本文へジャンプします。


現在位置:> > > 花粉症対策:目のかゆみには「カモミールジャーマン」が効果的、家でできるハーブチンキの作り方

ライフスタイル

 

花粉症対策:目のかゆみには「カモミールジャーマン」が効果的、家でできるハーブチンキの作り方

花粉症の目のかゆみを和らげるハーブには「カモミールジャーマン」がおすすめです。ドライハーブを使用して成分を抽出してチンキを作り、ローションをコットンに含ませて使用すると目がスッキリします。家で簡単にできるハーブチンキの作り方をご紹介します。

花粉症の不快な目のかゆみをお薬以外で緩和できる?

花粉症対策:目のかゆみには「カモミールジャーマン」が効果的、家でできるハーブチンキの作り方

花粉症はスギやヒノキなど、植物の花粉が原因となっておこるアレルギー疾患のひとつです。くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの症状に悩まされる方が多いですが、わたしは目のかゆみをいつも強く感じます。清涼感のある目薬を使ったりしますが、もっと違う方法はないかな……と感じていました。

アロマセラピーをはじめてからは、かゆみを和らげる成分をもつ植物があることを知り、実際に使ってみて、症状が楽になりました。

では、かゆみを和らげるハーブには、どんなものがあるのでしょうか?

かゆみにはカモミールジャーマンがおすすめ でも精油を直接つけるのはNG

花粉症対策:目のかゆみには「カモミールジャーマン」が効果的、家でできるハーブチンキの作り方

かゆみを和らげる成分をもつ精油(エッセンシャルオイル)の代表格でもあるカモミールジャーマン。青色の「カマズレン」という成分が、かゆみを鎮めてくれます。

しかし、精油を直接目のまわりにつけるのは刺激が強いので、おだやかに作用するカモミールジャーマンウォーターを使います。

こちらは、精油を蒸留する際に採れる副産物で、ごく微量の精油成分はありますが、そのまま化粧水としても使用でき、赤ちゃんの保湿剤としても使用できます。

花粉症の目のかゆみにはハーブ成分を抽出したチンキを使います

花粉症対策:目のかゆみには「カモミールジャーマン」が効果的、家でできるハーブチンキの作り方

カモミールジャーマンウォーターのほかに、カモミールジャーマンのドライハーブを使用して成分を抽出してチンキを作り、ローションとして使用する方法もあります。

カモミールジャーマンはハーブティー用として手に入りやすく、手軽に作ることができます。

私は目のかゆみ緩和には、上記のカモミールジャーマンウォーターよりも、このハーブチンキを利用することが多いです。

カモミールジャーマンチンキの作りかた

花粉症対策:目のかゆみには「カモミールジャーマン」が効果的、家でできるハーブチンキの作り方

アルコールを使い、ハーブ成分の抽出をします。

◆用意するもの
・カモミールジャーマンのドライハーブ 10〜15g
・無水エタノール 80ml
・精製水 120ml

◆作り方
1、ガラス容器に、ドライハーブを入れます。
2、無水エタノールを入れます。
3、精製水を入れます。
4、時々容器を振りまぜながら、1カ月くらいそのままにしておきます。
5、ドライハーブを漉して、残った抽出液を遮光瓶に保存しておきます。
1〜2年くらい保存できます。

どう使うの?カモミールジャーマンチンキの使いかた

1、カモミールジャーマンチンキを精製水で5〜7倍くらいに希釈します(お肌の弱い方は薄めに希釈してください)。
2、コットンに含ませ、かゆみのある目元に2〜3分のせます。
ローションは化粧水としても使用できます。希釈したローションは2週間くらいで使い切ってください。


わが家の娘も目がかゆくなったときは使います。香りもよく、スッキリするようです。

今年の春は、ハーブでできる花粉症対策をぜひお試しくださいね。


〇ご注意
・キク科アレルギーの方は使用を控えてください。
・使用前にパッチテストをしてください。
・お肌の弱い方は、チンキを薄めに希釈してください。
・アロマ・ハーブは、専門店での購入をおすすめします。
・ハーブクラフトは、自己責任でのご使用をお願いします。

効果を保証するものではありませんのであらかじめご了承ください。

<ライタープロフィール>
アロマで叶える私らしいライフスタイル♪JAAアロマインストラクター
八木 美沙季
所属:日本アロマコーディネーター協会

女性特有のライフサイクルに沿い、女性ホルモンのバランスを考慮したアロマ+生活習慣ケアを提案。自然の恵みを活かしたビューティーエイジングをサポート。アロマクラフト・コスメのオリジナルレシピも多数。