本文へジャンプします。


現在位置:> > > ブーツをしまう前のお手入れはどうする?素材別のコツを解説

掃除・洗濯

 

ブーツをしまう前のお手入れはどうする?素材別のコツを解説

冬の間大活躍したブーツも、そろそろお役が終了です。空気が乾燥している春のうちに、しっかりメンテナンスして保管しましょう。しまう前のお手入れ方法をブーツの素材別にリサーチします。

春めいてくると、そろそろブーツも脱ぎたくなってきますよね……

ブーツをしまう前のお手入れはどうする?素材別のコツを解説

日差しに春を感じるようになると、服装も少しずつ春仕様に代わっていくものです。足元も軽やかな装いにしたくなったら、ブーツを履く時期もそろそろ終了です。冬の間ハードに履き続けたブーツ類は、汚れや湿気をため込んでいるもの。片づける前に、しっかりお手入れをしましょう。

本革のブーツのお手入れ

ブーツをしまう前のお手入れはどうする?素材別のコツを解説

牛革など本革のブーツのお手入れは、まずブラシでほこりや砂を取り除くのが基本です。日常的にもブラッシングする習慣をつけておくと、汚れが蓄積するのを防げる上、艶がでて美しさをキープできます。

シーズン終わりのお手入れでは、ステッチ部分など縫い目に入り込んだ汚れも丁寧に払うようにしましょう。

そのあと靴用クリーニング剤をブーツ全体に伸ばし、柔らかい布で汚れをしっかりふき取ります。その後、別の乾いた布で乾拭きをし、仕上げ磨きをします。

翌シーズンも気持ちよく使うためには、箱にしまう前にカビ予防剤を塗布するとベター。消臭スプレーでニオイ対策もしておきましょう。よく乾燥させてからしまうようにしてください。

合成皮革のブーツのお手入れ

ブーツをしまう前のお手入れはどうする?素材別のコツを解説

合成皮革は本革ほど気を使わなくてよい印象ですが、お手入れ方法は本革に準じた方法で行います。まずはブラッシングでほこりを落とし、クリーナーなどで汚れを取り除きましょう。

スエード(起毛革)のブーツのお手入れ

ブーツをしまう前のお手入れはどうする?素材別のコツを解説

スエード(起毛革)のブーツは、ツルッとした本革製品とはお手入れ方法が異なります。

ブラシでほこりや砂汚れをしっかり落とすところまでは一緒ですが、本革用のクリーナーは使えませんのでご注意を。スエード用の専用クリーナーをスプレーして、軽く湿らせた布でふき取る方法もありますが、手軽でおすすめなのはスエード用のスポンジブラシ。磨くように使うと汚れが簡単に落とせるので、日々の習慣にしたいところです。

シーズン終わりには内側にカビ防止剤をスプレーし、カビやニオイ対策をしてください。

ムートンのブーツのお手入れ

ブーツをしまう前のお手入れはどうする?素材別のコツを解説

ムートンブーツは近年人気が高く、愛用している人も多いですよね!ムートン素材のお手入れは、スエードブーツに準じた方法で行います。

アイテムによっては、丸洗いできるものがあるので、取り扱い説明書に沿って洗ってしまうのも良いでしょう。

ムートン素材のブーツは型崩れしやすいので、収納時にはブーツキーパーを使うか、新聞紙など詰め物をするのがおすすめです。

基本は充分な乾燥!

ブーツをしまう前のお手入れはどうする?素材別のコツを解説

ブーツを収納する際に、どの素材のブーツでもしっかり乾燥させるのが最大のポイントです。季節が進んで湿度が高くなる前に、天日干しして(素材によっては陰干し)してから収納してください。

お気に入りのブーツは、スッキリとメンテナンスして、次のシーズンに備えましょう。

<ライタープロフィール>
暮らしを楽しむフリーランスライター/エディター
鈴木真弓
所属:comorieサポーター

仕事時間と家庭時間のバランスをとりながら、自宅を拠点に執筆活動しています。