本文へジャンプします。


現在位置:> > > [レビュー]シャープの自動調理鍋「ヘルシオ ホットクック KN-HT24B」は毎日の食事作りが劇的にラクになります

インテリア・雑貨

 

[レビュー]シャープの自動調理鍋「ヘルシオ ホットクック KN-HT24B」は毎日の食事作りが劇的にラクになります

共働き家庭の大変な家事の一つ「食事作り」。子供がいると「なんでもいい」というわけにはいかず、栄養バランスも考えなければなりませんよね。私も毎日ヘトヘトでしたが、シャープの「ヘルシオ ホットクック(KN-HT24B)」を使うようになってから、食事作りがラクになりました。今回ご紹介するのは、2016年12月に発売されたばかりの大容量タイプのホットクック(KN-HT24B)で、近年使った家電の中でもかなり満足度が高い製品です。

「ホットクック」=「ホットく」+「クッキング」

[レビュー]シャープの自動調理鍋「ヘルシオ ホットクック KN-HT24B」は毎日の食事作りが劇的にラクになります

「ホットクック」は、水を使わない無水料理ができる新しい調理家電。

かきまぜや火加減までも自動でコントロールしてくれるので、食材を切って調味料と一緒に鍋に入れるだけ。あとは放っておけば、自動でおいしい料理が出来上がっているという、夢のような家電です。

実際に使ってみると本当にラクで、さらに煮物などは自分で作るよりもおいしくできます。「ホットクック」は「ホットく」+「クッキング」の造語らしいのですが、本当にその通りでした。

初代モデル(KN-HT99A)は2015年に発売されていましたが、今まで購入に踏み切れなかったのは、容量が1.6Lと足りなかったから。

我が家は食べ盛りの子供が2人いる4人家族なので、1.6Lでは足りません。12月に発売されたKN-HT24Bは、容量が1.5倍の2.4Lになり、おかわりしても余裕で、明日のお弁当のぶんまでも一緒に作っておけるのです!

特長1:旨みドリップ加工

[レビュー]シャープの自動調理鍋「ヘルシオ ホットクック KN-HT24B」は毎日の食事作りが劇的にラクになります

「ホットクック」の大きな特長は、

1、内蓋にある丸い突起「旨みドリップ加工」
2、自動でかきまぜてくれる「まぜ技ユニット」
3、予約調理

です。

旨味ドリップ加工は、食材から出た蒸気をフタの内側の突起につたわせ、鍋に戻して対流させながら調理します。食材に含まれる水分を活用するのでおいしさがギュッと凝縮されるのです。

特長2:まぜ技ユニット

[レビュー]シャープの自動調理鍋「ヘルシオ ホットクック KN-HT24B」は毎日の食事作りが劇的にラクになります

タイミングをみて、2本の太い棒が飛び出る「まぜ技ユニット」は、むずかしいかきまぜも自動で行ってくれます。

無水調理は専用の鍋も売っていますが、火加減で失敗して焦げてしまったり、かき混ぜるときに崩れたりしてしまいがちですが、すべて自動でコントロールしてくれます。材料を入れるだけで手間をかけることなく、素材の水分のみで栄養たっぷりの料理ができるんですよ。

特長3:予約調理

[レビュー]シャープの自動調理鍋「ヘルシオ ホットクック KN-HT24B」は毎日の食事作りが劇的にラクになります

予約調理では、朝のうちに材料をセットして出かけることができます。腐らないように、最初に火を通してから、設定時間に合わせて仕上げの調理をします。帰る頃には、味が染み込んだできたての料理が食べられます。

最初に「無水カレー」を作ってみました

[レビュー]シャープの自動調理鍋「ヘルシオ ホットクック KN-HT24B」は毎日の食事作りが劇的にラクになります

[レビュー]シャープの自動調理鍋「ヘルシオ ホットクック KN-HT24B」は毎日の食事作りが劇的にラクになります

セロリなど、子どもに不人気の野菜もどっさり入れましたが、野菜の旨味と骨付き手羽元肉の出汁がよく混ざり合って大好評。皮も食べられる種なしぶどうを入れてみたところ、甘味が増してジューシー。無水カレーなので、水分はすべて野菜から出ており、栄養も豊富です。

次に、里芋とタコの煮物

[レビュー]シャープの自動調理鍋「ヘルシオ ホットクック KN-HT24B」は毎日の食事作りが劇的にラクになります

里芋とタコの煮物も、無水調理でできました。煮崩れすることなく、全体に味がしっかり染み込んでいます。自分で作るよりも上手にできて、少々ショックなくらいでした。最近は肉じゃがなどの煮物はホットクックにおまかせです。

大容量だからこそできる「丸ごと」料理!

[レビュー]シャープの自動調理鍋「ヘルシオ ホットクック KN-HT24B」は毎日の食事作りが劇的にラクになります

1.6Lタイプではできなかった料理もできるようになりました。

たとえば、コストコで購入した鶏(2kg)を丸ごと使った参鶏湯(サムゲタン)。朝鮮人参などをネットで購入し、もち米、クコの実などを入れて作ってみました。お肉がホロホロで、スープも出汁がよくでています。子供たちもやさしい味に大喜びでした。

[レビュー]シャープの自動調理鍋「ヘルシオ ホットクック KN-HT24B」は毎日の食事作りが劇的にラクになります

[レビュー]シャープの自動調理鍋「ヘルシオ ホットクック KN-HT24B」は毎日の食事作りが劇的にラクになります

キャベツも丸ごと一つ入ります。無水調理でキャベツのスープもできました。これも子供たちに大好評。甘いキャベツはいくらでも食べられるようです。

もう手放せない便利さ

今、野菜が高いので家計的には少々ツライのですが、子供たちが食べる野菜の消費量はぐんと増えて嬉しい限り。子供たちはパクパクとよく食べてくれるので、安心です。


圧力鍋ではないので時間が大幅に短縮されるということはありませんが、放ったらかしで料理してくれるので、その間に他のことができます。ホットクックはほぼ毎日使っているので、今はもう手放すことができません。

料理が苦手な方、共働きで忙しい方は、買って損はないと思います。特にお子さんがいらっしゃるのであれば、ぜひ2.4Lの大きい方を選んでください!

<ライタープロフィール>
家電プロレビュアー/ライター
石井和美
所属:comorieサポーター

白物家電や日用品の製品レビューを得意としているプロレビュアー。WEBや雑誌などで多数執筆中。家電blog(http://kaden-blog.net/」)管理人。