本文へジャンプします。


現在位置:> > 敷金に影響!?意外と大切な引越し前後の掃除、ポイントまとめ

まとめ・特集

 

敷金に影響!?意外と大切な引越し前後の掃除、ポイントまとめ

引越しが決まると、手続きや荷造りなどに追われ、ついつい見落としがちな旧居の掃除。退去時に掃除ができていないと、敷金から引かれるという話もあるとか……!?引越しの際の掃除の必要性とポイントを、転勤族だった筆者の経験を交えつつご紹介します。

退去時の掃除は必要?敷金に影響するのはホント??

敷金に影響!?意外と大切な引越し前後の掃除、ポイントまとめ

賃貸物件を退去する際は、借りていた人に「原状回復義務」があるとされます。一般社団法人全国賃貸不動産管理業協会のWebサイトで公開されている「原状回復基礎知識」のページによると、退去時の清掃は賃借人の「善管注意義務(賃借物を善良な管理者としての注意を払って使用する義務)」に含まれると考えられるとのこと。築年数や入居年数で異なることがあったり、契約時に「清掃不要」と明記されている場合があったりもするようですが、基本的には退去時の掃除は「必要」と言えそうです。

▼一般社団法人全国賃貸不動産管理業協会「原状回復基礎知識」

一般的に入居者が原状回復するべきとされ、敷金の返還額に影響する可能性があるのは、住んでいる間のお手入れ不足や不注意で生じた汚れや破損。具体的には、コンロ周りや換気扇の油汚れと焦げ付き、洗面所・浴室・トイレなど水回りの水垢やカビなどが挙げられます。普段からこまめにお手入れして、こうした汚れが付かないような生活を心がけておくといいかもしれませんね。

退去時の掃除を手際よくするためのポイント

敷金に影響!?意外と大切な引越し前後の掃除、ポイントまとめ

掃除が必要とはいっても、引越し直前は大忙し。引越しが決まったらすぐに、キッチンや水回りの汚れをチェックして、必要に応じて掃除の計画を予定に組み込むことがポイントです。フローリングや畳は、大きな汚れのみ事前に対応しておき、引越し当日に搬出作業で出たホコリやゴミを掃除すればOK。とはいえ、搬出後にのんびり掃除している暇なんてない!ということも少なくないでしょう。

そこでオススメなのが、搬出作業中に同時進行で掃除もしてしまうこと。引越し当日は、搬出作業に立ち会う必要はあるものの、実際に家具やダンボールを運ぶのは業者任せということがほとんどです。そこで、立ち会い中は片手に小型掃除機やフローリングワイパー、雑巾などをスタンバイ。家具が運び出された後の床をすかさずキレイにしていけば、搬出が終わるころには掃除も完了です。ついでに搬出待ちの家具の裏側も雑巾で拭いて、旧居の埃を新居に持ち込む心配もナシ。立ち会い中の手持ち無沙汰も解消でき、一石三鳥(!?)です。

新居も入居前に掃除できるとベスト!

敷金に影響!?意外と大切な引越し前後の掃除、ポイントまとめ

引越し先となる新居も、可能なら搬入前にざっと掃除しておけるとベスト。事前にプロのお掃除が入っていたとしても、しばらく人が住んでいない期間があると、意外とチリやホコリがたまっています。家具や荷物が何もない状態のうちに、さっと掃除機やフローリングワイパーをかけるだけでも、ぐっとスッキリした気分で入居できること請け合いです。

搬入前に掃除ができるなら、同時に新居をひととおりチェックしておきましょう。水道やトイレの流れ具合は問題ないか、備え付けの電灯は点灯するか、室内に目立つ破損や不備がないかを入居前に確認しておけば安心です。管理会社によっては、賃貸契約を結ぶ際に担当者立ち会いでこうしたチェックの機会を設けてくれたところもありましたが、筆者の経験ではそうでないところが大半。スムーズに新生活を始めるために、ぜひ押さえておきたいポイントです。

引越し前後の掃除をちょっと頑張ることで、旧居をスッキリと後にし、気持ちよく新居での生活を始められる満足感はなかなかのもの。ただでさえ忙しいときに大変ではありますが、頑張る価値は十分アリ!です。

<ライタープロフィール>
ライター、Webエディター、サイト制作管理など、Web周辺仕事請負人
多田エツコ
所属:comorieサポーター

家にいることが好きすぎて、仕事も自宅でするようになってしまった筋金入りのインドア派。青空が気持ちいい晴天の日、洗濯物や布団を思う存分干すときに無上の幸せを感じます。