本文へジャンプします。


現在位置:> > > 家計簿をつけた者は節約を制す!家計簿をつけてみよう!

ライフスタイル

 

家計簿をつけた者は節約を制す!家計簿をつけてみよう!

節約の基本は、具体的な収入と支出を把握して管理をすることです。そのために欠かすことができないのが家計簿ですが、継続して家計簿をつけている人は少ないようです。誰でも簡単にできる家計簿のつけ方がありますので、試してみてください。

家計簿をつけるのが長続きしない理由

家計簿をつけた者は節約を制す!家計簿をつけてみよう!

家計簿をつけようと思っても長続きしないのは、家計簿のつけ方があなたの性格や生活スタイルに合っていないからです。家計簿帳やパソコンで使える家計簿ソフトなどが販売されていますのが、家計簿の形式は特に決まっていませんので、好きな方法で家計簿をつければ良いのです。いくつかの家計簿のつけ方を紹介しますので、自分に合いそうなやり方を見つけてください。

支出の項目を細かく分類して家計簿をつける

家計簿をつけた者は節約を制す!家計簿をつけてみよう!

企業の経理をするように、収入と支出に関する項目を細かく分けて、家計簿をつける方法です。細かく正確に家計簿をつけますので、家計の中の問題点などがすぐに分かりますが、手間が掛かるので時間に余裕があって細かい作業が苦にならない人にしかすすめられません。初心者がこの形式で、家計簿をつけようとすると途中で挫折してしまう可能性があります。

支出だけ大きく分類して家計簿をつける

負担を感じない程度に支出の項目を大きく分類して、家計簿をつける方法です。5つくらいの項目でも、十分に家計簿をつけることができます。細かいことが苦手な人や、忙しい人に向いている方法です。支出だけを対処に家計簿をつけるので、お小遣い帳のような感覚で気軽に取り組むことができるでしょう。この方法なら、細かい家計簿を途中でやめてしまった人でも、長続きする可能性がります。

支出だけを目的別に応じた分類をして家計簿をつける

生活費・遊興費・投資といったように、支出を目的別に分類して家計簿をつける方法です。家計簿を見直すことで、どのようにお金を使ったのかがすぐに分かります。支出だけを管理するのですが、無駄使いが多かったりお金を貯めることができない人には有効な方法でしょう。大雑把な支出しか分かりませんので、この方法に慣れたら項目を細かく分類する方法などを試してみるようにしましょう。

家計の収支を知ることで、中長期的な計画を立てることが可能になり、マイホームや老後の資金の準備ができるようになります。家計に問題がある場合だけではなく、黒字で余裕がある家庭も、家計簿をつけて役立てるようにしてください。

<ライタープロフィール>
comorie編集部
野田アヤカ
所属:comorie編集部

comorieの編集部員です。3児の母。首都圏郊外に住宅を購入。元気な子供たちに振り回されながら、日々の生活に奔走中。時短、片付、効率、収納、節約、教育、ガーデニングに興味あり。