本文へジャンプします。


現在位置:> > > 何かと出費が必要になる年末年始に向けてすぐはじめたい節約術

ライフスタイル

 

何かと出費が必要になる年末年始に向けてすぐはじめたい節約術

こんにちは、comorieサポーターの鈴木ユキです。秋冬は何かとイベントが多いですね。特に年末年始はクリスマス、大晦日、そしてお正月と出費が増えていくばかり。とはいえ、どうしても削れない費用もあるでしょう。そこで、これからすぐにはじめられる節約のポイントをお伝えします。

「ついで買い」やセール品の誘惑を断ち切る

何かと出費が必要になる年末年始に向けてすぐはじめたい節約術

節約では、何よりも今、あるもので生活することが大切です。お店で見かけて「気に入ったから」「おいしそうだったから」と、やってしまいがちな「ついで買い」。年末年始に向けての資金が貯まるまでは、思い切ってやめましょう。1回あたりのついで買いが1,000円としても、3回積み重なれば3,000円。ホールケーキが買える金額になります。

「安くなっていたから」も要注意。元の値段から30%引きや半額になっている商品を見ると、「お買い得!?」とつい手が伸びがちですが、買えばそれだけ出費となります。それに、今までにセールで買ったもので、後から「何で買ったんだろう?」と思ったものも実は少なくないのでは?節約のためには、必要品以外は思い切ってあきらめることも必要です。

食べ物の在庫を確認しよう

何かと出費が必要になる年末年始に向けてすぐはじめたい節約術

今、家の中にどんな食べ物がどれだけあるか、きちんと把握できていますか? これまでに買ったもので、キャビネットや戸棚、床下収納などにしまいっぱなしというものがあれば、賞味期限を確認し、期限が近いものは早めに食べてしまいましょう。

スパゲッティやそばなどの乾物やレトルト食品、缶詰などは安売りのときにたくさん買って、何となく食べそびれている場合もあると思います。食品の在庫を確認して整理することは、大掃除の一端にもなりますね。あるものを使うことで、「今日のお昼ごはん、買ってきちゃおうかな」ということも減らせます。

冷凍庫が何となくごちゃごちゃ……という方は、冷凍食品で賞味期限間近のものがないかチェックしましょう。また、ホームフリージングもおいしく食べられる保存期間があります。保存した日が一目で分かるようにパックに日付を書いて無駄を出さないようにするなど、小さなことも節約につながります。

年末で有効期限がきれるポイントは残ってない?

何かと出費が必要になる年末年始に向けてすぐはじめたい節約術

買い物をして貯めたポイントは、有効期限が切れてしまえば使えなくなってしまいます。ポイントカードの中で年末に期限が切れるものがないかを確認し、ある場合は忘れずに使いましょう。

ちなみに筆者がよく利用するスーパーでは、年末になると有効期限の近いポイントがある場合、レジのたびに声をかけてくれます。とはいえこういうお店ばかりではないので、「せっかく貯めたのに使いそびれた……」ということにならないよう、気を付けましょう。

イベントでは予算をたてよう

何かと出費が必要になる年末年始に向けてすぐはじめたい節約術

クリスマスや年末年始は、街や店の華やかなムードに乗せられて財布のひもはゆるみがちですが、「我が家ではこのイベントにはいくらまで」と予算を決めて準備しましょう。

ゴールのない節約はつらいもの。いくらかけるかをはっきりさせれば、節約すべき金額も見えてきます。「ついで買い」を控え、今、家の中にあるものを見直して、楽しいイベントに備えましょう。

<ライタープロフィール>
ライター/エディター/2級FP技能士
鈴木ユキ
所属:comorieサポーター

都内在住のフリーライター/エディター/2級FP技能士。手間がかからず実践できる、暮らしのちょっとしたヒントを日々チェック中です。