本文へジャンプします。


現在位置:> > > 女性の大敵、冷え性をやっつけよう!あったかドリンクと腹巻&靴下のススメ

ライフスタイル

 

女性の大敵、冷え性をやっつけよう!あったかドリンクと腹巻&靴下のススメ

だんだんと秋が深まり、そろそろ寒さを感じ始める季節になります。
そうなると気を付けたいのが、女性にとって大敵ともいえる「冷え」。体が冷えると血行が悪くなり、生理痛や肩こりがひどくなったり、肌荒れや不眠を引き起こします。そこで今回は私ichigoが実践している冷え性対策をご紹介したいと思います。体を中から外から温めて、ほっこりしちゃいましょう!

まずは体を中から温める!効果いっぱいおすすめ柚子&生姜ドリンク!

女性の大敵、冷え性をやっつけよう!あったかドリンクと腹巻&靴下のススメ

皆さんは体を中から温める食べ物というと何を思い浮かべますか? 生姜を一番に思い浮かべる人も多いはず。
でも毎回すりおろすのが面倒だったり、生姜の味が苦手…という人は多いのではないでしょうか。そこで手軽に生姜を取れて、とっても美味しいドリンクをご紹介したいと思います!

我が家で毎年この季節に登場するうちカフェメニュー、ゆず茶。スーパーにも柚子ピールをはちみつ漬けにした瓶づめがたくさん並んでいます。柚子だけでも冷えを抑えたり、ビタミンを多く含んでいるので肌荒れを防いでくれる効果がありますが、加えてはちみつの保湿効果や疲労回復効果まで一緒についてきます。

この柚子のはちみつ漬けをスプーンに1・2杯カップに入れて、お湯を注ぐだけのお手軽ドリンクです。喉が痛い…という時にも効きますよ^^

そしてここに生姜を入れるとさらに美味しくなるんです。生姜の味が苦手という方にも楽しんでいただけます。(私自身が生姜が苦手ですから。)

生姜のすりおろしをお好みで少々入れて混ぜるだけ。すりおろすのが面倒ならチューブで売られているものを使えばいいんです!チューブを絞って1cmぐらいからお好みで調整してみてください。

とっても簡単で効果いっぱいのあったかドリンクの出来上がりです!

インナーで温めて、秋のおしゃれを楽しもう!

女性の大敵、冷え性をやっつけよう!あったかドリンクと腹巻&靴下のススメ

秋はやっぱりおしゃれの季節ですよね。暑くもなく、寒くもないからおしゃれを思いっきり楽しめます。その分ちょっと気を抜いてしまうのが、冷え対策。ヒールを履いたりロールアップで冷えた足首、まだ寒くないからと無防備なお腹周りはおしゃれを邪魔しないアイテムで温めましょう!

まずは女性にとって一番冷えの影響を受けやすいお腹周り。特に子宮は冷えに弱いんです。冷えて血行が悪くなると、生理痛がひどくなったり、PMS(月経前症候群)にも影響が出てきます。

まだ長袖の防寒インナーを着るほどではないこの季節はお腹周りだけを温めてくれる腹巻がお勧めです。腹巻というと「ダサい!」というイメージがあるかもしれませんが、最近はとっても可愛くておしゃれな腹巻がたくさんありますよ^^

私が最近買った腹巻は発熱効果のある生地で作られているチューブタイプで、自由に長さを決められるものです。
胸下からお尻まですっぽり包んでくれる長さに切ってもらいました。

おまけでかわいいワッペンもつけもらって、私仕様になりました。薄い生地なので服の下に着ても外に響くことはありません。でもこんな自分の好きな色ならチラッと見えてもちっとも恥ずかしくありません。他にもストライプや綺麗な色の生地がたくさん置いてありましたよ。

そしてもう1つ。家に帰ってから身に着けていただきたいのが、靴下です。外ではまだまだ足首を出しておしゃれを楽しみたい人も家では靴下を履いて温めてあげてください。

「首(首・手首・足首)」を温めるのが冷えにはいいと言いますが、特に足首には女性にとってとても大切なツボがあります。

「三陰交」という、内くるぶしの頂点に手を当てて指4本分上がった骨と筋肉の境目にあるツボです。女性特有ののあらゆる症状に効くツボといわれており、軽く押したり温めると良いそうです。

厚めの靴下にすれば、硬いフローリングの上を歩いても足が疲れにくく疲労回復にもなりますよ。一日お疲れさまの足、おうちではふんわり包んで癒してあげましょう。

いかがですか。

私は現在妊活中で、この他火を使わない温灸で肩凝りをほぐしたり三陰交を温めたりしています。これからの季節つらい冷え性、少しでもお役に立てていただけると嬉しいです。

<ライタープロフィール>
「ぽかぽか日和」で夫婦二人暮らしのインテリア・収納記事を発信中。
ichigo
所属:comorieサポーター

綺麗好きでこだわりの多い夫とズボラで適当な妻が心地よい暮らしを目指して、大阪の小さな小さな一戸建てにて日々奮闘しています。