本文へジャンプします。


現在位置:> > > セブンイレブンのおにぎりが人気の秘密は?フェアや人気の具を大調査!

フード・レシピ

 

セブンイレブンのおにぎりが人気の秘密は?フェアや人気の具を大調査!

みなさん一度はセブンイレブンのおにぎりを買ったことがあるのではないでしょうか?セブンイレブンのおにぎりは、会社の昼食用や、家族での行楽用などさまざまな用途で使えるのに加えて、お手頃な価格でとても美味しいことが魅力です。そんなセブンイレブンのおにぎりにはいったいどんな秘密があるのでしょうか?セブンイレブンのおにぎりの歴史から商品の特徴まで詳しくご紹介していきましょう。

セブンのおにぎりが人気の理由は?

セブンイレブンのおにぎりが人気の秘密は?フェアや人気の具を大調査!

セブンイレブンの商品の中でも圧倒的な人気を誇っているおにぎり。定番の具から、高級な素材にこだわったシリーズまで、いくつかのラインナップがありますのでご紹介します。

まず、手巻おにぎりシリーズ。こちらは、定番のおかかやしゃけ、日高昆布などの具材がはいったおにぎりです。のりは食べる直前で巻くタイプなのでいつでもパリッとした食感を楽しむことができます。

いつ食べても飽きのこない定番のおにぎりとして大人気のシリーズ。次に、最初からのりを巻いているタイプの直巻おむすびです。白米とのりがしっとりとした食感を生み出していて、中の具材と自然に混ざり合うような味わいです。

特におすすめなのが、鶏五目ごはん。味の染み込んだ五目ごはんと、しっとりとしたのりの風味が絶妙にマッチしています。

セブンイレブンのおにぎりが人気の秘密は?フェアや人気の具を大調査!

また「金のおむすび」と呼ばれているシリーズも人気。こだわりのある素材を使ったプレミアム感たっぷりのこのシリーズは、ちょっと贅沢な気分を味わいたいときにおすすめです。中でも炭火で炙った紅鮭はらみは、ふっくらとしたご飯に濃厚な紅鮭はらみが混ざり合って、とても高級感あふれる味わいとなっています。

セブンイレブンのおにぎりが人気の秘密は?フェアや人気の具を大調査!

その他にも、しらすむすびや焼き豚チャーハン、オムライスおむすびなど、ごはんを使ったメニューをそのままおむすびにアレンジした商品も人気。特に、せいろを使って蒸した赤飯おこわおむすびは、もち米のもっちりとした食感を忠実に再現していて、根強い人気を誇っている1品です。

こういった種類豊富なおにぎりをお手頃価格で楽しむことができるのが、セブンのおにぎりの最大の特徴。

また、セブンイレブンは、行楽シーズンなどを中心におにぎり・寿司税込み100円セールを実施しています。おむすび
をワンコインで買えるということで、普段食べたことがない種類まで買い占めることもできる大きなチャンスです。

気になる栄養価!セブンイレブンの塩分はどれくらい?

セブンイレブンのおにぎりが人気の秘密は?フェアや人気の具を大調査!

おにぎりといえば、一番気になるのが塩分。その他にも栄養価やカロリーが気になっている人も少なくないのでは?ここでは、セブンイレブンのおにぎりの気になる塩分や、栄養価についてご紹介していきましょう。

セブンイレブンのおにぎりには、きちんと栄養分表示がされていますが、食塩の含有量は表示されていません。栄養表示は、健康増進法にある栄養成分基準に従って表示されており、熱量、脂質、炭水化物、ナトリウム、たんぱく質の表示に統一されています。

実は、血圧上昇など体に影響を与えるのは食塩ではなく、ナトリウムということがわかってきているため、セブンイレブンではナトリウム量を表示するようにルール化されているのです。

ただし、ナトリウムの量から食塩の量を算出することが可能。ナトリウムの値×2.54/1000で食塩相当量を算出することができるので、高血圧などで塩分量が気になる人は計算してみるとよいでしょう。

それでは、セブンイレブンのおにぎりのカロリーや栄養価はどのようになっているのでしょうか?

基本的には、おにぎりの裏面に詳細情報を印字したシールが貼ってあるのでそこを確認することで、カロリーや栄養価を知ることができます。

カロリーや栄養価が気になる人は、購入する前に必ず裏面のシールの内容を確認するようにしましょう。さっそくいくつかの代表的なアイテムの数値を見ていきます。

まずは、定番の手巻きおにぎり、紅鮭。こちらのカロリーは188kcalとなっており、ごはんをお茶碗に軽く一膳分くらいのカロリーです。

たんぱく質は5.2g、脂質は1.3g、炭水化物は38.8g、食塩相当量は0.9g。また、シンプルな塩むすびは、カロリーが190kcal、たんぱく質が2.8g、脂質が0.6g、炭水化物43.3%、食塩相当量が1.1gとなっています。

プレミアムシリーズの、金のおむすびのいくらは、カロリーが175kcal。たんぱく質が5.0g、脂質が1.0g、炭水化物36.6%、食塩相当量が0.9gとなっています。

これらは一例で、入っている具材やお米の量などによって各項目の数値は変動するので、選ぶ時にそれぞれの表示をみることが大切です。

もし、栄養価が気になるようなら、必要な栄養が含まれている具を使ったおにぎりを購入するように心がけでみましょう。

例えば、たんぱく質をもっとたくさん摂取したいと考えているなら、のりが巻いてあるタイプを選ぶことをおすすめします。

また、気になる塩分量ですが、厚生労働省が発表している栄養摂取基準による成人男性の1日のナトリウムの食塩相当量が、8gとなっているので塩分量が高すぎるということはありません。

今まで行われたおにぎりのフェアってどんなもの?

セブンイレブンのおにぎりが人気の秘密は?フェアや人気の具を大調査!

「おにぎり全品100円」という、うたい文句をTVのCMなどで耳にしたことがあるのではないでしょうか?セブンイレブンは、これまでたくさんのおにぎりフェアを開催しているので、その一例をご紹介しましょう。


セブンイレブンのおにぎりが人気の秘密は?フェアや人気の具を大調査!

おにぎり全品100円といううたい文句をTVのCMなどで耳にしたことがあるのではないでしょうか?セブンイレブンは、これまでたくさんのおにぎりフェアを開催しているので、その一例をご紹介しましょう。

ある年のセブンイレブンのおにぎりフェア開催の日程ですが、3月20日から3月24日、4月29日から5月6日、6月2日から6月7日、7月10日から7月14日、8月1日から8月5日、9月5日から9月9日、11月19日から11月23日、12月4日から12月8日となっています。

傾向的には、ほぼ毎月のように実施していますが、大型連休にあわせて実施することが多いようです。また、新生活などにあわせたセールは、通常より長めの1週間で設定されることが多いようでした。

事前の告知に関しては、公式なものはなく、直前のTVのCMや店頭のチラシなどがメインとなっています。お得な情報ですが、きちんとチェックしておかないと短い期間のキャンペーンだと見逃してしまうこともあるので注意が必要です。

いつもなら、100円以上するおにぎりが100円になるということは、たくさん買えば買うだけお得になります。

ちょっと家事を楽したいとき、おにぎりを持ってお出かけしたいときなど、こういったお得なセールを賢く利用するようにしましょう。

たゆまぬ企業努力でセブンイレブンの人気商品に!

セブンイレブンのおにぎりが人気の秘密は?フェアや人気の具を大調査!

セブンイレブンのおにぎりがここまで圧倒的な人気を誇る商品に成長したのには、理由があります。セブンイレブンのおにぎりの人気の裏には、たゆまぬ企業努力があるのでそれらを歴史もまじえながらご紹介しましょう。

セブンイレブンのおにぎりが販売されたのが、いまから約40年前。鈴木会長によって提案されましたが、当時は家庭で作れるものという理由で大反対を受けました。

そこで、さまざまなアイディアを考案し続け、現在のセブンイレブンの大人気商品として今でも君臨しています。

成長過程において、いつでも作り立てのおにぎりを楽しめるようにと、パリっ子フィルム、パラシュート式手巻きおにぎり、ワンハンド式おにぎりなどを次々と開発していきました。

また、おにぎりの中身もどんどん進化しています。精米方式を変えたり、有明海産のノリを採用したりと細部にもこだわりを盛り込んでいます。

また、バブル崩壊後、価格よりも価値のあるものをというテーマでこだわりおむすびと作成しました。素材の調達も1社だけではなく、多くの企業を競争させることでよりよい安全なものだけにこだわっていることもセブンイレブンならではの特徴です。

年間にすると1社で1000種類以上もの試作品を考案し、それらを吟味して発売されたおにぎりは特別なものといえるでしょう。セブンイレブンはこういったたゆまぬ企業努力を続け、毎年7%の売り上げ増を実現しています。

セブンイレブンのおにぎりが人気の秘密は?フェアや人気の具を大調査!

セブンイレブンに行くと、何気なく買っているおにぎりですが、実は長い歴史とたゆまぬ企業努力が詰まった商品です。安心安全にこだわり、たくさんの人においしいおにぎりを食べてもらいたいという企業の思いを感じることができますよね。

また、おにぎりをお得に購入できるフェアもカレンダーにあわせて企画されているので、こういった機会を利用して今まで食べたことのないおにぎりに挑戦してみてはいかがでしょうか?

<ライタープロフィール>
comorie編集部
三浦 彩子
所属:comorie編集部

東京に住む食べることが大好きな主婦です。子供2人の子育て中で、家に帰れば家族優先になってしまうので、平日の仕事の合間のランチを自分の時間として大事にしています。