熱湯は排水管を痛めるので使用しないで下さい。また酸素系漂白剤の作用も落ちます。

排水口の汚れはネットで予防!お風呂場排水口の掃除方法とおすすめの掃除道具

翌日、両面ブラシを使って排水管の周りや奥をこすり洗いし、お湯のシャワーで洗い流します。ヌメリが落ちて臭いの原因がなくなります。

ネットを利用して汚れを防止

排水口の汚れはネットで予防!お風呂場排水口の掃除方法とおすすめの掃除道具

次の掃除が楽になるように、ヘアキャッチャーには排水口ネットをかぶせます。また、毛髪やゴミが溜まったらすぐに捨てられるよう、三角コーナーなど水回り用のごみ入れにネットをかぶせたものも風呂場内にセットしておくと便利です。

排水口の汚れはネットで予防!お風呂場排水口の掃除方法とおすすめの掃除道具

ついつい敬遠しがちな排水口掃除ですが、汚れそのものはしつこいものではありません。溜めてしまうとヘドロ状になりますます掃除が面倒になってしまいます。こまめに排水口汚れをチェックするようにしましょう。

また、ヘアキャッチャーにネットをかぶせることで毛髪や石けんカスなどをフィルターのように集めてくれます。このネットを使用すると大分排水口にたまるヌメリが軽減されるので、掃除の負担が軽くなります。汚れを「落とす」だけでなく、汚れを「溜めない」工夫も大切です。

[関連記事]
頑固な水垢は「茂木和哉」で落とす!浴室鏡と水栓の掃除方法とおすすめの掃除道具

<ライタープロフィール>
掃除研究家 ハウスキーピングコーディネーター2級 掃除能力検定士5級
おそうじペコ
所属:comorieサポーター

三度の飯より掃除が好き。掃除スケジュールのルーチンがなければ一日が始まりません。ストイックに掃除道を追求する毎日を送っております。