本文へジャンプします。


現在位置:> > > 【オキシクリーン】これはすごい!いろんなものを「オキシ漬け」した結果

掃除・洗濯

 

【オキシクリーン】これはすごい!いろんなものを「オキシ漬け」した結果

どんな頑固な汚れも綺麗に落とせるとして人気を博している「オキシクリーン」。キャップ一杯のオキシクリーンを加える「オキシ漬け」は、インスタグラムや各SNSでも大きな話題を呼んでいますよね。そのパワーを体感すべく、いろんなアイテムを「オキシ漬け」してみました!

万能粉末漂白剤「オキシクリーン」

【オキシクリーン】これはすごい!いろんなものを「オキシ漬け」した結果

どんな頑固な汚れも綺麗にできちゃう魔法のようなお掃除粉として、人気の高いオキシクリーン。インスタグラムでは『#オキシ漬け』が盛り上がりを見せていますよね。

今回はそのパワーを体感すべく、いろんなものをオキシ漬けしてみました。
?
―日本版とアメリカ版があります
?
その前に、オキシクリーンには日本版とアメリカ版があるのはご存知でしょうか?日本版のものだと粉末は真っ白、水で溶かした際に泡たちません。アメリカ版のものだと白い粉末の中に青いツブツブが入っていて、水で溶かすとモクモク泡立ちます。その秘密は界面活性剤が含まれているかいないかの違いなんです。

ちなみに日本版はパッケージが丸型、アメリカ版は四角型なので、そちらで区別するとわかりやすいですよ。今回はネットショップで手に入れた日本版です。(アメリカ版はコストコで買えるそうです)

温度が肝!40~60℃のお湯を張る

【オキシクリーン】これはすごい!いろんなものを「オキシ漬け」した結果

さぁ、さっそくオキシ漬けにトライしみましょう!洗面所やバスタブ、シンクなどにお湯を張ります。この際、温度は40~60℃に設定。お湯を使う事で主成分の過酸化ナトリウムの効果がアップし、さらなる白さが期待できます。必ずお湯にしましょう。

洗面所いっぱいくらいのお湯でオキシクリーンの量はキャップ1杯ほどで大丈夫です。公式の説明書によると、オキシ漬けする場合はお湯4Lに対してキャップスプーン1杯と記載されています。こちらを目安にしてください。

粉末が残らないよう泡立て器を使うとGOOD

【オキシクリーン】これはすごい!いろんなものを「オキシ漬け」した結果

オキシクリーンの粒子は荒く、なかなか溶けません。専用の泡立て器を用意するとスムーズですよ。ただし、オキシ液を手で触ると、敏感肌の人は荒れてしまいますので、ビニール手袋をして作業すると安心です。

粉末がお湯に馴染んだら、オキシ漬けしたいアイテムをドボーンと入れましょう。今回はスニーカー、洗面所で使っているシャワーヘッドなどをINしました。

必殺!オキシパックが効果的!

【オキシクリーン】これはすごい!いろんなものを「オキシ漬け」した結果

オキシ漬けができない場所に効果的なのが「オキシパック」!!キッチンペーパーをオキシ液で浸して、汚れの気になる部分に湿布しましょう。乾燥しないよう、上からビニールラップを巻けばOKです。

バスタブでもオキシ漬け!

【オキシクリーン】これはすごい!いろんなものを「オキシ漬け」した結果

せっかくなので、バスタブでもオキシ漬けします。お風呂グッズ、衣類、プラスチックカゴ、ヘアブラシetc……。洗面所のオキシ漬けとともに、およそ1時間置きました。

1時間後……!

【オキシクリーン】これはすごい!いろんなものを「オキシ漬け」した結果

まず、洗面所のオキシ漬け。洗面所タブ自体が美しくなっているじゃないですか!お湯を流したあとに、軽くタワシでこすって乾拭きしただけで、輝きが眩しいっ……。

ついでにオキシ漬けしたシャワーヘッドも……!

【オキシクリーン】これはすごい!いろんなものを「オキシ漬け」した結果

この通り、ピカピカです。これはとっても気持ちが良いですね!

スニーカーの白いゴム部分もピカピカ

【オキシクリーン】これはすごい!いろんなものを「オキシ漬け」した結果

愛用しているスニーカーの白いゴム部分も、まるで新品のような美しさを取り戻しました。オキシ漬けしたあとに、シューズブラシでちょっと磨くだけで汚れがグングン落ちて面白かったです。

衣類の気になるニオイもリフレッシュ

【オキシクリーン】これはすごい!いろんなものを「オキシ漬け」した結果

なかなか取れなかった、繊維の奥底に蔓延った嫌なニオイもスッキリ取れました。衣類はオキシ漬けしたあとに、通常通りの洗濯をすればOKです。半ば諦めていたので、とても嬉しい。

ただし、衣類は下記のものはオキシ漬けNGなので、ご注意くださいね。
?

ウール製品やウール混紡製品、麻・麻混紡製品、天然革、合成皮革

?
大切な洋服が色落ちしたり傷んだら悲しいですよね。きちんと調べて行うよう気をつけてください。

やっぱり頼れる!オキシクリーン

【オキシクリーン】これはすごい!いろんなものを「オキシ漬け」した結果

ほかにも、魚焼きグリルや換気扇のフィルター、食器類、洗濯槽などなど。オキシ漬けで綺麗になるものはたくさんあります。漬けている間に汚れがどんどん浮いてくるので、家事の時短にもなりますよね。皆さんもぜひ、さまざまな汚れをオキシクリーンでスッキリ、リフレッシュしてみてくださいね!

<ライタープロフィール>
WEBクリエイター・(株)タップス代表取締役
kansugi (姜 淑伊)
所属:comorieサポーター

WEBクリエイター・(株)タップス代表取締役。衣食住+aのアイデアを提案する記事を多数執筆しています。得意なジャンルは100均活用術や簡単で美味しいレシピetc...!