本文へジャンプします。


現在位置:> > > 「焼き網」で、おいしいトーストを作るコツ

フード・レシピ

 

「焼き網」で、おいしいトーストを作るコツ

忙しい朝でも、おいしいトーストが食べられると幸せな気分になりますね。今回、注目したのは、網の焼き目が魅力の「網焼きトースト」。高級トースターが大人気の昨今ですが、直火でさっと焼き上げるレトロな網焼きトーストは、果たしておいしいのでしょうか。

オーブンレンジ一本化で……我が家のトースト事情が激変!

「焼き網」で、おいしいトーストを作るコツ

ジャムやバターさえあれば、さっと焼いて食べられて、しかも経済的。忙しい毎日に、トーストはありがたい節約・時短メニューの一つですね。

実は、しばらくトーストを食べていなかった我が家。以前はよく食べていたのですが、オーブンレンジを購入したのと同時に、省スペースのために、オーブントースターを処分することに。これまで、特別トーストにこだわりのないタイプと思っていましたので、トーストもオーブンレンジで焼けばいいかと考えたのです。しかし、作ってビックリ!これが、おいしくなくて大誤算。わざわざトースターを買い直すのも気が進まず、トーストはすっかりご無沙汰に……。

そんな矢先に見つけたのは、「網焼きトースト」です。直火焼き料理は、妙に食欲をそそられるものがあり、網の焼き目がついたトーストはなんともおいしそうです。「焼き網ならば、場所も取らなくていいかも?」と思った私は、早速、試してみることに!

焼き網選びのポイントは?

「焼き網」で、おいしいトーストを作るコツ

出典:京都・金網つじ

さて、「焼き網」選びです。焼き網の価格は、おおよそ1,000円〜10,000円と幅があります。構造は、セラミックやステンレスでできた「受け」部分と、食材をのせる「網」との2段構造。手持ち・足つきの有無など、タイプはいろいろありますが、予算と好みで選んでよいと思います。シンプルな足つきタイプの焼き網ならば、100均でも手に入れられますよ!

私が選んだのは、京金網の伝統を受け継ぐ「金網つじ」の「セラミック付き焼き網」です。手編み金網の美しさに一目惚れしたこと、網とセラミック部分をそれぞれ分離して丸洗いできるということが決め手で選びました。

網焼きトースト、焼き方のコツ

「焼き網」で、おいしいトーストを作るコツ

早速、作ってみます。当たり前のことではありますが、オーブンレンジやトースターと違い、自動では焼きあげてくれません。慣れるまでは、若干のコツが必要です。ポイントはこちら。

1.焼き網をあらかじめ、しっかり余熱する
2.やや強めの弱火で、片面1分30秒ずつ焼き上げる ※時間は目安です
3.好みの焼き色になったら完成

おいしいトーストを作るコツは、食パンの水分を逃さないように、スピーディーに焼き上げること。そのため、「焼き網」の予熱が大切です。弱火で焼くと失敗しにくいですが、やや強めで焼いた方がおいしく焼き上がります。とはいえ、あまり火力が強すぎると、今度は全体が焼ける前に焦げついてしまうので注意が必要です。その加減がちょっと難しいのですが、数枚焼けばすぐにコツがつかめますよ。最初は、下からのぞき込んで慎重に焼くのがオススメです。

外はサクサク!中はふんわりな「網焼きトースト」の完成です!

「焼き網」で、おいしいトーストを作るコツ

完成した「網焼きトースト」がこちらです。見事な、サクサク・ふわふわなトーストができあがりました。急速に表面を焼き上げているので、こんがりしているのに、中はふわふわの食感が残ったままです。直火で炙られたパンから立ちのぼる、香ばしい匂いがたまりません。我が家においしいトーストが戻ってきました!

気分を良くした私は、海苔の炙りにもチャレンジ。両面を軽く炙ることで、海苔の水分をしっかり飛ばせておいしさがアップします。ほかにも、お餅や焼きおにぎりなどの直火焼きメニューも魅力がいっぱい。トーストをきっかけに、一気に直火焼き調理の世界が開けそうです。

つきっきりで焼き加減をチェックする手間はありますが、「焼き網」で料理していると完成までのワクワク感が違います。トースターを買い直すことなく、再びおいしいトーストを味わうことができて大満足。収納も場所を取らないので助かります。手軽に試せる「網焼きトースト」。ぜひ、お試しくださいね!

京都・金網つじ

<ライタープロフィール>
暮らしのライター/デザイナー
錫森むぎ
所属:comorieサポーター

出産を機に“暮らすこと”を見つめ直す。素朴に、丁寧に暮らすための仕組み作りを追求中!