本文へジャンプします。


現在位置:> > > 【裏技】レンジで50秒!トロトロ半熟卵の作り方

フード・レシピ

 

【裏技】レンジで50秒!トロトロ半熟卵の作り方

トロトロな半熟卵って、つくるのが難しくないですか?沸騰した湯で茹でる場合は、火の通り加減が難しいんですよね。そんな半熟卵がなんと、レンチン50秒でつくれちゃうんですよ。その裏技とも言える作り方をご紹介いたします。

トロトロな半熟卵を簡単につくります!

【裏技】レンジで50秒!トロトロ半熟卵の作り方

沸騰した湯で卵を茹でる場合、トロトロな半熟仕様につくるのが難しいものです。固くなってしまったり、逆に火が通らなさすぎて殻をむくのが大変だったり。

そんなハードルの高いトロトロ半熟卵を、いとも簡単につくれる【裏技】が存在するんですよ?用意するものは、コップまたはお椀(どちらもレンジ使用OKなもので)、卵、そしてラップです。さっそく、そのステップをご紹介いたします。

1.ラップを張って水を入れる

【裏技】レンジで50秒!トロトロ半熟卵の作り方

まずはラップを、中央にくぼみができるようゆる〜く張ります。できたくぼみに、小さじ1杯ほどの水を入れます。ラップをピンと張りすぎてしまうと、水や卵がこぼれてしまうので注意してください。指でラップをつついておくと、くぼみがつくりやすいですよ。

2.卵をそっと落とす

【裏技】レンジで50秒!トロトロ半熟卵の作り方

くぼみの水の上に、そっと卵を割り入れます。黄身が割れてしまわないよう、白身がこぼれてしまわないよう、優しく落としましょう。

3.レンジ600Wで50秒あたためる

【裏技】レンジで50秒!トロトロ半熟卵の作り方

ラップを上にかけずに、そのままの状態で電子レンジにいれ、600Wで50秒あたためます。これ以上長かったり、ワット数が大きいと卵が爆発する恐れがあるので気をつけてください。(あたためる際は、目を光らせて見張っているのが安心です。)

あたためている様子を見守っていると、卵がジュワーっと加熱されていく工程が面白いですよ。外側から中央に向かって徐々に熱が加わっていきます。あたため終わったあとは、すぐに出さずにレンジ内で10~20秒ほど置いておくと、全体に余熱が通り、表面が美しい仕上がりになりますよ。

あたため終わったものがこちらです。表面はうっすら生っぽく見えるのですが、ラップを取ってくるっとひっくり返します。すると、温泉卵のような趣にリバーシブル!

4.ひっくり返す

【裏技】レンジで50秒!トロトロ半熟卵の作り方

ジャジャン!ひっくり返したものがこちらです。温泉卵のような見た目にきちんと仕上がっていますよね。ラップでつくるので、余計な洗い物が増えないのも嬉しいポイントなのです。今回は茹でたうどんの上に乗せてみました。さぁ、気になる火の通り具合はどうでしょうか?

トロトロ半熟卵が簡単に!

【裏技】レンジで50秒!トロトロ半熟卵の作り方

お箸を入れてみると、この通り!見事、半熟仕様に仕上がりました。トロトロな黄身があふれて、うどんによくからみます。カルボナーラのような濃厚な味わいを、存分に嗜むことができました。

時間がない朝や昼、サラダやピザなどのトッピングにもオススメですよ。

見た目が華やかになるだけでなく、たんぱく質も取れるので一石二鳥です。レンジのあたため50秒でつくれれば、卵の消費量が増えそうですよね。とっても簡単なので、ぜひトライしてみてくださいね。トロトロ美味しい半熟卵で、ご飯タイムを充実させましょう!

<ライタープロフィール>
WEBクリエイター・(株)タップス代表取締役
kansugi (姜 淑伊)
所属:comorieサポーター

WEBクリエイター・(株)タップス代表取締役。衣食住+aのアイデアを提案する記事を多数執筆しています。得意なジャンルは100均活用術や簡単で美味しいレシピetc...!