本文へジャンプします。


現在位置:> > > 【バレンタイン】「大人チョコ」レシピ4選

フード・レシピ

 

【バレンタイン】「大人チョコ」レシピ4選

今どきは子供でもそこそこ見栄えがいい手作りチョコを贈りあう「友チョコ祭り」になっているバレンタイン。そんな中、今年は素材やレシピにひと工夫して、甘すぎずヘルシーな「大人バレンタイン」を楽しんでみませんか?

しっとり和風のスイートポテトトリュフ

【バレンタイン】「大人チョコ」レシピ4選

トリュフといっても生クリーム不使用・砂糖も控えめ。さつまいもをメインに使った、ヘルシーな和風スイートポテトのチョコレートです。

材料:さつまいも小2本・バター10g・砂糖大さじ1
板チョコ(ビター)1枚・牛乳小さじ1

1.さつまいもは皮をむいて輪切りにし、水にさらしておく。小鍋でやわらかく茹でたらお湯を捨てて粗くつぶし、バター・砂糖・適当に割ったチョコ1/3枚を加えて熱いうちによく混ぜる。
2.なめらかになったらトリュフサイズに丸める。
3.耐熱容器にチョコの残り2/3枚と牛乳を入れ、レンジで40秒ほど加熱してからよく混ぜて均等に溶かす。
4.2を1にコーティングして乾かしたらできあがり。

常温で乾かすとしっとり感が際立ち、冷蔵庫で冷やし固めるとチョココーティングのパリパリ感が楽しめます。中身のスイートポテトにもチョコを練り込んであるので、コーティングなしでもおいしいですよ。甘めにしたいときは、ビターチョコをミルクチョコに替えてもOKです。

カラフル&食べ応えアリ!フルグラプチショコラ

【バレンタイン】「大人チョコ」レシピ4選

シリアルを混ぜて作るチョコは、ザクザク感が味わえて腹もちがいいのが特徴。フルーツグラノーラを使えば見た目もカラフルでお薦めです。

材料:板チョコ(ビター)1枚・フルーツグラノーラ適量・牛乳少々

1.耐熱容器にチョコを割り入れ、牛乳を加えてレンジで溶かす。グラノーラはドライフルーツやナッツなどカラフルなところをあらかじめ分けておく。
2.溶かしたチョコに、グラノーラの色の薄い部分を混ぜ込み、カップに入れる。上にカラフルな部分を飾り、冷やし固めてできあがり。

平たい容器に広げて固めてから包丁で切り分けて、チョコバーの形に作るのもいいですね。ビターチョコをホワイトチョコに替えてもかわいいですよ。写真のように小箱に詰めれば、プレゼント用にも最適です。

ドライ&フライで手作り野菜チップスチョコ

【バレンタイン】「大人チョコ」レシピ4選

自家製の野菜チップスに、甘さ控えめなチョコレートコーティングを合わせた、大人が楽しめるチョコスナックです。

材料:手頃な野菜類・板チョコ(ビター)各適量

チップスを作る野菜は、根菜系が相性がいいと思います。野菜の種類や好みによってチップスやスティックの形に作り分けると、変化がつけられてGOODです。

チップスにするにはレンジ加熱で乾燥させるか、素揚げにするのが一般的。ヘルシーさ重視で乾燥チップスが人気の昨今ですが、香ばしさが立つ素揚げのおいしさもやはり捨てがたい魅力があります。

写真は、じゃがいも・さつまいも・ごぼう・れんこん(半量)は素揚げ、にんじんとれんこん(残り半量)はレンジ乾燥で作ったもの。いも類やごぼうは特に、できたての素揚げスタイルがお薦めです。

ビターチョコでコクうま!格上げストロガノフ

【バレンタイン】「大人チョコ」レシピ4選

カレーの隠し味にチョコレートが合うのは意外と知られた話ですが、デミグラスソース系の料理に入れてもコクが出ておいしくなります。

写真はポークを使ったハヤシライス。ひと鍋に対してビターチョコを1/2枚入れていますが、色合いは自然になじむのでほとんど変わりません。ですが、口に入れた瞬間、ふわりとチョコレートの風味が広がります。

トマトの甘みや酸味が感じられるデミグラスソースが、ビターチョコを合わせることでやや引き締まった味わいに。とはいえ、チョコレート感が主張してくる感じはなく、大人も子供も楽しめますよ。

主にビターチョコを使って「甘すぎないバレンタイン」向けレシピをご紹介してきました。ワインなどのお酒と合わせてもバランスがいい品ばかりなので、落ち着いた大人の手作りバレンタインを演出してみてはいかがでしょうか。

<ライタープロフィール>
Web系ライター兼編集者(アート&カルチャー)
森谷かおり
所属:comorieサポーター

編集・校正業の傍ら、文章も書いてます。波打ち際を歩いては、きれいな貝殻や石を丹念に拾い集めるビーチコーマーのように…日々の暮らしを豊かにする「モノ」や「コト」を発見して、みなさんの元へお届けします☆