本文へジャンプします。


現在位置:> > > 洗濯機を買い替えるなら全自動・二槽式・ドラム式のどれが良い?

掃除・洗濯

 

洗濯機を買い替えるなら全自動・二槽式・ドラム式のどれが良い?

洗濯機を新しいものに買い替える際、皆さんは何を基準にして製品を選んでいるでしょうか?

今やドラム式洗濯機が主流となりつつありますが、洗濯機には「二槽式」[全自動」「ドラム式」の3種類があります。

流行しているとはいえ、ドラム式が100%完璧というわけではなく、二槽式や全自動には、ドラム式にはないメリットがあるんです!

洗濯機のタイプ別に選ぶ

洗濯機を買い替えるなら全自動・二槽式・ドラム式のどれが良い?

大きく分けて3種類に分かれている洗濯機ですが、価格やデザインだけでなく、それぞれのメリットを比較しながら選んでいくのが正解です。

まずは、洗濯槽と脱水槽がそれぞれ分かれている「二槽式」。それぞれ別のエリアで役割を果たす構造のため、壊れにくく長く使えるのが特徴です。二槽式の洗濯層は汚れの撹拌力が高く、時間をかけずに汚れものがキレイになります。価格帯が他の2種類に比べて安いのも魅力的。

次に、完全自動で洗浄から脱水までを行う「全自動」。こちらは時間を効率的に使いたい都会暮らしの方に人気です。少ない水で効率的にすすぎを行うので、二槽式に比べて節約効果が期待でき、製品のサイズも比較的スリム。狭い室内でも置き場所が確保しやすいという特徴があります。

最後に、最新式の「ドラム式」です。こちらは洗濯から乾燥までを連続で自動運転し、節水モードや防カビ機能など、洗濯ものの悩みを解決する最新式の機能が搭載されています。

二槽式や全自動に比べ、少ない水で「たたき洗い」ができるので、水道代がとてもリーズナブル。さらに衣類を舞い上げながら乾燥させるので、乾燥の仕上がりにもムラがなく効率的です。しっかり乾かすことで、洗濯機から出してすぐに服が着られるメリットもあります。

それぞれの洗濯機には、洗濯と乾燥のそれぞれに違いがあり、さらにメーカーや機種ごとの機能もあります。まずは3種類の洗濯機の違いを把握したうえで、価格やデザイン、機能などから比較して選ぶと良いでしょう。

価格帯で選ぶ

洗濯機のタイプを把握したら、次は価格帯で選んでいきましょう。現代の洗濯機の主流となっているドラム式がもっとも高額になりますが、洗濯の効率化を第一に考えるならば、価格だけで判断するべきではないかもしれません。

反対に、時間や手間がかかっても問題ないのでとにかく安く洗濯を済ませるなら、二槽式か全自動を選ぶのが正解です。

ライフスタイルに合った製品を選ぼう

洗濯機を買い替えるなら全自動・二槽式・ドラム式のどれが良い?

普段のライフスタイルに合うかどうかも重要なポイントです。

「二槽式は安いけれど幅が大きく、置き場所が確保できない」「ドラム式は手間がかからないけれど音が大きい」など、各洗濯機のデメリットも併せて考えて、生活に一番しっくりくる洗濯機をピックアップしてみます。

次に、家族の人数を考えて、購入する洗濯機のサイズや容量を見ていきます。一人暮らしなら5kg程度のコンパクトな洗濯機で十分ですが、大家族なら最低8kg以上はあった方が良いでしょう。また、家族の人数分の洗濯物を一気に洗って乾かすことを考えると、二槽式では手間と時間がかかってしまうでしょう。

さらに、各洗濯機のメーカーや機種ごとのスペックを確認します。洗濯にかかる時間、1回あたりにかかるコスト、洗濯機の回転数などをチェックし、比較します。スペックが高く節約効果がある製品ほど高額ですが、長く使い続けることを考えれば、価格だけで判断するべきではないと思います。

一度の洗濯でもキレイに洗いたい方は、二槽式が確実です。少ない水量で洗う全自動やドラム式と違って、二槽式はたっぷりとした水と撹拌力で汚れを落とします。全自動や節電モードでは洗浄力に限界があるということも、頭に入れておきたいポイントです。

いかがでしたか?洗濯機にもそれぞれの特色やスペックがあるので、必ずしもメーカーや価格だけで選ぶことはできません。ご自身のライフスタイルやご家族の人数などに合わせて、最適な一台を探してみてくださいね!

<ライタープロフィール>
家電、インテリア好き主婦
伊丹 尚子
所属:comorieサポーター

東京都在住。2児の母。家が大好きで、くつろぎやすい環境づくりに興味があります。家電、インテリアを中心に、たまに節約などの情報も発信していきます!