本文へジャンプします。


現在位置:> > > 【無印良品】「発酵ぬかどこ」。乳酸菌たっぷり簡単ぬか漬け生活!

フード・レシピ

 

【無印良品】「発酵ぬかどこ」。乳酸菌たっぷり簡単ぬか漬け生活!

用意するのは手間でも、食卓にあるとうれしい漬物。なかでも、昔から食べられてきた「ぬか漬け」は植物性乳酸菌がたっぷり含まれていて、腸内環境を整えてくれる優れもの食品です。そんなぬか漬けを簡単に作れる「発酵ぬかどこ」が、無印良品から発売されました。今回はその実食レポートをご紹介します!

毎日食べたいけれど……手入れが大変なぬか漬けの世界!

【無印良品】「発酵ぬかどこ」。乳酸菌たっぷり簡単ぬか漬け生活!

皆さんは普段からぬか漬けを食べていますか?絶妙な酸味と塩気、そして旨みが織りなす味わい……。炊きたてのご飯とぬか漬けがあれば、箸が止まらなくなってしまう魅惑の食べ物ですね。しかも、ぬか漬けには植物性乳酸菌やビタミンがたっぷり。野菜に栄養価をプラスさせることができる、いわば「万能フード」です。

しかし、ぬか漬けは「ぬか床」がないと作れないので、食べたいと思ってもなかなかすぐには食べられません。受け継がれたぬか床がある家はいいですが、ない場合は、お店でぬか漬けを買ってくるか、ぬか床をイチから作らなければいけませんね。

ぬか床づくりも奥が深く、毎日のかき混ぜや温度管理をはじめとして、ぬかに溜まった水を抜いたり、ぬかや塩を足したり、家庭独自の材料を加えたり……あれこれ手入れが必要です。おいしいぬか漬けを食べるためには、手間が必要ですね。

無印良品から、簡単ぬか漬けキッドが登場!

【無印良品】「発酵ぬかどこ」。乳酸菌たっぷり簡単ぬか漬け生活!

出典:発酵ぬかどこ 1kg

「もっと手軽にぬか漬けが食べたい」。そんな願いを叶えてくれる商品が、無印良品から登場しました。その名も「発酵ぬかどこ」。すでに完成しているぬかどこなので、開封したら、洗った野菜を漬けるだけ。ぬか床に関する知識がなくても、簡単にぬか漬け生活が楽しめるアイテムです!冷蔵庫で保存しておけば、ぬかのかき混ぜは週1回でOKですので、手入れも苦になりません。

仕込みは簡単!切って、洗って、漬けるだけ!

【無印良品】「発酵ぬかどこ」。乳酸菌たっぷり簡単ぬか漬け生活!

さて、では早速作ってみましょう。下準備は簡単です。漬けこむ野菜を洗って切る。これだけです。個人的なポイントは、野菜を1回で食べ切れるサイズにしておくこと。2〜3種類のぬか漬けを楽しみたいので、1つ1つの野菜は小さめに切っています。ナスの発色をよくしたい場合は、塩をすり混んでおくなどの下準備が必要ですが、私はやるときもあれば、やらないときも。それでもおいしく漬かりますよ。

【無印良品】「発酵ぬかどこ」。乳酸菌たっぷり簡単ぬか漬け生活!

野菜の準備ができたら、あとは「発酵ぬかどこ」に漬けるだけ。野菜がぬかに包まれた状態で、しっかり隠れるように漬けます。漬け終わったら表面を平らに整え、袋の内側についたぬかは拭きとっておきます。こうすることで、雑菌の繁殖を防ぐ効果が。袋のままでも便利ですが、私は好みの容器に移し替えて使っています。ツルツルしていて、ぬかが簡単に拭きとれる、琺瑯製の容器がオススメですよ。

【無印良品】「発酵ぬかどこ」。乳酸菌たっぷり簡単ぬか漬け生活!

野菜ごとの「漬け込み量と下準備方法」「漬け時間の目安」はパッケージの後ろに書かれています。ここに書かれている野菜のほかにも、ぬか漬けにするとおいしいものがたくさんありますので、ぜひいろいろ試してください。きゅうりは漬かりやすく、根菜やナスは時間がかかります。あまり厳密に考えず、「だいたい24時間前後」を目安に調節するといいと思います。

実食!「発酵ぬかどこ」お味のほどは……

【無印良品】「発酵ぬかどこ」。乳酸菌たっぷり簡単ぬか漬け生活!

野菜を仕込んだら、あとは漬かるのを待つだけです。24時間冷蔵庫に寝かせて完成しました。ぬかを洗い流して、食べやすいサイズに切って食卓へ。

ひと切れ食べると、キリリとはっきりした味わい。風味豊かな、おいしいぬか漬けです!はじめは少し味に角を感じるかもしれませんが、いろいろな野菜を漬けていくごとに、まろやかになっていきます。ぬかの状態によって変わっていく味も、楽しみのひとつですね。

ぬか床があると、困った時に頼りになります。メインの1品とぬか漬け、味噌汁があれば、副菜がなくても満足感が得られますし、なんとなく、ひと手間かけた気持ちになれるのです。

そのまま食べるのもいいですが、アレンジレシピもオススメです。マヨネーズとの相性は抜群で、きゅうりなどの刻んだぬか漬けで簡単タルタルソースが作れますし、チャーハンの具にしてもおいしいですよ。

食卓のちょっとした一品に活躍してくれるぬか漬け。あまりもの野菜を漬けておくだけでいいので経済的、なおかつ栄養価もアップさせてくれます。塩分だけは要注意ですが、いいとこづくし伝統食を取り入れない手はありません!これまで、あまりぬか漬けを食べてこなかったという人も、無印良品の「発酵ぬかどこ」で、ぬか漬けライフをはじめてみてはいかがでしょうか?

無印良品:発酵ぬかどこ

<ライタープロフィール>
暮らしのライター/デザイナー
錫森むぎ
所属:comorieサポーター

出産を機に“暮らすこと”を見つめ直す。素朴に、丁寧に暮らすための仕組み作りを追求中!