本文へジャンプします。


現在位置:> > > ラクにトクする?!ガソリン代を節約する方法

ライフスタイル

 

ラクにトクする?!ガソリン代を節約する方法

最近はショッピングセンターや飲食店などに車で行くのが常識になりましたが、車を運転すると気になるのがガソリン代です。車に乗るほどガソリン代が増えることになりますが、ちょっとした工夫をすることで、ガソリン代を節約することができます。

定期的にタイヤの空気圧をチェックしましょう

ラクにトクする?!ガソリン代を節約する方法

タイヤの空気圧が低いと、燃費が下がってしまいます。燃費を向上させるために、定期的にタイヤの空気圧をチェックして、空気が減っていたら空気を入れるようにしましょう。タイヤの空気圧を測るのが苦手な人は、無料で空気圧のチェックをしてくれるガソリンスタンドを利用すれば良いでしょう。混んでいない時に頼めばすぐに空気圧を測ってくれて、空気圧が足りない場合には無料で空気を入れてくれます。

車のエアコンの使い方には注意しましょう

ラクにトクする?!ガソリン代を節約する方法

エアコンをつけると、エンジンに負担がかかって燃費が悪化します。燃費を良くするためには、できるだけエアコンをつけないのが一番です。エアコンが必要なくなるような服装を心掛けましょう。エアコンを使う場合でも、しばらく窓を開けて走行して車内の温度を下げてからエアコンを入れたり、コンプレッサーを作動させるA/Cスイッチを切って暖房を入れるなどの工夫をして、燃費の改善をしましょう。

車内に無駄な荷物がないか点検をしましょう

ラクにトクする?!ガソリン代を節約する方法

不要な荷物を載せていると、その分燃費が悪くなって余計にガソリンを使ってしまいます。車内を点検して、不要なものが載っていないか調べてみましょう。特に荷室には載せたままになっているものが多いので、隅々まで調べなくてはなりません。車内に忘れ物をすることもありますので、定期的に車内の点検をするようにしましょう。

長時間停車するようであればエンジンを切るようにしましょう

停車時間が長くなるようなら、エンジンを切るようにしましょう。走行前にエンジンを暖める必要はないので、アイドリングをしていると、無駄にガソリンを消費するだけです。車を停めている時間が長くなるようなら、すぐにエンジンを止めるようにしましょう。ただし、短時間の内にエンジンを入れたり切ったりすると、車に負担を掛けることになりますので、その点には注意が必要です。

特別なことをしなくても、簡単にガソリンの消費料を抑えることができます。小まめに車の点検をしたり、無駄にガソリンを使ったりしないといった誰でもできるようなことが、ガソリン代を節約することにつながります。

<ライタープロフィール>
comorie編集部
野田アヤカ
所属:comorie編集部

comorieの編集部員です。3児の母。首都圏郊外に住宅を購入。元気な子供たちに振り回されながら、日々の生活に奔走中。時短、片付、効率、収納、節約、教育、ガーデニングに興味あり。