本文へジャンプします。


現在位置:> > > 【無印良品】壁につけられる家具(アルミタイプ)の取り付け方のコツ。洗面台を見せる収納に!

インテリア・雑貨

 

【無印良品】壁につけられる家具(アルミタイプ)の取り付け方のコツ。洗面台を見せる収納に!

こんにちは、整理収納コンサルタントのRIEです。無印良品の人気商品、「壁につけられる家具」にアルミタイプがあるって知っていましたか?見た目がカッコよく、水に強いのが特徴です。その取り付け方と、筆者宅のビフォー・アフターをご紹介します!

無印良品の「アルミシリーズ」

【無印良品】壁につけられる家具(アルミタイプ)の取り付け方のコツ。洗面台を見せる収納に!

無印良品の大人気の「壁に取り付ける家具」。石膏ボードの壁に収納や飾り棚が増やせるという、実用的かつおしゃれなアイテムですよね。特に木製棚は人気で、筆者宅でも飾り棚として大活躍しています。

実は、この「壁に取り付ける家具シリーズ」にアルミタイプがあるんです。上の写真はアルミタイプの「ポケット」。
アルミは木製と違って水に強いので、水まわりに最適!また見た目もかっこいいのでインテリアとしても楽しめます。

ただ、一般的な「壁に取り付ける家具」とは取り付け方が少し違っています。詳しく紹介したいと思います。

土台のパーツが多い

【無印良品】壁につけられる家具(アルミタイプ)の取り付け方のコツ。洗面台を見せる収納に!

開けてみると、細々したパーツが多めですね。木製タイプは押しピンのようなものが入っているだけですが、こちらは小さなピンが多いです。お子さんがいるご家庭では注意が必要ですね。
この他に、本体と取り付けガイド用紙も入っています。

ピンはしっかり奥まで刺すこと!

【無印良品】壁につけられる家具(アルミタイプ)の取り付け方のコツ。洗面台を見せる収納に!

まず取り付けたい位置にガイド用紙をしっかり貼り付け(マスキングテープがおすすめ)、フックの部品を取り付けていきます。フックもマスキングテープでしっかり固定しておくと、留めやすいです。

1つずつピンを刺していくのですが、しっかり奥まで刺し込むのが結構大変でした。壁の状態にもよりますが、押す角度などのコツを掴むのがポイントですね。また、しっかり平行になっているかどうか、その都度確認することも忘れずに。

本体を引っかけて完成!

【無印良品】壁につけられる家具(アルミタイプ)の取り付け方のコツ。洗面台を見せる収納に!

部品を取り付けたら、本体のポケットを引っ掛けて完成です。

清潔感もありますし、スッキリしたデザインがかっこいいですね!ポケット自体は上に持ち上げるだけで取り外せるので手入れもラクです。

この他にも棚や箱、コップ置き、ミラーがあります。シリーズで揃えるのも素敵ですね。

洗面台の“Before”

【無印良品】壁につけられる家具(アルミタイプ)の取り付け方のコツ。洗面台を見せる収納に!

これはポケットを取り付ける前の筆者宅の洗面台です。

洗面台って水滴が飛んだり、隅にホコリが溜まりやすいですよね。掃除のたびに歯ブラシ立てやケースをいちいち持ち上げるのがストレスでした。そこで、さっと拭けるよう、壁にポケットを取り付けて歯ブラシなどを入れたいと考えました。

洗面台“After”

【無印良品】壁につけられる家具(アルミタイプ)の取り付け方のコツ。洗面台を見せる収納に!

これが取り付けた後です。見た目もずいぶんスッキリしましたよね。
もう一つ付けて、2つつなぎにしています。ごちゃごちゃしたものを浮かせたことで隅までサッと拭けるようになりました!

このポケットは厚みがないので、あまり圧迫感がありません。深さもあるので、ものが落ちたりもありませんよ。
また、汚れが気になった時に水でザブザブ洗っていますが、汚れも落ちやすいですし傷もつきにくいです。
木製のタイプは洗えないので、アルミならではですよね。水まわりにはこのアルミシリーズが最適だと思います。


汚れやすいキッチンにつけるのもいいですし、洗濯機の近くに取り付けて洗剤の“ちょい置き用”にもおすすめ。
ただの壁が収納になるなんて大助かりですよね。石膏ボードの壁なら簡単に取り付けられますので、ぜひお試しください。

<ライタープロフィール>
整理収納コンサルタント
mujikko-rie
所属:comorieサポーター

好きな物は無印良品・グリーン・簡単DIY。「整理収納コンサルタント」「整理収納アドバイザー1級」の資格を生かし、収納とインテリアを両立させるアイデアを紹介しています。