本文へジャンプします。


現在位置:> > > 【ダイソー】リメイクシートの上手な貼り方

インテリア・雑貨

 

【ダイソー】リメイクシートの上手な貼り方

みなさま、お部屋の壁気に入ってますか?前回の記事ではSeria(セリア)の黒板シートをご紹介しましたが、今回はDAISO(ダイソー)のリメイクシートを使ったお部屋のイメージチェンジや、実はちょっとクセのあるインテリアシートの作業の際のちょっとしたコツなどをお伝えします。

家族5人+ワンコの破壊力

築10年の中古の一戸建てを3年ほど前に購入した我が家。以前の持ち主の方はとてもきれいに住まわれていたようでリフォームの必要もなく壁も驚くほどきれいでした。が、私たち家族が引っ越した途端、家のあちらこちらが破壊されるように。

なぜ壁紙をはがした中にお絵かきするのかなぁ。家族に大型犬が加わることでその被害はさらに大きなものに。ある日なんて帰宅したら壁紙はがされた上に中の石膏?モルタル?が掘り出されていましたよ。

壁紙の張替えは一大事?

やれることはある程度まで自分でやってみたい性格の私。以前住んでいたマンションではいろいろなところに漆喰やペンキを塗っていましたが、養生などの下準備や乾くまでの時間を考えたりすると、手間とコストのハードルが高い。

本格的な壁紙はサイズも大きく、糊などの扱いも大変そう。なかなか気軽に手を出すこともできず、破れ、汚れていく壁紙を見つめる日々でした。

気軽に買える値段×気軽に使えるサイズ×豊富なデザイン

【ダイソー】リメイクシートの上手な貼り方

そんな中、100円ショップがこぞって壁紙シートの取り扱いをはじめ、すぐに飛びついた私。これまでいろいろと試してきていくつか作業の際に注意したほうがよいことがあるのも分かりました。

今回はDAISO(ダイソー)のリメイクシートで写真の左側の壁をイメージチェンジします。

コンセントカバーやふさかけははずしておく

まず、作業する前に壁についているものではずせるものははずしておきましょう。

ふさかけ(タッセルをかける金具)は、はずす前にサッシの同じ高さのあたりにマスキングテープなどで印をしておくと壁紙を貼った後でもそのあたりを上からさわり、ネジ穴を確認して、同じ場所に取り付けることができます。

【ダイソー】リメイクシートの上手な貼り方

コンセントカバーも実は簡単にはずせます。

写真は無計画にインテリアシートを貼りはじめたらコンセントカバー付近まできて「あっ!!」と気付いてカバーをはずしたところです(失敗例)。

この写真はまだ一番外側のカバーをはずしただけの状態で、外側の4つのネジをはずすことで、白いプラスティックの外枠がはずれ、壁のギリギリまで壁紙が貼れます。これ、実は大きなポイントなので、必ず外枠をはずしてギリギリまで貼りましょう。

壁紙は同じ方向に、かなり多めに余裕を持って貼る

【ダイソー】リメイクシートの上手な貼り方

さまざまなデザインのリメイクシートが販売されています。木目やレンガブロックなどのデザインの場合、小さなサイズの壁紙を大きな壁に貼るためにはデザインをつなげるために注意が必要です。

だいたいのものは同じ方向に貼っていけばつながるようにデザインされていますが、幾つもつなげて貼る時は必ず2cm程度重ねて貼ることがポイントです。端の処理もキッチリサイズでカットするのではなく2cmほど余裕を持って残しておくことを強くオススメします。

実は100円ショップのリメイクシートを壁紙として使用してみたところ、だんだん縮む性質があるようで、はじめの何回かは時間と共に隙間ができてしまいました。でも、2cmほど重ねることで1カ月もすると丁度よい状態になり、壁の端もすんなりおさまります。コンセントカバーをはずしてギリギリまで貼るのも、縮むことを想定しているためです。

DAISO(ダイソー)のリメイクシートはここに注意して仕上がりをもっと素敵に!

【ダイソー】リメイクシートの上手な貼り方

気軽に貼って剥がせるDAISO(ダイソー)のリメイクシート。お子さんが壁紙を汚したら、イメージチェンジのチャンスかも!?ぜひその性質を知って、気軽にお部屋のイメージチェンジを楽しんでくださいね。

[関連記事]
Seria(セリア)の黒板シート+5アイテムで子供が自発的に動く仕組み作り

<ライタープロフィール>
湘南ライフデザイン くらしコーディネーター
下村さなみ
所属:comorieサポーター

−片づけのその先へ−未来にもっとワクワクしよう もっとラクに、もっとワタシらしく