本文へジャンプします。


現在位置:> > > これならできる!みんなで協力!電気代の節約術

ライフスタイル

 

これならできる!みんなで協力!電気代の節約術

意外と電気を消費するのがトイレです。温水洗浄便座の便座や洗浄水が電気を使用するので、たくさんの電気を消費するようになっています。電気代を節約する時に忘れがちなトイレも、しっかりと節約の対象にしましょう。

温か過ぎる温水洗浄便座の温度を下げましょう

これならできる!みんなで協力!電気代の節約術

温水洗浄便座の温度が高いほど、消費する電気量も大きくなります。寒い時期は温度を高めに設定していても、暖かくなるにつれて便座の温度を下げるようにしましょう。一年中同じ温度に設定する必要はありませんから、季節やその日の気温に応じて便座の温度を調節すれば良いのです。個人の好みなどもありますが、便座の温度は冷たくないと感じるくらいに設定しましょう。

洗浄温度を下げることも検討しましょう

これならできる!みんなで協力!電気代の節約術

温水洗浄便座の洗浄温度も、電気代を節約するために適切な温度に調節しましょう。やはり気温が高くなれば、低目の温度でも問題ないはずです。暑いと感じる日であれば、スイッチを切ってしまいましょう。洗浄温度の設定は簡単にできますから、使う前に一人一人が好きに調節して良いのですが、調節するのを忘れて使う人がいるかもしれませんので、家族全員で温度設定のルールを話し合っておくようにしましょう。

使わない便座のフタは閉じる習慣をつけましょう

便座のフタを開けたままにすると、放熱して電力を消費してしまいます。無駄に電気を使わないように、使い終わったらフタは閉める習慣を付けましょう。一人だけがフタを閉めしても、他の人が開けたままにしたのでは意味がありませんので、家族全員にフタを閉めるように協力してもらいましょう。そして、より徹底して電気を節約するためには、使わない間は便器のコンセントを抜いて、待機電力も消費しないようにしましょう。

トイレの明る過ぎる照明は暗いものに替えましょう

トイレが明る過ぎると落ち着かない人も多いので、照明を少し暗いものに替えてみてはどうでしょうか。照明を暗いものに替えれば、簡単に電気代を削減することができます。家族全員に相談して承諾を得ることができましたら、トイレの照明を暗いものに交換しましょう。場所に応じた適切な明るさにすることで、電気代を節約できます。

普段何気なく使っている温水洗浄便座やトイレの照明も、少し工夫して使えば電気代を節約することができます。節約をするためには、身の回りに無駄なものがないかを調べてみることが大切です。少しだけ頭を使うだけで、大きな節約になるかもしれません。

<ライタープロフィール>
comorie編集部
野田アヤカ
所属:comorie編集部

comorieの編集部員です。3児の母。首都圏郊外に住宅を購入。元気な子供たちに振り回されながら、日々の生活に奔走中。時短、片付、効率、収納、節約、教育、ガーデニングに興味あり。