本文へジャンプします。


現在位置:> > > キッチンのプチストレスを解消してくれる無印良品のおすすめ収納用品3選

インテリア・雑貨

 

キッチンのプチストレスを解消してくれる無印良品のおすすめ収納用品3選

こんにちは!「無印良品大好き!」なichigoです。今回は我が家のキッチンで大活躍している無印良品の小さな収納用品を3つ「アクリル卓上用ティシューボックス」「ポリプロピレン整理ボックス2」「ポリプロピレン整理ボックス4」ご紹介しますね。

キッチンシンクの水切りネット、取り出す時のプチストレスは「アクリル卓上用ティシューボックス」で解消!

キッチンのプチストレスを解消してくれる無印良品のおすすめ収納用品3選

まず1番にお勧めしたいのが「アクリル卓上用ティシューボックス」です。
少しの間店頭から消えていましたが、再販希望の声が集まり9月からまた売り出されました!

ストッキングタイプの水切りネットは伸びがよく、簡単に取り付けられるのが魅力ですが、繊維が絡みやすく1枚ずつ取り出しにくいのがネックと感じている方も多いかと思います。

この卓上ティッシュケースは通常のポケットティッシュより大きいサイズになっており、浅型の水切りネットがピッタリなんです。

フタにちょうどいい重みがあって、底には滑り止めがついているので、いつもティッシュを取り出すのと同じ感覚でサッと1枚取り出せます。

市販されている30枚〜40枚入りの水切りネットがそのまま全部入るのも嬉しいところです。

お値段は650円(無印良品週間中は585円)とちょっと高いと感じるかもしれませんが、毎日のプチストレスが吹き飛ぶことを考えればお値段の価値アリです。

この便利さ、ぜひ一度味わっていただきたい!

キッチン収納に便利な「ポリプロピレン整理ボックス」はサイズ展開が豊富!

キッチンのプチストレスを解消してくれる無印良品のおすすめ収納用品3選

2つめは、キッチンの収納用品と言えば……な「ポリプロピレン整理ボックス」。店頭のキッチンコーナーで売られているだけあって、キッチンのさまざまなところで活躍しています。

4つのサイズ展開でモジュールが合うようになっているので、引出しの中でいろいろ組み合わせて使えます。

小さな正方形サイズ(整理ボックス1)には輪ゴムや箸置きなどの細々したものを入れたり、横幅のある整理ボックス3にはキッチンツールやお子さんの小さなお弁当箱をまとめたりなど、アイデア次第で用途がたくさん生まれてきます。

ここでは我が家でよく使っている細長いサイズ、整理ボックス2と4の使いみちをご紹介します。


【 関連記事 】
【無印良品】小物がスッキリ!ポリプロピレン収納ケースの収納術 厳選まとめ

カトラリー収納だけじゃない!細長い「ポリプロピレン整理ボックス2」の活用方法

キッチンのプチストレスを解消してくれる無印良品のおすすめ収納用品3選

「ポリプロピレン整理ボックス2」は幅8.5×奥行25.5×高さ5cmでカトラリー収納にピッタリな大きさです。
でもカトラリーだけじゃもったいない!
他にもいろいろ使い方がありますよ(*^^*)

まず1つめはお弁当カップやピッグなどのお弁当小物収納!
お弁当カップが8.5cmの幅に無理なく並んで、余ったスペースに小さな瓶に立てたピッグやふりかけを一緒にしています。

お子さん用にお弁当小物がたくさんある場合は「ポリプロピレン整理ボックス3」でもいいかもしれません。
ボックスごと作業台に持ってくれば、お弁当作りがはかどって細々した作業のプチストレスを減らしてくれます。

残り2つは調味料入れをまとめています。我が家で使っているフレッシュロック300mlサイズが3つ綺麗に並びます。

毎日のお味噌汁に使う細粒だしの素や乾燥わかめ、いりごまなどの使用頻度が高いもの、コンソメの素・鶏ガラスープの素・ハーブソルトなどの使用頻度が少し低めのものなど、用途や使用頻度に分けてセットしておくと便利です。

大きいサイズの「ポリプロピレン整理ボックス4」は食器棚や冷蔵庫で大活躍!

キッチンのプチストレスを解消してくれる無印良品のおすすめ収納用品3選

最後の登場となりましたが、気づいたらかなり便利で最近買い足すことが多くなっている「ポリプロピレン整理ボックス4」の使いみちのご紹介です。

こちらは幅11.5×奥行34×高さ5cmとかなり大きめに作られています。
実はこの奥行34cmというのが「さすが無印良品!」と言いたくなるサイズなんです。

無印良品の収納用品は日本家屋のモジュールに合わせて作られていると言われていますが、この整理ボックス4は食器棚や冷蔵庫の奥行にピッタリ収まります。

マグカップや湯飲み、ガラスコップなどを並べれば、このボックスが引出し替わりになって棚の奥まで有効活用できます。奥のものでも取り出しやすくなるので、そのときの気分に合わせてお気に入りのカップを選ぶこともできますよ。

キッチンのプチストレスを解消してくれる無印良品のおすすめ収納用品3選

また、冷蔵庫の中の棚にもピッタリです。

特に手が届きにくい上の棚も、この「ポリプロピレン整理ボックス4」を使えば、奥まできっちり有効活用できます。

小麦粉や片栗粉などの粉類を冷蔵庫に収納している方は、このボックスに並べるとスッと取り出せて便利かと思います。

我が家では紅ショウガ・青のり・桜エビを入れたキャニスターと鰹節の小袋をひとまとめにした「お好み焼きセット」を上段に置いています。お好み焼きやたこ焼きを作る時には、ボックスのままテーブルへ持っていきます。

もう1つには、ほぼ毎日食べている納豆をズラッと一列に並べてあります。賞味期限が見えるようにして取り出しやすい高さに置いて、無駄なく消費しています。

その他、液体調味料のボトルを並べてコンロ下に置いたり、長い30cmの菜箸やお玉やフライ返しなどの大きいキッチンツールを入れてキッチンの引出しを区切ったり……と使い方は大きく広がります。


いかがでしたでしょうか。
シーズンごとに出てくる新商品も魅力的ですが、ずっとある定番商品にもまだまだ使いみちが隠されているかもしれません。定番だからこそ何年経っても買い足せるという安心もありますよね。

無印良品の奥深さ、知恵を絞って一緒に楽しみましょう!


<ライタープロフィール>
「ぽかぽか日和」で夫婦二人暮らしのインテリア・収納記事を発信中。
ichigo
所属:comorieサポーター

綺麗好きでこだわりの多い夫とズボラで適当な妻が心地よい暮らしを目指して、大阪の小さな小さな一戸建てにて日々奮闘しています。