本文へジャンプします。


現在位置:> > > 実はママの強い味方!荷物が多くても様になる無印良品のリュック

インテリア・雑貨

 

実はママの強い味方!荷物が多くても様になる無印良品のリュック

無印良品には数えきれないほどのアイテムがそろっていますが、リュックもチェックが欠かせない商品だということをご存知ですか?大人リュックとしてぴったりなデザインが多く、使いやすさも抜群のものばかり。自分流にカスタマイズしやすく、飽きのこないタイプのものが豊富です。なかには、子育て中のママが使うマザーズバッグとしての役割を果たすリュックも。あなたもさっそく無印良品のリュックをチェックしましょう!

無印良品のリュックはどんなコーデにもベストマッチ!

実はママの強い味方!荷物が多くても様になる無印良品のリュック

無印良品には数えきれないほどのアイテムがそろっていますが、リュックもチェックが欠かせない商品だということをご存知ですか?大人リュックとしてぴったりなデザインが多く、使いやすさも抜群のものばかり。

自分流にカスタマイズしやすく、飽きのこないタイプのものが豊富です。なかには、子育て中のママが使うマザーズバッグとしての役割を果たすリュックも。あなたもさっそく無印良品のリュックをチェックしましょう!

まずは普段のファッションに合わせやすいリュックを、2つほどご紹介します。

【おすすめリュック】1.ダブルバックルフラップリュックサック

実はママの強い味方!荷物が多くても様になる無印良品のリュック

背面やかぶせ部分などにファスナーポケットを配した、収納性十分のリュック。どこかアウトドア感も覚える、カジュアルリュックです。大容量の荷物でも安心でき、かっこいい印象を与えますね。

【おすすめリュック】2.撥水オーガニックコットンサイドポケット付リュック

実はママの強い味方!荷物が多くても様になる無印良品のリュック

撥水オーガニックコットンリュックサックの、サイドファスナーポケット付きタイプがこちら。出し入れの頻度が高い小物や貴重品などを、サイドファスナーポケットに入れて使用でき、便利さを感じるはずです。

上部は丸みを帯びたきれいな形をしているので、いろいろなコーディネートに合わせやすいですよ。生成・ネイビー・黒の3色展開です。

無印良品のリュックはマザーズバッグとしても優秀!

実はママの強い味方!荷物が多くても様になる無印良品のリュック

▼サイドファスナー ポケット付 ポリエステルリュックサック

子供が生まれたら、多くのママがひとつは用意するマザーズバッグ。無印良品のリュックは、ママが日常的に使いやすいタイプもあります。

マザーズバッグとしておすすめしたいのが、サイドファスナーポケット付ポリエステルリュックサック。カラーは黒・グレー・赤・ネイビー・カーキの5色展開で、シンプルなデザインのため使いやすいと好評を集めています。

このリュックをママにおすすめする理由は、側面にファスナーポケットがついていること。すぐに取り出したい鍵やお財布などをしまうのにピッタリで、ファスナーの長さも短くないため出し入れしやすくなっています。

育児中は、子供を片手に抱っこしながら別のことをするという場面が多くありますが、こちらはそのような状況でも片手でファスナーが開けられるよう工夫されているので安心。

そして、子供のための荷物が多いママは、少しでも荷物の重さを減らしたいですよね。このリュックはポリエステルでできているため軽く、それだけでもママの負担を減らせるので嬉しいポイントのひとつです。重さのある余分な装飾も一切なく、軽量化されているのは助かりますね。

そして、リュックの表面には撥水加工が施されています。雨が降ったときには子供を第一に守りたいママにとって、荷物はどうしても後回しになりがち。なかなかリュックまで気が配れなくても、このリュックは多少の雨には耐えられるため心強い味方となりそうです。子どもに注意を配れるので、レジャーにも普段のおでかけにも使いやすいですよ。

たためるリュック!?無印良品にあるこんな優れもの 

実はママの強い味方!荷物が多くても様になる無印良品のリュック

▼パラグライダークロス 収納ポーチ付き リュックサック

たためるという発想が、なかなかないリュック。無印良品のパラグライダークロス収納ポーチ付きリュックサックは、リュックの概念を変えるアイテムのひとつです。

空を飛ぶパラグライダーに使用される生地をベースとして、作られたリュック。付属している収納ポーチに、小さくたたんで収納できる優れものなのです。

軽いのに丈夫に仕上がっており、さまざまな場面で活躍します。例えば、旅行でサブバックとして持っていき、荷物が増えたときに広げて背負えば、重さを感じることなく荷物を運べます。

リュックならば両手があくので、カメラで写真を撮ったり、子供を抱きかかえたりすることも可能。ほかにも、買い物などで急にバッグが必要になりそうなときにもっておくと、多少買いすぎてしまったとしても重宝するでしょう。カラーは、黒とネイビーの2色から選べます。

自分らしくカスタマイズ!リュックをリメイク 

実はママの強い味方!荷物が多くても様になる無印良品のリュック

シンプルなリュックは自分らしくカスタマイズしやすいため、遊び心も満たしてくれます。カスタマイズを楽しむための編集部おすすめの方法を、いくつかご紹介しましょう。手軽にできるものばかりですよ。

【カスタマイズアイデア】1.無印良品×マリメッコ

実はママの強い味方!荷物が多くても様になる無印良品のリュック

リュックを正面から見たときに手前に見える小さなポケットの表面に、マリメッコ柄をのせればオリジナルリュックに。マリメッコの生地を手縫いで縫い付けるだけで、できあがりです。

ブラックのリュックに合わせる場合は、マリメッコ柄もブラック基調にして統一感をもたせましょう。リュックの生地はなかなか固いので、手を傷めてしまわないように気をつけながら縫い付けてくださいね。

【カスタマイズアイデア】2.無印良品×スタンプ

実はママの強い味方!荷物が多くても様になる無印良品のリュック

好みのデザインのスタンプをモチーフとして用いて、アクセントにするリメイク方法もあります。アーティストのライブグッズのひとつであるメモリアルスタンプを、さりげなく正面に付けてみてもいいでしょう。

オシャレに見せるには、スタンプの大きさをほどほどにすることがポイント。シンプルさを残しつつ、アクセントも担ってくれるスタンプを探してみましょう。

【カスタマイズアイデア】3.無印良品×伝統和柄

実はママの強い味方!荷物が多くても様になる無印良品のリュック

リュックと日本の伝統和柄とのコラボレーションも魅力的です。たとえば、こぎん刺しという青森県津軽地方に古くから伝わる伝統的な柄のバッチをリュックのアクセントとしてつけてみると、想像以上におしゃれに仕上がります。

明るいカラーを挿し色として効かせれば、暗くなりがちなカラーのリュックをぱっと華やかにすることができますよ。ほかにも、ファスナーの取っ手にタッセルをつけるなどで、大人っぽくアレンジできます。小さな小物でも、存在感をしっかり感じますよ。

【カスタマイズアイデア】4.無印良品×缶バッチ

実はママの強い味方!荷物が多くても様になる無印良品のリュック

人と差をつけたいけれど、ゴテゴテしたものは好まないという人にぴったりなのが、大きめワンポイントをプラスする方法です。気に入った缶バッチをたったひとつ選ぶだけの簡単な方法で、手間いらず。

リュックの雰囲気をガラリと変えることができますよ。缶バッチは手軽に変えられるので、オシャレを楽しむには日ごとにチェンジするのもいいでしょう。その日の気分に合わせて、ワクワクしながら変えてみて。

【カスタマイズアイデア】5.無印良品×ワンアイテム

実はママの強い味方!荷物が多くても様になる無印良品のリュック

リュックをキャンバスに見立て、正面にワンアイテムを飾ってリメイクする方法も。ホワイトのリュックにレトロなモチーフをオンすれば、大人かわいい落ち着いた雰囲気に仕上がります。

カジュアルすぎるリュックスタイルよりも、上品な印象を与えるほうが好みに合っていると思っている人におすすめです。

不器用さんも助かる!無印良品の刺繍&プリントサービス 

実はママの強い味方!荷物が多くても様になる無印良品のリュック

気に入って買ったリュックは、自分らしいデザインに染めたくなるものです。しかし、思い描くイメージはあるのに、器用ではないからできないと諦めている人もいるのでは?無印良品には、オリジナルリュックを作るための店舗サービスがあります。賢く利用して、ずっと使いたくなるリュックにしませんか?

無印良品の刺繍工房では、好みのイラストや名前などを刺繍で入れるサービスを提供。内容によって料金が変わるため、用意されているマークを利用するのか、それとも自分のマークを入るのかなどを決めてから、注文しましょう。

また、刺繍のほかにもワッペンを作ることもできます。刺繍マークや好きな書体の字を入れて、オリジナルのワッペンを製作しましょう。ワッペン作りは、大人も楽しめる時間となるはず。

まとめ

無印良品のリュックは、カスタマイズ好きの人にはおすすめです。また、シンプルに大人ファッションをまとめてくれるアイテムとしても、使いやすいですよ。生地やカラーの違うさまざまなタイプのリュックが出ていますので、あなたのイメージに合うものを選んでみてくださいね。

<ライタープロフィール>
comorie編集部
青山 みく
所属:comorie編集部

川崎に住んでいる1児の母です。毎日、家事や子育てにバタバタしつつも、comorie編集部員として主婦目線でのお役立ち情報をキャッチするようにしています。