本文へジャンプします。


現在位置:> > > 無印良品の「ワイヤーバスケット」が万能すぎ!オススメの使い方4選

インテリア・雑貨

 

無印良品の「ワイヤーバスケット」が万能すぎ!オススメの使い方4選

こんにちは!整理収納コンサルタントのRIEです。
大好きな「無印良品」のアイテムを使って、収納とインテリアを両立させるアイデアを紹介していきます。

無印良品のワイヤーバスケットが大人気!

無印良品の「ワイヤーバスケット」が万能すぎ!オススメの使い方4選

近年ますますファンが増加している「無印良品」。手軽な文具から大きな家具まで、人気アイテムは数多くありますが、特に人気なのが収納用品。その中でも筆者が特におすすめしたいのは、汎用性があって使い勝手の良い「ステンレスワイヤーバスケット」。丈夫というのが最大のメリットですが、他にもアイデア次第で様々な使い方ができるんです!実際に10個ほど使っている筆者のおすすめの使い方を紹介したいと思います。

水まわりに最適!

無印良品の「ワイヤーバスケット」が万能すぎ!オススメの使い方4選

ステンレスは“清潔感”を感じさせます。さらに水に強いため、水まわりにも最適!ランドリー用品としてももってこいのアイテムですね。大きいサイズのものを洗濯カゴとして使ったり、画像のように小さなサイズを洗濯機まわりの収納として使うのもおすすめですよ。小さなサイズは、本当に様々な場所で使えるので便利です。

汚れても安心!

無印良品の「ワイヤーバスケット」が万能すぎ!オススメの使い方4選

小さなお子さんがいるお宅では、玄関に「外遊び道具」が1つや2つはあるのでは?その道具たちもワイヤーバスケットに入れてまとめるのがおすすめ。水に強いので、汚れても問題ないですし、掃除もしやすく圧迫感もないので、我が家のようなマンションの限られたスペースには重宝しています。数年後、もし必要なくなったとしても、キレイに洗えば他の場所で再利用することができますよね!

見える収納!

無印良品の「ワイヤーバスケット」が万能すぎ!オススメの使い方4選

子供の片付けってどうしても「放り込む収納」になりがち。それ自体は悪いことではないのですが、下の方のモノはどうしても忘れがちになるんですよね。横からでも下からでも中身がわかるようにしておくと探す手間も省けます。我が家では以前までプリント入れの箱にプリント以外もいろいろ放り込んでいたのですが、箱をワイヤーバスケットに変え、さらに立てて入れるようにしたところ、ちゃんと「プリント専用」という認識になり、整理もぐーんとしやすくなりました!

重ねることでデッドスペースを有効活用!

無印良品の「ワイヤーバスケット」が万能すぎ!オススメの使い方4選

ワイヤーバスケットの最大の特長が「重ねられる」ということ。これを使えばデッドスペースを有効活用することもできるんです。特におすすめなのがキッチンのストック品。重ねると頻繁に出し入れするのは面倒なので、ストック品がベスト!実際に我が家でも、いまいち使いこなせてなかったキッチンの深い引き出しに2つを重ねることで容量が倍になりました!ただし、上段は持ち上げることを考えて、あまり重くしすぎないようにしましょう。

いかがですか?使い方がいまいち分からない・・・という方も、イメージが湧いてきたのではないでしょうか。本当に家中のいろいろな場所で使うことができるんですよね。

「清潔感」「見える収納」「重ねられる」という特長を生かせば、いろいろな場所をスッキリ整理することができますよ。また、サイズ展開も豊富なのでピッタリのサイズが見つかるはず!
ぜひ一度使ってみてくださいね。


<ライタープロフィール>
整理収納コンサルタント
mujikko-rie
所属:comorieサポーター

好きな物は無印良品・グリーン・簡単DIY。「整理収納コンサルタント」「整理収納アドバイザー1級」の資格を生かし、収納とインテリアを両立させるアイデアを紹介しています。