本文へジャンプします。


現在位置:> > > 隙間掃除の便利グッズ!「両面ブラシ」の使い方のコツ【プロの掃除術】

掃除・洗濯

 

隙間掃除の便利グッズ!「両面ブラシ」の使い方のコツ【プロの掃除術】

こんにちは!三度の飯より掃除が好き、おそうじペコです。
掃除用ブラシというと古歯ブラシかお風呂掃除用の大きいブラシを想像しますが、一本あると便利なのが両面ブラシです。
両面ブラシとは、固めでV字カットになっているブラシと、柔らかくて長めのブラシが両方向についているブラシです。100円ショップにもありますし、ホームセンターで本格的なものも販売しています。
この一本で掃除の幅が広がります。今日はそんな両面ブラシの活用術を紹介します。

私が愛用しているのはこちら!

隙間掃除の便利グッズ!「両面ブラシ」の使い方のコツ【プロの掃除術】

ホームセンターなどで売っている本格的なものを私は愛用しています。両面ブラシタイプのものは100円ショップなどでもいろいろ売っているのでお好みで選んでみてください。

固めのブラシ活用方法

隙間掃除の便利グッズ!「両面ブラシ」の使い方のコツ【プロの掃除術】

V字カットになっている固めのブラシはお風呂場の排水口の縁や、細かい溝が沢山ある排水口のフタなどブラシの先が細くなっているので上手に掻き出すことができます。

隙間掃除の便利グッズ!「両面ブラシ」の使い方のコツ【プロの掃除術】

キッチンタイルの目地や、お風呂場タイルの溝などにもブラシが固くしっかりブラッシングすることができて使いやすいです。

柔らかめブラシの活用方法

隙間掃除の便利グッズ!「両面ブラシ」の使い方のコツ【プロの掃除術】

柔らかめブラシは、毛先が長いのでドアのレールやサッシ窓の溝部分の角の汚れを掻き出すのに便利です。濡らしてもよいですし、乾いた状態だとミニ箒のようにも使えます。

隙間掃除の便利グッズ!「両面ブラシ」の使い方のコツ【プロの掃除術】

お風呂のドアの格子状になっている通気口も、毛先が長いので中に入り込んでいるほこりも上手に掻き出せます。

上手なブラシの使い方のポイント

隙間掃除の便利グッズ!「両面ブラシ」の使い方のコツ【プロの掃除術】

ブラシを使うときは、力を入れすぎると毛先が寝てしまいます。かるくあてるようにする方が画像右のように毛先が立って汚れに直角に触れ効率よくブラシをかけることができます。ついつい力を入れてこすりがちですが、毛先を意識して軽くあてるようにしてブラッシングしてみてください。

隙間掃除の便利グッズ!「両面ブラシ」の使い方のコツ【プロの掃除術】

より細かい部分にしっかりブラシを当てたい時は、ブラシの根元をもって毛先だけをあてるようにすると力加減が程よく入り、毛先がバラバラせず扱いやすくなります。

隙間掃除の便利グッズ!「両面ブラシ」の使い方のコツ【プロの掃除術】

このブラシ一つでいろんな場所のお掃除をすることができますし、使い方を少し工夫するだけで、上手にブラシを扱うことができます。
どこのメーカーのブラシが使いやすいか、いろいろ買って試してみるのも面白いですよ!

<ライタープロフィール>
掃除研究家 ハウスキーピングコーディネーター2級 掃除能力検定士5級
おそうじペコ
所属:comorieサポーター

三度の飯より掃除が好き。掃除スケジュールのルーチンがなければ一日が始まりません。ストイックに掃除道を追求する毎日を送っております。