本文へジャンプします。


現在位置:> > > 子供もパクパク食べる!簡単カジュアルおせち料理アイデア

フード・レシピ

 

子供もパクパク食べる!簡単カジュアルおせち料理アイデア

みなさんはおせち料理を準備しますか。昔ながらの定番おせち料理を作ったものの、あまり子供は喜んで食べてくれない。そんな経験をした方は多いのではないでしょうか。せっかく作るなら、家族全員に喜んで食べてほしいもの。おせち料理に使う定番の食材を使ったカジュアルなおせち作りにチャレンジしてみます。

ちくわときゅうりの門松

子供もパクパク食べる!簡単カジュアルおせち料理アイデア

私は子供の頃、ちくわの中にクリームチーズを入れたものが大好きでした。お正月になると、いつもより上等のちくわに、チーズをたっぷり入れて母が重箱に詰めてくれるのですが、不思議にあれはお正月にしか食べられない、私にとっての特別なおせち料理でした。

私はデコ弁といえば「まっくろくろすけのおにぎり」が定番だったので、デコるのは苦手。それでも、ちくわの門松くらいは作ってみたいと思います。

門松っぽく見せるために、長さの違うきゅうりを3本入れてみました。何となく門松に見えませんか?もしこれが面倒なら、いつものちくわきゅうりを長さを変えて、斜めにカットして3個並べるだけでもそれっぽく見えると思います。

カニカマ入り紅白なます

子供もパクパク食べる!簡単カジュアルおせち料理アイデア

大根の白とにんじんの赤がいかにもおめでたい、お正月にぴったりの「紅白なます」。我が家の子供たちは、にんじんも大根も好きなのに、紅白なますにするとほとんど食べようとしません。

黒い重箱には欠かせないハレの日の一品ですが、お重の中で残っているのは悲しすぎるので、カニカマを多めに入れて和えてみました。以来、カニカマ大好きな子供たちが、なますを喜んで食べるように。カニカマも紅白なので、おせちとしても何の問題もありません。

白玉をプラスして黒豆をデザート風に

子供もパクパク食べる!簡単カジュアルおせち料理アイデア

ただ単に黒豆を煮ても少し食べたら飽きてしまうので、少しデザートっぽくアレンジしてみました。今回は冷凍の白玉があったので、まったく手間はかかっていません。白玉粉で作る場合も、白玉粉に分量の水を入れて練るだけなので簡単です。

<作り方>
1. 沸騰したお湯に冷凍の白玉を入れて茹でる
2. 茹で上がって浮き上がったら冷水にとる
3. 黒豆を入れた器に、白玉をのせて、きなこをふれば完成

甘い黒豆がまるでデザートのようになります。きなこは金粉ではありませんが、何となくお正月らしい雰囲気に。ごまや黒蜜をかけて食べてもおいしいですよ。最初は黒豆のままで食べて、残ったおせちをアレンジするときにやってみてもいいですね。

ワンプレートに盛り付けて

子供もパクパク食べる!簡単カジュアルおせち料理アイデア

お重に詰めたおせち料理から好きなものをどうぞと言われても、ごちそうがいろいろあるお正月ですから、子供も食べ慣れないおせち料理には手が出ないこともあるでしょう。そういう場合は、ワンプレートに盛り付けるのがおススメ。お皿に、少しずつ盛り付けたら、お正月しか登場しないめずらしいおかずも「食べてみようかな」という気持ちになるかもしれません。せっかく作ったおせち料理です。一品一品、きちんと味わってもらいましょう!

ほかにも、お刺身をそのまま出すのではなく、スモークサーモンやクリームチーズをカナッペにしたり、甘ったるい栗きんとんの中に、さっぱりした酸味のりんごを加えたり、やり方はたくさんあります。ぜひ、子供でも食べやすいカジュアルなおせちに挑戦してみてください。

<ライタープロフィール>
フリーライター
上野典子
所属:comorieサポーター

京都在住のフリーライター。剣道3段、スキー準指導員の資格を持ち、スポーツは見るのもするのも大好き。サッカー部に所属する息子たちの胃袋を満たすために、簡単で栄養満点の料理を作るのが得意。