本文へジャンプします。


現在位置:> > > マイカー所持者は必見!自動車保険料は抑えられる!

ライフスタイル

 

マイカー所持者は必見!自動車保険料は抑えられる!

長年ゴールド免許の人は、無駄に思えて自動車保険が高く感じることでしょう。しかし、今まで無事故だったからといって、これからも事故と無関係とは限りません。運転する人にとって自動車保険は必要なものなので、何とか節約する方向で考えましょう。

代理店型からダイレクト型に変更する

マイカー所持者は必見!自動車保険料は抑えられる!

自動車保険は整備工場などで加入する代理店型と、電話やインターネットやなどで直接保険会社と契約をするダイレクト型に分類できます。今までは車を購入したお店で加入する代理店型が主流でしたが、店舗運営の経費などが削減できるダイレクト型の人気が高まっています。ダイレクト型に変更すると保険料が数万円も安くなるケースもあるので、自動車保険料を節約するのなら、ダイレクト型に見積もり依頼をしてみましょう。

古い車であれば車両保険を見直してみる

自動車保険料の半分以上が、車両保険によるものとされています。年数が経って車の価値が下がっているのならば、車両保険を外してみることを考えてみてはどうでしょうか。事故が起きて車が壊れた時は費用を全て自分で出すことになりますが、修理代が高かったら次の車に買い換えると思える人であれば、問題ないでしょう。

契約内容の運転する人を限定する

自動車保険料は、年齢条件や運転者の範囲によって大きく変わります。年齢が高くて運転する人が限定されているほど保険料が安くなりますので、普段運転するのが誰なのかを良く考えてみましょう。現在の保険の内容よりも、年齢を高くしたり運転する人を限定しても大丈夫であれば、保険料を節約することができます。子供が独立して家族構成が変わった時も、自動車保険の契約内容を見直すチャンスです。

車の用途や走行距離を考えてみましょう

転職や引越しによって生活様式が変わった時も、自動車保険の契約内容を見直してみましょう。契約内容の使用目的は3つに分類されていますが、日常・レジャーが一番保険料が安く、業務が最も保険料が高く設定されています。走行距離についても、あまり走らない人ほど保険料が安くできる保険もありますので、自分の運転内容を思い出して保険料を安くするようにしましょう。

保険会社を変更したり保険内容を見直すことで、毎年の自動車保険料を節約することができます。何も考えずに契約したり契約を更新している人が多いので、契約書の内容を確認して無駄な内容がないか調べてみましょう。

<ライタープロフィール>
comorie編集部
野田アヤカ
所属:comorie編集部

comorieの編集部員です。3児の母。首都圏郊外に住宅を購入。元気な子供たちに振り回されながら、日々の生活に奔走中。時短、片付、効率、収納、節約、教育、ガーデニングに興味あり。