本文へジャンプします。


現在位置:> > > 米や粉もの保存に!おすすめの保存容器がOXO(オクソー)のポップコンテナである6つの理由

整理・収納

 

米や粉もの保存に!おすすめの保存容器がOXO(オクソー)のポップコンテナである6つの理由

皆さんのおうちでは小麦粉や片栗粉などの粉ものの保存、どうしてますか?冷蔵庫に入れたいけど、場所がない!って方も多いのでは?正しい保存方法を知れば、冷蔵庫に入れなくても大丈夫!その上、使いやすい入れ物選びでお料理もさらにスムーズに!我が家の粉もの管理術をお伝えします。

まずは粉ものの保存について学ぼう!日清製粉さんのHPを覗いてみました

米や粉もの保存に!おすすめの保存容器がOXO(オクソー)のポップコンテナである6つの理由

こんにちは、お料理は苦手だけどキッチン収納を考えるのは大好きなichigoです。
粉ものの保存方法について考えていたときの事、「餅は餅屋」ということで日清製粉さんのHPにお邪魔しました。

そしたら、やっぱりありました。小麦粉の保存についての注意書き!


▼保存するときの注意

小麦粉は、ニオイを吸着しやすい性質をもっているので、ニオイの強いものの近くで保存しないようにしましょう。

また、小麦粉は湿気に敏感です。保存するときは、涼しい、乾燥した場所を選んでください。穀物を好む虫が外部から侵入する可能性もありますので、きちんと密封して保存しましょう。

冷蔵庫での保管は、結露による固まりやカビの発生、冷蔵庫内のにおいがうつってしまうことがありますので、おすすめはしておりません。

薄力粉・中力粉が約1年、強力粉は約6カ月が目安となります。賞味期限内はおいしくご使用いただけますが、上手に保存することが大切です。また、開封後はできるだけ早く使い切るようにしましょう。

日清製粉のHPより抜粋)


フムフム……小麦粉には湿気が大敵!
そして害虫の侵入を防ぐためにはしっかり密閉することが大事というわけですね。

以上を踏まえて、次は保存容器について考えます。

保存容器を選ぶポイントは3つ!密閉性、容量、そして便利さ!

それでは、粉もの保存の注意点を踏まえたうえでの保存容器選びのポイントを考えてみます。


1、 密閉性

日清製粉さんの注意書きからもわかる様に、粉ものの保存容器には密閉性の高いものが必須条件!
小麦粉に侵入する害虫は粉ダニという小麦粉と見分けがつかないような本当に小さな小さな虫ですから。

2、 中身を丸ごと移せる容量のもの
スーパーに売っている小麦粉やお好み焼き粉、たこ焼き粉…粉もの類は結構大きい袋に入っていますよね。

中途半端に移して開封した状態のものが残ってしまうと、そちらの管理もしないといけなくなります。丸ごと入れてしまえる大きさの保存容器ならストックスペースも減らせますよ。

3、 片手で開け閉めできること
お料理中は手がふさがっていることがしばしば。片手で開け閉めできる場所と保存容器を選べば、お料理の流れを邪魔することがありません。

私がOXOのポップコンテナをおすすめするワケ

米や粉もの保存に!おすすめの保存容器がOXO(オクソー)のポップコンテナである6つの理由

以上の3つの条件を全て満たす保存容器、私のおすすめはOXOのポップコンテナです。理由は6つ。

1)サイズが豊富で入れるものや収納場所に合わせて選べる。
ポップコンテナは、大きさが3種類、高さが4種類あり、ジャーも合わせると全部で13サイズで展開されています。

2)片手でポン!の簡単開閉
真ん中の丸いところを押すとポンと上がってきて、持ち手になります。側面は指をかけやすい曲線になっているので蓋も持ち上げやすいんです。

3)角型だから無駄なスペースができず、スタッキングも可能。蓋のふちが少し持ち上がっている仕様になっていて、積み重ねても安定しています。同じ保存容器がズラッと並んだ収納は眺めていたくなりますよ^^

4)樹脂製で落としても割れる心配無し!
お料理中って手が濡れていたりして、つい落としてしまうこともありますよね。ガラス容器は欠けたり割れたりする心配もありますが、OXOのポップコンテナは樹脂製なのでそう簡単には割れません!

5)口が大きい
小麦粉などの粉類をすくうとき、口が小さいと手に粉が付いてしまいます。男性の大きな手でもそのまま入るポップコンテナは私だけでなく夫も使いやすいと絶賛しています。

6)蓋は4つに分解して内側も洗える!
一見複雑そうに思えるポップコンテナの蓋ですが、パッキンを含め4つのパーツに分解できます。本体は見ての通り角が丸くなった箱型なので簡単に洗えて、乾きも早いです。

ちなみに我が家では、ステンレス製レクタングルの高さ16cmのショートと8cmのスモールの2種類を使っています。

ショートには小麦粉・たこ焼き粉(お好み焼き粉)・ホットケーキミックス・昆布、スモールには片栗粉を入れています。



▼OXOのポップコンテナとは(編集部追記)

・片手でワンタッチ操作で簡単に開閉できる食品用保存容器

フタの真ん中についているボタンを押すだけで開き、ボタンをそのままハンドルとして使え、閉める際にはボタンを押すだけのワンタッチ操作で密閉が可能です。フタの形が異なる容器でもきれいにスタッキング(積み重ねて収納)ができます。スクエア形状の容器は省スペースで収納できるだけでなく、掴みやすく中身を注ぎやすいのが特徴です。


・最小限のスペースで積み重ねて収納が可能

フタの形が異なる容器でもきれいにスタッキング(積み重ねて収納)ができます。


▼サイズ(全12サイズ)

・広さ:3種類(?スモールスクエア、?レクタングル、?レクタングル)
・高さ:4種類(トール/32cm ミディアム/24cm ショート/16cm ミニ/8cm )


?スモールスクエアの例

・「ショート0.9L」塩1kg/パン粉180g/コーヒー300g/昆布80g
・「ミディアム1.4L」そうめん300g
・「トール2.0L」そば400g/パスタ450g

?レクタングル
・「ミニ0.5L」片栗粉250g/大豆250g
・「ショート1.4L」砂糖1kg/コーヒー豆400g/煮干250g/お米1kg

?レクタングル
・「ショート2.3L」小麦粉1kg/花かつお100g/お米2kg/ドッグフード1kg


さらに湿気対策!soilのドライングブロックで完全武装!

米や粉もの保存に!おすすめの保存容器がOXO(オクソー)のポップコンテナである6つの理由

密閉性を確保したら、次は湿気対策!ということで、コンテナの中をお見せします。

OXOのポップコンテナに小麦粉などを(できるだけ)袋ごと入れ、soilのドライングブロックを袋の外側と内側に入れて完全武装してあります。

除湿剤はシリカゲルなどでも問題ありませんが、私のおすすめはこのsoilのドライングブロック!吸湿性の高い自然素材、珪藻土でつくられたものです。

しっかり素早く湿気を吸い取って、乾かせば何度でも繰り返し使えます。安心な自然素材なうえにエコですよね。

保存場所は湿度の低いところを選びましょう

米や粉もの保存に!おすすめの保存容器がOXO(オクソー)のポップコンテナである6つの理由

最後に保存場所ですが、キッチンで湿度の低いところってどこでしょうか?
上にいくほど空気は乾くので、吊戸棚があるキッチンなら頭上の取りやすいところがいいかもしれません。

吊戸棚が無い我が家ではとりあえず湿度が高そうなシンク下や食洗機周りを避けて、コンロの足元の引出しに置いています。

これだけ保存容器で湿気対策をしてあるので特に問題はありません。袋ごといれて横からは残念な見た目も上からなら見えるのはお気に入りの蓋だけというわけです。

もちろん蓋には中見を見分けるためのラベリングをしてあります。プラスでマスキングテープに開封日を書いておけば消費の目安にもなりますよ。ホットケーキミックスの容器には材料のメモを書いて貼ったりも。

この場所は調理スペースの真横なので右手1つで引出し開けて、取り出して、蓋ももちろん片手でポン!一緒に使う計量スプーンも隣りに置いておけば、お料理の流れもスムーズです。

このOXOのポップコンテナ、蓋はステンレス製の他に樹脂製のホワイトやレッドもありますよ。お気に召した方は、ぜひキッチンの雰囲気やお好みに合わせて選んでくださいね^^


<ライタープロフィール>
「ぽかぽか日和」で夫婦二人暮らしのインテリア・収納記事を発信中。
ichigo
所属:comorieサポーター

綺麗好きでこだわりの多い夫とズボラで適当な妻が心地よい暮らしを目指して、大阪の小さな小さな一戸建てにて日々奮闘しています。