本文へジャンプします。


現在位置:> > オキシクリーン、ハッカ油、セスキ炭酸ソーダ、重曹、話題のお掃除アイテム、実際どうなの?

まとめ・特集

 

オキシクリーン、ハッカ油、セスキ炭酸ソーダ、重曹、話題のお掃除アイテム、実際どうなの?

お掃除アイテムは次々と新しいものが出てくるので、どれを使ったらいいのか迷ってしまいますよね。しかもどの洗剤が何の汚れに効くのかを覚えるのも大変です。買ったあとに後悔したくない、という悩みをもっている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回はよく話題に挙がるお掃除アイテムについて、実際に使ってみた結果をまとめた記事をご紹介していきます。あなたがいつも苦労して落としている汚れも、実は適した洗剤があるかも知れませんよ!


必殺オキシ漬け!水回りの汚れにはオキシクリーン一択!

オキシクリーン、ハッカ油、セスキ炭酸ソーダ、重曹、話題のお掃除アイテム、実際どうなの?

必殺オキシ漬け!水回りの汚れにはオキシクリーン一択!

キシクリーン(OXICLEAN)はアメリカ発の漂白洗剤ブランド。つけ置き洗い(通称:オキシ漬け)の洗浄力に定評があります。特になかなか落ちにくい水回りの汚れに対しても、絶大な効果を発揮することで人気が高い洗剤です。

ここではオキシクリーンを使ったつけ置き洗いを中心として、バスルームやトイレの汚れを落とす方法をまとめた記事を紹介していきます。


まずは浴室の床をオキシ漬けでピカピカにする方法。バスルームは常に湿気があるのでカビとの戦いですよね。ちょっと気を抜くとすぐに黒ずんできてしまいます。この記事でオキシ漬けを実演しているのを見たら、きっと試してみたくなりますよ♪

●浴室の床をオキシクリーンで掃除!オキシ漬けでどこまできれいになる?



続いて浴槽をオキシ漬けでスッキリさせていきます。この記事では、浴槽にお湯を溜めてバスチェアや洗面器、シャワーヘッドなどもまとめて漂白していますよ。一晩つけ置きしておけば、見違えるほどキレイになりますので時間があるときにお試しあれ!

●【オキシ漬け】オキシクリーンで浴槽のつけ置き洗いをしてみた!使う量と残りオキシ液に要注意


トイレの汚れもオキシクリーンにかかればイチコロです!この記事ではトイレットペーパーを使ってオキシ漬けをする手順を丁寧に解説しています。ポイントはいつも冷水が流れているトイレを熱めのお湯で攻めることです☆

●【オキシ漬け】オキシクリーンでトイレのつけ置き洗いをしてみた!



衣類を洗ってくれる洗濯機ですが、実は洗濯槽の中には汚れが溜まっています。せっかく洗濯しても洗濯槽が汚かったら意味がないですよね。この記事ではオキシクリーンを使って洗濯槽をキレイにする方法を紹介しています。

●【オキシクリーン】洗濯槽掃除をしてみた!洗浄の決め手はやっぱり「お湯」



子どもがいるご家庭では衣類の汚れに苦労しているのではないでしょうか。食べ物や泥が付いた洋服は、普通に洗濯するだけではうっすら汚れが残ってしまいますよね。
この記事では、靴下の汚れをオキシクリーンで劇的に白くする方法を実演しています!

●オキシクリーンで洗濯してみた!靴下の泥汚れも力いらずで驚きの漂白洗浄力

一年中使える!ハッカ油を最大限に活用する方法

オキシクリーン、ハッカ油、セスキ炭酸ソーダ、重曹、話題のお掃除アイテム、実際どうなの?

一年中使える!ハッカ油を最大限に活用する方法

清涼感があるハッカ油は気温が高い季節に使うイメージがありますが、実はほかのシーンでも活躍してくれるアイテムなのです。夏に買ったハッカ油が余っていたらぜひ活用してくださいね。

ここではハッカ油の意外な活用法や、手作りのハッカ油スプレーについてまとめた記事を紹介していきます。ハッカ油の万能性は目を見張るものがありますよ♪


清涼感=夏!と思いがちですが、ハッカ油は寒い季節でも活躍してくれるのです。
この記事では冬でもハッカ油を活用する方法をまとめています。さわやかな特徴を活かした使い方は目からウロコですよ。

●夏だけじゃなかった!冬も大活躍するハッカ油活用法



重曹とハッカ油を混ぜるとそれぞれの効果を発揮してベストマッチするのです。
この記事では重曹とハッカ油を使って、消臭・除湿・防虫剤を作る方法を解説しています。家の中の香りを統一したい人はぜひ取り入れてみてください。

●【混ぜるだけ】重曹とハッカ油の最強コンビで「消臭・除湿・防虫剤」が作れます!


ハッカ油スプレーは手軽に作れて便利なのでオススメです!
この記事ではハッカ油スプレーの作り方や活用法を解説しています。小さなボトルに入れてバッグに忍ばせておけば、外出先でもスッキリできますよ♪

●手作り「ハッカ油スプレー」は虫除け、消臭、クールダウンに活用できます!

セスキ炭酸ソーダで酸性汚れを撃退せよ!

オキシクリーン、ハッカ油、セスキ炭酸ソーダ、重曹、話題のお掃除アイテム、実際どうなの?

セスキ炭酸ソーダで酸性汚れを撃退せよ!

セスキ炭酸ソーダは重曹と炭酸ソーダを半分ずつ混ぜ合わせたもので、結晶化しているためサラッとしています。アルカリ性なので皮脂や手垢などの脂肪酸の汚れに効果を発揮しますよ。小さなお子様がいる家庭では特に重宝しそうです。

ここではセスキ炭酸ソーダの活用法をまとめた記事を紹介していきます。


子どもの手垢や鉛筆汚れに悩まされている人は注目!
この記事の実例を見て頂くと分かりますが、子ども部屋を丸ごとキレイにしています。気になる汚れにセスキ炭酸ソーダをぜひお試しください。

●コスパ良し!夏の汚れをラクに落とすセスキ炭酸ソーダの実力



子どもが学校で使っている上履きは、元が白地のことも多いので余計に汚れが目立ちますよね。いつも上履きをゴシゴシ洗って疲れている人はこちらの記事をどうぞ!なんとセスキ炭酸ソーダに漬けておくだけで汚れが落ちていますよ♪

●【上履き洗い】セスキ炭酸ソーダでこすらずにキレイにすることに挑戦!



洗濯機で衣類を洗ったら別の汚れが付いて出てきた経験はありませんか?
そんなときは何回も洗濯機を使うのではなく、まず洗濯槽をキレイにすることをオススメします。この記事ではセスキ炭酸ソーダを使って洗濯槽をお掃除する方法を解説していますよ。

●【洗濯槽掃除】セスキ炭酸ソーダで黒カビがすっきり落ちました!



お弁当箱の汚れは付いてから時間が経っているのでなかなか落ちませんよね。
この記事では、セスキ炭酸ソーダを含む3種類の方法でお弁当箱の油汚れを落とす実験をしています。この実験の意外な結果を知りたくなったら今すぐチェック!

●結果は意外?お弁当箱の油汚れ落とし:洗剤原液、セスキ炭酸ソーダ、お湯浸け置きで比較!

ガンコな汚れは重曹におまかせ!口内ケアにも使えます

オキシクリーン、ハッカ油、セスキ炭酸ソーダ、重曹、話題のお掃除アイテム、実際どうなの?

ガンコな汚れは重曹におまかせ!口内ケアにも使えます

重曹は「重炭酸ソーダ」の略称で弱アルカリ性の性質をもっています。
そのため油汚れや排水溝のヌメリなど、酸性の汚れを落とすのに適しているのです。また、重曹は人体に入っても害はなくオーラルケアにも使われています。

ここでは重曹を使ったお掃除方法をまとめた記事を紹介していきます。重曹がよく効く汚れを知っておくと、お掃除も断然ラクになりますよ。


シャツの汚れは強敵ですよね。特に襟と袖口は洗ってもすぐに黒ずみができてしまいます。この記事では、重曹と食器用洗剤を使ってシャツの皮脂汚れを落とす方法を解説しています。プロの技をぜひチェックしてください!

●【洗濯のプロ直伝】シャツの皮脂汚れは重曹と食器用洗剤で落とします!



玄関にせっかくお気に入りの靴が並んでいても、靴箱が汚くて臭いもキツかったら台無しですよね。この記事では、靴箱の掃除方法とオススメの掃除道具を紹介しています。防臭対策として重曹を使っているのも見逃せません。

●重曹と新聞紙でしっかり防臭!靴箱の掃除方法とおすすめの掃除道具


キッチンシンクから口の中まで、重曹の活用術を紹介している記事です。
掃除用の洗剤として重曹を使っていた人は、オーラルケアまでできるのはビックリしますよね。この記事を読んであなたも重曹をフル活用してくださいね♪

●掃除から○○にまで使える!重曹活用術



お家の場所別に重曹の使い方をまとめた記事です。本当にたくさんの用途があって重曹のすごさに圧倒されてしまいますよ。重曹の保管方法も書いてあるのでとても参考になると思います。

●【場所別】コンロ、換気扇…油汚れに効果絶大!「重曹」を使った掃除方法まとめ

カルキ汚れと水垢はクエン酸の出番です!

オキシクリーン、ハッカ油、セスキ炭酸ソーダ、重曹、話題のお掃除アイテム、実際どうなの?

カルキ汚れと水垢はクエン酸の出番です!

クエン酸は食品などに含まれている酸性の物質です。掃除用の洗剤として使われることも多く、カルキ汚れや水垢などアルカリ性の汚れを落とすのに適しています。本記事で紹介したセスキ炭酸ソーダや重曹とは反対の性質ですね。

ここではクエン酸を使った掃除方法を解説している記事を紹介していきます。汚れごとに掃除方法が違うので1つ1つ覚えていきましょう!

電気ポットを愛用している人に読んでほしい記事です。ポットの中には水しか入れていなくても、使っていると白っぽいカルキ汚れが付いてきますよね。クエン酸を使ってこの汚れを落とす方法を解説しています。クエン酸以外の掃除道具も参考になりますよ。

●頑固なカルキ汚れはクエン酸で落とす!電気ポットの掃除方法&おすすめの掃除道具



お風呂場のバスチェアや洗面器は使っているうちにザラついてきますよね。このいわゆる「水垢」はシャワーをかけたくらいでは落ちません。この記事では、クエン酸を使って水垢を落とすテクニックを紹介しています。

●風呂場の水垢掃除はクエン酸が効果的!【プロの掃除術】



この記事はキッチンの蛇口に発生する水垢退治です。
キッチンペーパーとラップを使って蛇口をクエン酸パックする様子が実演されていますよ。最後に汚れを拭き取る「ピカッと輝くシート」にも注目です!

●水垢にはクエン酸パック!キッチンの蛇口(水栓)掃除方法&おすすめの掃除道具

比べてナットク☆ 洗剤ごとの得意分野を見極めよう!

オキシクリーン、ハッカ油、セスキ炭酸ソーダ、重曹、話題のお掃除アイテム、実際どうなの?

比べてナットク☆ 洗剤ごとの得意分野を見極めよう!

洗剤の特徴をいろいろと解説してきましたが「あの汚れには何が効くの?」と感じる部分もあると思います。ここではいくつかの例を挙げて、どの洗剤が一番効くのかを比較している記事を紹介していきます。

洗剤ごとの効果を比べた結果を見ておくと、実際に汚れが出てしまったときに迷わず最適なものを選ぶことができますよ。


タオルを長く使っているとだんだんイヤな臭いがしてきます。この臭いを取るために3種類の洗剤を比べている記事です。まず化学的に分析をして、最適と判断したものを実際に使っている様子がまとめられています。

●【セスキ・重曹・過炭酸ナトリウム】タオルのイヤな臭い取りには何がきく?



電子レンジを毎日のように使う人は定期的に中を掃除することをオススメします。
この記事では、電子レンジの掃除には何が適しているのかを実演形式で解説しています。結果が知りたい人はぜひ読んでみてください。

●【電子レンジ掃除】重曹、セスキ炭酸ソーダ、レモン汁、歯磨き粉で比較してみた結果


黄ばみ汚れが目立っているバスタオルを漂白する実演記事です。
重曹と酸素系漂白剤+クエン酸を比較して、実際の漂白前後を並べています。黄ばみ汚れに悩んでいる人は、記事を参考にしてがんばってみてください!

●【重曹 vs 酸素系漂白剤+クエン酸】とことん汚れた黄ばみ、どちらが落ちるか実験しました

洗剤も適材適所がなにより大切!落としたい汚れごとに使い分けよう♪

オキシクリーン、ハッカ油、セスキ炭酸ソーダ、重曹、話題のお掃除アイテム、実際どうなの?

洗剤も適材適所がなにより大切!落としたい汚れごとに使い分けよう♪

話題のお掃除アイテムの解説記事を紹介してきました。

掃除が苦手な人が全部覚えるのは大変かも知れませんね。でも洗剤ごとに適している汚れがあることはぜひ知っておいてください。相性が悪い洗剤を使ってゴシゴシこすっても、あまり良い効果は得られませんよ。

いま住んでいるお部屋の汚れを落とすのももちろん良いことですが、思い切って引っ越してから念入りにお掃除をがんばるという方法もあります。内装がキレイなお家に引っ越せば掃除にも気合いが入りますよ。

お掃除も楽しくなりそうな素敵なお部屋を探したくなったら、ニフティ不動産で検索を!
複数サイトの一括検索や細かいポイントを指定できるこだわり条件検索で、理想のお部屋を簡単に探すことができますよ♪

<ライタープロフィール>

ニフティ不動産編集部
所属:comorieサポーター