本文へジャンプします。


現在位置:> > > 料理の時のガス使用量減らすには?ほんのひと手間で減らせます!

ライフスタイル

 

料理の時のガス使用量減らすには?ほんのひと手間で減らせます!

料理をしている時は、ガス代のことなどあまり気にならないと思いますが、ガス代も節約しないと家計を改善することができません。ガス代を節約する方法をしっかりと理解して、料理の仕方を改善するようにしましょう。

底のぬれているやかんや鍋を火にかけない

料理の時のガス使用量減らすには?ほんのひと手間で減らせます!

やかんや鍋の底がぬれたままコンロにかけると、底についた水のせいで余計なガス代がかかってしまいます。やかんや鍋の底を一度拭いてから、火にかけるようにしましょう。そして、フタのあるものは、フタをして火にかけてください。フタをしないと熱が外に逃げてしまいますので、フタをして熱を外に逃がさずに効率的にあたためましょう。ガス代を節約するためには、効率的にあたためることが大切です。

強火を使い過ぎるとガス代が高くなる

コンロの火を強くし過ぎると、やかんや鍋から火がはみ出してしまいます。はみ出した火は、やかんなどをあたためることはありませんので、ガス代を無駄にしています。火力を抑えて、火がはみ出さないようにしてあたためましょう。時間がかかるように思えても、強火であたためるのと同じくらいの時間です。料理の内容によっては強火を使い過ぎると、味が落ちてしまうものもありますので、やたらと強火にしないようにしましょう。

調理器具の特徴をいかした使い方をする

フライパンや圧力鍋などの特徴をいかした使い方をすることで、ガス代を節約することができます。フライパンは、うどんやパスタなどの麺類をゆでるのに最適な道具です。底が広いフライパンは炎の熱を無駄にしないで、効率良くお湯を沸かすことができます。圧力鍋を持っているのならば、炊飯や煮物を作る時に使ってみてください。今までよりも短い調理時間で、調理をすることができるでしょう。

何でもガスで調理せずに電子レンジも使う

野菜を下茹でしたい時は、電子レンジを使いましょう。電子レンジで消費する電気代の方が安いですし、調理する時間も短縮できます。ラップなどで野菜を包んで、電子レンジであたためてください。冷凍してあるものを加熱する時も、まず電子レンジで解凍するようにしましょう。全ての調理をガスでするのではなく電子レンジも使うことで、安くて早く調理をすることができます。

今までの料理方法を変えるのは大変かもしれませんが、すぐに慣れて何も考えなくてもできるようになります。料理の時にガス代を節約する方法を活用して、家計を楽にしてください。

<ライタープロフィール>
comorie編集部
野田アヤカ
所属:comorie編集部

comorieの編集部員です。3児の母。首都圏郊外に住宅を購入。元気な子供たちに振り回されながら、日々の生活に奔走中。時短、片付、効率、収納、節約、教育、ガーデニングに興味あり。