本文へジャンプします。


現在位置:> > > 普段の鍋にチーズを加えて、子供が大好きな鍋料理にする方法

フード・レシピ

 

普段の鍋にチーズを加えて、子供が大好きな鍋料理にする方法

我が家の子供たちは、鍋料理が大好き。それでもさすがに週に何度も登場すると「え、またあ?」という気持ちになってしまうようです。そこで子供が大好きな万能食材・チーズをプラス!いつもの鍋にいろいろなチーズを加えて、鍋をもっとおいしくアレンジしてみましょう。

チーズはどんな食材にも合う

普段の鍋にチーズを加えて、子供が大好きな鍋料理にする方法

チーズをおいしく味わう鍋料理といえば、まず思い浮かぶのは「チーズフォンデュ」でしょうか。牛肉や鶏肉はもちろん、野菜もパンもとろ〜りチーズを絡めて食べるとそれだけでもう大満足!基本、どんな食材でも合うのがチーズの強みです。

また、市販の鍋スープの素はバリエーションも豊富で、味も十分おいしいのですが、チーズをプラスするだけでコクが出たり、マイルドになったりします。

間違いなく合うのはカレー鍋&トマト鍋

普段の鍋にチーズを加えて、子供が大好きな鍋料理にする方法

残りもののカレーにチーズを乗せて焼きカレーにしたり、トマト鍋の〆はチーズリゾットにしたりするので、この2つは試すまでもありません。

特にモッツアレラチーズは、トマトソースのピザとはテッパンの組み合わせ。合うのは間違いないのですが、温まるとあっという間に溶けてしまうので注意が必要です。入れっぱなしにしないで、目も手も離さず、柔らかくなったらすぐに引き上げるべし。チーズそのものをトマトソースに絡めて食べるイメージで召し上がってください。

おでんにも!

普段の鍋にチーズを加えて、子供が大好きな鍋料理にする方法

おでんも少し具材を洋風にすると、味付けは和風だしでもチーズがよく合います。

<作り方>
1. 普通に作ったおでんのだしのみを小鍋に取り分ける
2. 同量のクリームチーズとシュレッドチーズを加えて煮溶かす
3. 中に好きな具材を入れてひと煮立ちしたら完成

チーズの分量は、鍋の大きさに合わせて調整してみてください。さらっとしたかんじでも温めているうちにとろみが出るので、少しずつ加えながら好きな味を見つけましょう。

練りものはもちろんですが
・トマト
・ウインナー
・ロールキャベツ
・じゃがいも
・餅
などはチーズおでんにぴったりの具材。シュレッドチーズやクリームチーズを入れるだけで、まったく違う味が楽しめます。

いつものお鍋にシュレッドチーズ

普段の鍋にチーズを加えて、子供が大好きな鍋料理にする方法

今晩はごま味噌鍋。具材は、白菜や小松菜、豆腐、豚ロースの薄切り、〆はラーメンという布陣です。

普段の鍋にチーズを加えて、子供が大好きな鍋料理にする方法

ちょっとピリ辛の味付けなので食べているうちに、だんだんと口の中がしつこくなってきます。そのタイミングでシュレッドチーズを投入!今回は、小松菜と豚肉にチーズを絡めて食べようと思ったので、ピンポイントで豚肉の上にチーズをオンしました。とろ〜りとしたチーズにちょっと辛めのごまみそ味がマッチして、子供はとても気に入ったようです。

キムチ鍋などのピリ辛味の鍋料理の場合、辛いのが苦手なお子さんが一緒に楽しめないということはありませんか?そういったときもチーズを加えると味がマイルドになるのでおススメです。考えてみれば、チーズダッカルビなどは、まさにコチュジャンとチーズの組み合わせで作る料理。キムチ鍋にチーズが合うのも当然です。

豚バラと白菜で作るミルフィーユ鍋も具材がシンプルなので、途中で飽きてしまうことがありませんか?そんな時は、途中からでも、真ん中にカマンベールチーズをひとつ入れてみましょう。塩気のきいたチーズ味で、食が進むと思いますよ。ぜひお試しください。

<ライタープロフィール>
フリーライター
上野典子
所属:comorieサポーター

京都在住のフリーライター。剣道3段、スキー準指導員の資格を持ち、スポーツは見るのもするのも大好き。サッカー部に所属する息子たちの胃袋を満たすために、簡単で栄養満点の料理を作るのが得意。