本文へジャンプします。


現在位置:> > > スキレットの簡単お手入れ シーズニングの方法を紹介します

インテリア・雑貨

 

スキレットの簡単お手入れ シーズニングの方法を紹介します

素材のうまみを引き出す、魔法のフライパンとして大人気のスキレット。手頃な価格で手に入るものもあり「つい買っちゃった!」という人も多いでしょう。お気に入りのスキレットをいつまでも気持ちよく使うための簡単お手入れ方法とシーズニングの方法を解説します。

「料理がおいしすぎる」とスキレット人気急上昇中!

スキレットの簡単お手入れ シーズニングの方法を紹介します

スキレットは近年アウトドアで人気の「ダッチオーブン」の一種で、言い換えれば鉄製のフライパンです。本体が分厚いことから高い蓄熱性があり、食材にじっくり火を通すのに優れた調理器具として、アウトドアだけでなく、キッチンで利用する人が急増しているとか。


スキレットは、テフロンなどでコーティングされていない、鉄そのものの特長を生かした調理器具なので、わずかな水分ですぐにさびてしまいます。長く愛用するためには、購入後はじめて使う前の処理と、調理使用後のお手入れが欠かせません。

スキレットを買ったらまず「シーズニング」をしましょう

スキレットの簡単お手入れ シーズニングの方法を紹介します

新品のスキレットを手に入れたら「シーズニング」と呼ばれる処理を行います。


まず、スキレットに水を入れて火にかけます。少し温まったら火からおろし、洗剤を使って製造時に塗られているさび止めワックスをしっかり取り除きます。


次に再び火にかけて、水分を飛ばし、残ったワックスが気化するように、煙が出るまで加熱します。できるだけ全体が黒くなるまで、しっかり焼いてください。持ち手もアツアツになるので、ミトンなどを使ってくださいね。

スキレットの簡単お手入れ シーズニングの方法を紹介します

しっかり焼けたら火から降ろし、オリーブ油など塩分の入っていない油を全体に薄くのばします。そして再度火にかけ、煙が出るまで焼きます。この作業を数回繰り返して、油の被膜をしっかり作ります。最後にセロリの葉などの香味野菜を入れて焼き付けておくと、野菜の成分でより焦げ付きにくくなるそうです。

LODGE(ロッジ)製のスキレットなど、すでにシーズニングされた状態で販売されているものもありますので、事前の処理が必要かどうかは、購入したスキレットの説明書などで確認してください。

調理後のメンテナンスは必須!長く使うためのコツと作業

スキレットの簡単お手入れ シーズニングの方法を紹介します

次にスキレットを使ったあとのお手入れ方法を確認しておきましょう。


使用後はお水でジュワーっと洗いたいところですが、ここで注意!アツアツのスキレットを急に冷たい水に当てると「ひび」が入ったり、最悪のケースでは割れてしまったりします。使ったあとはお湯とたわしで汚れを洗い流すようにします。

スキレットの簡単お手入れ シーズニングの方法を紹介します

また、洗剤を使うのは厳禁です。スキレットは油の被膜が重なることで、より使いやすくおいしく調理できるようになります。貴重な被膜を洗剤で洗い流してはいけません。


お湯でキレイにしたら、火にかけて全体の水分をしっかり飛ばします。その後、オリーブオイルを薄く塗り込み、自然に冷ましてお手入れ完了です。しばらく使わないときは、水分から守るために、新聞紙でくるんで保管すると良いです。

スキレットの簡単お手入れ シーズニングの方法を紹介します

なお、保管しておいたスキレットを「すごく久しぶりに使う」場合は、保護のために塗っておいた油が酸化しているため、使用前にお湯で洗い流してください。その後熱して水分を飛ばしてから、調理をはじめましょう。


スキレットはメンテナンスが必要ですが、おいしく調理できますし、ふたを組み合わせるといろいろな使い方が可能です。アウトドアから家庭料理までいろんな調理に利用できるスキレットを、きっちりお手入れして楽しみましょう!

<ライタープロフィール>
暮らしを楽しむフリーランスライター/エディター
鈴木真弓
所属:comorieサポーター

仕事時間と家庭時間のバランスをとりながら、自宅を拠点に執筆活動しています。