本文へジャンプします。


現在位置:> > > 無印良品とIKEAの収納グッズを使って、子供と一緒に衣替え!

整理・収納

 

無印良品とIKEAの収納グッズを使って、子供と一緒に衣替え!

みなさん、夏物衣類の衣替えはお済みですか?
私は衣替えが面倒でやらないこともありましたが、子供と相談したり、無印良品やIKEAの収納グッズを使って見た目もきれいに収めることで、今ではまめにやるようになりました。
今回は、その方法をお伝えします。

見た目にもこだわって衣替えのやる気を後押しする

無印良品とIKEAの収納グッズを使って、子供と一緒に衣替え!

こんにちは! 親・子の片づけマスターインストラクターの山崎真弓です。ママがお子さんと一緒に楽しく実践できるお片付けのアイデアを提案しています。


衣替えって本当に面倒ですよね。来シーズンの前にまた着ることになるかもしれないし、分別も必要だし、でもいつまでも衣替えをしないでいるとオンシーズンとオフシーズンの衣類が混在して取り出しにくくなるし……。

そこで提案するのは、収納用品の見た目にこだわること。それらが整然と並ぶ姿を想像して衣替えのやる気をアップさせるのが目的です。わが家の子供部屋クローゼットで使っているのは無印良品の「ポリエステル綿麻混・ソフトボックス・フタ式・L」。シンプル、そして軽いので枕棚に置いても安心です。このボックスの中にオフシーズン衣類を収納しています。

無印良品 「ポリエステル綿麻混・ソフトボックス・フタ式・L」
http://www.muji.net/store/cmdty/detail/4548718285051?searchno=10

来シーズンも着る? 着ない? まずは衣類の整理(仕分け)から

無印良品とIKEAの収納グッズを使って、子供と一緒に衣替え!

サイズが小さくなった、穴があいている、洗濯しても汚れがとれない、破れている、古くなった……など、来シーズンには着ない衣類を抜き出します。そのほか、「着ていてチクチクする」、「肌に当たって痛い」などの着心地はお子さんにしかわからないので、着せ替えごっこをしたり、肌触りを質問しながらすすめるのもおすすめです。

さらに「お気に入り」、「好き」、「嫌い」など、お子さんの気持ちや好みを確認しながら、来シーズンも着るか着ないかを相談して仕分けていきましょう。憂うつだった衣替えが、子供の成長を喜んだり、洋服にまつわる思い出を話したり、今ではわが子とのかけがえのない時間となっています。

サイズアウトした衣類はIKEAのジッパー付きビニール袋に収納

無印良品とIKEAの収納グッズを使って、子供と一緒に衣替え!

子供の成長は本当に早いものですよね、あっという間に洋服のサイズが合わなくなります。サイズアウトした衣類はIKEAのジッパー付きビニール袋に入れて小さく収納、おさがり用に保管しています。

その際、サイズやアイテム名をマスキングテープに書いてラベリング。こうしてスタンバイしておくと、いざ差し上げる時に探しやすくて重宝しています。「いとこの○○ちゃんに着てもらおう!」など、自分が着られなくなってもすぐに捨てずに誰かに活用してもらうことで、モノの大切さを学ぶよい機会となっています。

来シーズンも着る衣類をたたんで収納

無印良品とIKEAの収納グッズを使って、子供と一緒に衣替え!

来シーズンも着るモノだけに整理したら、それらを収納していきます。まずは人ごとに分けてから、「春夏物」「秋冬物」などの季節で分類したり、「Tシャツ類」「上着」などのアイテムごとに分類して収納すると分かりやすいですね。子供の衣類はTシャツやカットソーやパーカーなどシワが気にならない物が多いので、たたんでしまってOK。来シーズン使う時に選びやすくするため、衣類はヨコに重ねずにタテに収納するのがポイントです。

最後にタグをつけて完了! 誰が見ても分かる収納にする

無印良品とIKEAの収納グッズを使って、子供と一緒に衣替え!

衣類を収納したら、最後に分類したタグをつけて完了です。これで誰が見ても分かる収納になりました!

いかがでしたか?
面倒に思える衣替えですが、今着ているお洋服が出し入れしやすくなったり、来シーズンの衣替えがスムーズになったりと、そのメリットは大きいです!

ぜひお子さんと一緒にやられてみてくださいね。参考にしていただけたら嬉しいです。

<ライタープロフィール>
親・子の片づけマスターインストラクター/整理収納アドバイザー
山崎真弓
所属:一般社団法人親・子の片づけ教育研究所(ファミカタ)

「親・子の片づけマスターインストラクター」「整理収納アドバイザー」として、働くママさんに向けた片づけのアイディアを提案しています。