本文へジャンプします。


現在位置:> > > お風呂掃除が面倒なら、風呂場の収納を無くせばよくない?

整理・収納

 

お風呂掃除が面倒なら、風呂場の収納を無くせばよくない?

風呂掃除を簡単にする方法は、なにも作業の効率化だけではありません。「そもそも汚れにくくする」テクニックをご紹介します。

お風呂掃除が面倒なら、風呂場の収納を無くせばよくない?

お風呂掃除が面倒なら、風呂場の収納を無くせばよくない?

お風呂掃除が面倒なら、風呂場の収納を無くせばよくない?

お風呂掃除が面倒なら、風呂場の収納を無くせばよくない?

大掃除よりも小掃除が大事な風呂場

うちは家事の時短の基本は「おおがかりな作業を一度にやる」ではなく、「小さな作業をこまめにやる」だと思っています。お風呂ってのはわかりやすい例で、お風呂汚れの主な原因は「カビ」。
 
カビは時間とともに倍増していく性質があるので、「汚れていれば汚れているほど、汚れる」わけです。なので、できるだけ元々の数を減らしておくと掃除の手間も減るというわけです。

塩素系洗剤→防カビ煙剤のコンボ!

まずは風呂場の掃除と言えば塩素系洗剤ですね。カビはこれでイチコロです。塩素系洗剤は協力過ぎるので、手袋、メガネ、マスクの着用と十分な換気を忘れずに!

一度キレイにカビを落としたら、「防カビ煙剤」がお勧めです。バルサンのように、風呂場に置いて煙で風呂場の壁や天井を薬剤でコーティングするものですが、これをやると明らかにカビの繁殖スピードが遅くなります。

一番大事なことは、カビの住み家を作らない

そしてその後は… 実はここが一番重要なのですが、風呂場に物を置かないことです。
うちでは風呂場にシャンプーボトルをはじめ、体を洗うスポンジ、その他バスグッズなど、全く置いていません。シャンプーボトルってのは結構カビの温床になるところで、シャンプーラックやシャンプーボトルの裏はカビの定番スポットです。カビはコロニーを作って胞子をそこから出して繁殖するので、繁殖を防ぐためにはとにかく「住みかを作らせない」ことが大事。

「じゃあシャンプーやスポンジはどうしてるの?」
ということですが、脱衣所に置き場所を作って、そこにいつも置いておき、使う時だけ持って入るというやり方をしています。家族に覚えてもらうのははじめちょっと手間ですが、一度慣れてしまえばそんなに苦でもないですよ。
 
ちなみに最近追加で試してみたのは「排水溝のカバーを取る」です。これでうちはさらに汚れにくくなりました。これは家によってはもともとない場合もあるので参考になるかどうかわかりませんが、要は極力風呂場内の凹凸を無くし、カビが好むスポットを減らすわけです。


掃除も大事ですが、「掃除をしなくてもいい環境」はもっと大事です!ぜひ試してみてください。

<ライタープロフィール>
専業主夫・漫画ブロガー
ムーチョ
所属:comorieサポーター

専業主夫、漫画ブロガー。主夫歴約10年。妻は会社員。現在38才で、娘は10才と8才。